長いっす!

11月30日(土)

あたたかな一日。一気に寒気がやってきた後の小休止といった感じでした。

先週末の旅行から帰ってきたあと、出荷作業をドタバタとこなし、あっという間にまた週末となりました。一週間は、本当にあっという間ですね。やり残した細々とした畑の作業をすすめつつ、朝市出店、大工仕事などなど、この時期らしい時間の使い方もできるようになってきました。


畑も、冬らしい様相です。

hatakePB308644.jpg

キャベツや人参、

kyabetuPB308653.jpg

白菜。寒にあたり、甘くなっています。白菜は、霜に負けないように、外葉を束ねて巻いています。今年は天候不順や、土作り不備のせいで、植えた白菜の三分の一以上にアブラムシがびっちりと来てしまい、出来が悪いです。初めてのことで、ちょっと凹んでます。それでも、残り三分の二位は、大丈夫だったので、まあ、よしとしています。来年への宿題がひとつできました。

hakusaiPB308643.jpg


今週のセットは、

卵、じゃがいも、玉葱、人参、さつま芋、里芋、大浦ごぼう、かぼちゃ、白菜、長ネギ、水菜、ターツァイ、ルッコラ、春菊、カリフラワーを中心に、セロリ、小松菜、ブロッコリー、キャベツ、二十日大根。といったところです。師走なので、秋に収穫したかぼちゃもちょっとずつ入れてまいります。


さて、以下は、旅行と朝市のご報告です。


前回の更新で書いたように、3泊4日で栃木、福島に旅行に行きました。充実の時間となりました。出荷のスケジュール調整にご協力頂いた皆様に、改めて感謝申し上げます!


飛行機から見えた阿蘇カルデラと外輪山。

hikoukiPB238389.jpg

研修生として1年8ヶ月過ごしたウィンドファミリー農場の親方、上田さん。

uedasanPB248430.jpg

7年前に、ここを旅立ち、不安いっぱいで土地探しをしていたのが遠い遠い昔のようです。当時と変わりなく、自由さが溢れている空間。嫁のりこに見せてあげることができて嬉しかったです。

ikePB248439.jpg

butaPB248456.jpg



10年前にボランティアとして居候させてもらっていたアジア学院。地震で大変大きな被害を受けたそうです。建物も、かなり建て替えられていました。それでも、変わらない雰囲気に、懐かしさいっぱいでした。

harukoinoniaPB268574.jpg

monigyaPB268578.jpg

koinoPB268575.jpg

ajihataPB268564.jpg

百姓になるきっかけをくれた、自分にとっては大事な場所です。

今、アジア学院のある那須地域では、放射能の問題と向かい合っています。アジア学院にも、ベクレルセンターが地震後に開かれました。

計測機器。

keisokukiPB268583.jpg

計測データ。

dataPB268581.jpg

九州に住んでいると、放射能の問題がなかなか実感としてわいてきません。本や新聞で説明を読んでも、いあいちピンときていませんでした。

なので、アジア学院では、短い滞在でしたが、本当によい学びを頂きました。

土がセシウムを吸着してるということ。野菜はそれほほとんど吸い上げないということ。出荷する際、土をしっかり落としてから出荷するということ。きのこ類や、筍、野生の猪や、タラの芽などは数値が高いということ。野菜の場合、国の基準値は100ベクレルだけど、その基準自体よくわからない数字だということ。アジア学院の場合、ウクライナの乳幼児の基準値に合わせて、「37ベクレル以下のものなら食べてる」ということ。

お恥ずかしいことですが、そういうことを、今回初めて、リアルに感じることができました。



いわきの友人宅にも行きました。友人の案内で、いわきの震災の現場をみたり、農家としての原発事故、放射能とどう付き合っていくかという話をきかせてもらったりしました。


小名浜漁港のショッピングセンターにて。

iwakiPB248510.jpg

こんなにきれいな海が、暴れ狂ったのかと思うと、切ないです。

umiPB248514.jpg

基礎だけ残された、海沿いの住宅地。

tunamiPB248513.jpg


いいこともわることも長くは続かない。無常。今を生きる。そんな言葉が頭に浮かんできました。合掌。


ギュッと、凝縮した時間を楽しめた、よい旅でした。旅先でお世話になった皆様、本当にありがとうございました。




さて、朝市の報告。

asaiti1PB308629.jpg

asaitisoto_サイズ変更
たのくろ農園さん写真提供

asaitikouta_サイズ変更
たのくろ農園さん写真提供

asaiti2PB308642.jpg


大盛況でした!ご来場くださった皆様、ありがとうございました。不慣れな出店でしたので、いたらない点もあったかと思います。また次回(12月28日)もよろしくお願いいたします~。

ちなみに、今回の企画、ほとんど奥様方によるもので、旦那衆は当日のお手伝いだけ、という感じでした。椛島農園にいたっては、僕が朝の発送準備を終わらせて春人と顔を出した頃にはひととおり来客ラッシュが落ち着いたころでした。

「いやー、すごい人だね。すごい、すごい。お疲れ様。大変だったでしょ。あとは店番やっとくから、なんか食べてきなよ」と、妻と交代してまもなく、

「火事だ、火事!」と外にいた人が騒ぐ声。

表に出てみると、黒い煙がもうもうと登っているのが目に付く。あいやー。直線距離にしてわずか300m位か!?

とうわけで、男衆は消防団員として駆けていくのでありました。


やがて無事鎮火。全焼したものの、怪我人はなし。集合点呼、ホース干しなどが終わり、再び朝市の会場に行ってみると、後片付完了。うーん、俺、何もしてない…。


今日の感想① 火の元には気をつけるべし!冬の空気の乾燥をなめちゃいかん!

今日の感想② 女は強し!旦那の力なくとも、朝市無事終了!



いやはや、たくさん書いてしまいました。ご覧くださり、ありがとうございました~。

スポンサーサイト

2013年12月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 卒業&リニアモーターカー | 南の大地より  椛島農園日記TOP | おいしい朝市 >>












管理者にだけ公開する