卒業&リニアモーターカー

12月8日(日)

朝晩の冷え込みがきつい季節になってきました。今朝も、氷点下の朝でした。長期予報によると今年の冬はけっこうな寒さらしいので、体をならしていきたいものですねえ。

やっぱり、先日の旅行のしわ寄せがだいぶ来ている様子がして、夫婦ともに先週は疲労コンパイ気味でした。家を空けるのはいいとして、出発前の玉葱植え付けの追い込みや、帰ってきたあとにずらしてもらった発送作業を一気にこなしたりイベント続きだったりでバテバテ…。

ようやく落ち着いてきたものの、日々の収穫、出荷作業をコツコツタンタンと行いながら、やっぱり師走的な慌ただしさあふれる毎日を送っています。田んぼのポンプ小屋改築の用意をしたり、夏野菜の片付けをしてトラクターをかけたり、またまた地区のイベントに出店したりと、ドタバタしております。百姓暮らしに暇なし!であります。

今週(12/8~12/14)のセットは、

卵、じゃがいも、玉葱、人参、里芋、さつま芋、九条ねぎ、大根、大浦ごぼう、カブ、白菜orキャベツ、かぼちゃ、ターツァイ、水菜、ルッコラ、を中心に、法蓮草、春菊、セロリ、ブロッコリorカリフラワー、などを入れてまいります。あと、お米ですね。


最近気になること。

あまり政治の主義主張は好きではない椛島農園ではありますが、夫婦間で、特定秘密保護法案に関しては、けっこういろいろなことを話しています。法案が通ったからといってすぐに戦争になるとか、そういうことは思いませんが、やっぱりなんだか胡散臭い世の中になってきているなあという印象は受けますね。

安全保障は大事だと感じます。僕ら家族が平和に田舎暮らしが出来ているのも、安全保障の抑止力があってこそというのも、目には見えにくいけども厳然とした事実です。だからといって、ちょっと今回の拙速な法案成立は、納得できんません。せめて、情報開示までの期間を60年ではなく30年にしてほしかっなあ。

経済政策も然り。リニアモーターカーに、オリンピック、TPPに向けた農産物輸出促進、それに原発政策。いろいろ政治的な思惑はあることでしょう。しかしながら、「もうこうなったら行けるところまでイケイケ!あとは知らん!経済成長あるのみ!」というある意味で信仰にも近いような世の中の雰囲気に、ちょっと怖いようなものを感じてしまいます。

時速500キロの乗り物に乗らなくても、幸せは感じられると思うのですが、どうなんですかねえ…。あっ、リニアは民間企業のプロジェクトだから政策とは本来関係ないですね。なんというか、僕の中ではそういう「イケイケ」右肩上がりの価値観の代名詞として、リニアモーターカーという言葉を使っているのかなあ。


はい、以上、ボヤキでした。




さて、写真を少々。

毎朝霜がガチガチに降りています。冬ですねえ。チンゲン菜やカブ、水菜、ターツァイなど。

kabuIMG_0779.jpg



研修生ケンタ君が、卒業を迎えました。お疲れ様でした!出産後の大変時期に来てくれて、うちとしても本当に助かりました。ちゃんと実践的な研修になったかどうかはちょっと自信がないのですが(笑)、独立して食べていくための最低限のことは、短い期間ながらも、なんとか伝えることができたかなあ、とは思います。

送別会の様子。ご近所のみなさま、ありがとう。

soubetuPC018659.jpg

広島で新生活です。秋の視察で、さっそく空家も畑も見つけてこれたのは、本当によかったです。春野菜の種まきから、しっかりと準備をして間に合いそうです。あとは、ガッツあるのみだ!頑張ってね、ケンタ君!!そして、結婚おめでとう~。

kentaPC038679.jpg



出荷作業小屋に、春人スペースを作りました。

syukkagoyaIMG_0729.jpg

ずーっとおんぶされているのも疲れるご様子で、「だしてくれー。自由にあそばせろー。」という主張が増えてきtので、急遽作ったという訳です。

syukkagoya2IMG_0754.jpg

が、ここはここで飽きてしまうようで、泣き出すことも。「すまん、息子よ。手がはせんのだ。これで遊んどいてくれ」と、とりあえず宅急便のシールを…。これが、けっこう効くのです。奥の手ですね、奥の手。ん、シールの無駄遣いせんように!?。はい、ヤマトさん、すみません。気をつけます~。

si-ruIMG_0761.jpg



久しぶりに、探鳥会に行ってきました。

玉名市横島干拓。慣れた人なら、この時期には60種類位の野鳥を見ることができるすごいスポットです。

広いです。

yokosimaMG_0783.jpg

タゲリ。ピョコンが可愛いですね、ピョコンが。田んぼに冬でも水があると、野鳥にとっては素晴らしい場所となるようです。

tageriIMG_0787.jpg

いろいろ教えてくださったYさんご夫妻、ありがとうございました。

アトリの群れが飛ぶところも見られて、面白かったです。500羽位の小さな群れでしたが、初めて見たので、圧巻でした。Yさん曰く、「群れに、ハヤブサが突っ込んでくるだよ。そしたら、ハヤブサにぶつかったアトリがフラフラと地面に落ちる。そこを、ハヤブサが下降して捕まえ、木の上に持っていき、羽をむしって、食べるんだよ。」と。

ほぉーーー。「ダーウィンが来た」のような生き物のドラマは、すごく身近な足元の自然で繰り広げられているのでしょうね。そういうところに目がむくとしたら、やっぱり、リニアモーターカーは無くても人生は豊かになるんじゃなかろか、と思った一日でした。


スポンサーサイト

2013年12月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< やっつけブログ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 長いっす! >>












管理者にだけ公開する