暖かくなってきた

2月23日(日)

よく晴れた一日でした。

2月は雪が多くて寒かったですが、ようやく晴れの周期に入ったようです。朝はまだマイナス5度くらいまでは冷えますが、日中は、お日様が出ればぽかぽかです。いよいよ、春がすぐそこまできているようです。

今日は、納屋の片付けと、人参の種まき、出荷の準備(人参やごぼう、サトイモの収穫)。明日が鼻の定期検診で午前中作業が出来ないので、そのぶん気合を入れて動きました。いろんなことがだいぶ進んで、ひと安心。

先週の大雪で、さあ今が出荷しどきだっ、というほうれん草や小松菜が傷んでしまいました。出荷できないこともないレベルではあります。が、1月の温かさでいったんやわらかい葉が伸びた後に雪の中に数日埋まりっぱなしだったので、全体的にしもやけみたいな状態となってしまい、セットにいれるかどうかちょっと悩んでいます。しばらく様子をみて、入れていきます。

というわけで、今週(2/23~3/1)のセットの中身は、

卵、ジャガイモ、サツマイモ、里芋、ごぼう、人参、大根、長ネギ、かぼちゃ、白菜、といったところです。状態をみて、ターツァイや小松菜、水菜、など入れます。カブも、まだあるにはあるのですが、そろそろトウ立ち気味で、食感が少し落ちてきました。キャベツは、今週は出せるものが少ないです。あと少しでちゃんと結球し終わるものが多いので、来週は入れられると思います。

今週は、とにかく自慢の一品は、かぼちゃです。10月末に収穫した、雪化粧という品種のかぼちゃです。4ヶ月間納屋で貯蔵していて、甘みがぐんぐん増しました。おいしいです。蒸して、味噌とミンチをあんかけ風にしてかけたら、ほっぺが落ちました。お楽しみに。



さてさて。忙しくなってきました。

ジャガイモの植え付けの準備。日に当てて、皮を強くしています。

a2014-02-23 15-40-05_0043


温床の上には、レタス、リーフレタス、セロリ、キャベツ、ブロッコリ、カリフラワー、わさび菜の苗が乗っています。

a2014-02-23 15-45-32_0058


人参の種まきも始まりました。第一弾として、5月に出荷する分を蒔いて、トンネルを掛けました。

a2014-02-23 17-18-44_0075


よたよたと、10歩くらいは歩くようになりました。はやいなあ。

a2014-02-23 16-15-10_0067


納屋ハウスを建てました。

a2014-02-23 15-49-49_0062

これでようやく、もらってきた古材の山や、普段あまり使わないけど場所をくう機械などをおくすぺーすが出来ました。ほんとにちょっとしたことであっても、「こうやったらもっとよくなる」という一手を考えて形になっていく、というのは喜びであります。

a2014-02-23 15-42-43_0052


フタモンアシナガバチ。家の中で越冬していたようで、出荷の内訳票を書いていたら、いきなり飛んできました。いやー、よくぞがんばって冬をこしました。でも、ちょっとフライングですね。まだ君にはちょっと寒いからなあ。

a2014-02-11 09-17-43_0001


今日、ふと思いだした言葉。


幸せとは、人生の目標では決してなく、結果に過ぎないのである。


ヴィクトール・エミール・フランクル氏の名言です。いい言葉だなあ。自分にいろいろ期待してばかりのわたくし。それじゃあ、幸せとはいえません。いろいろうまくいっているときには、大切なものが見えなくなってしまうことってあるのでしょうね。大事なのは、やっぱり、心だなあ。心って?。ものの見方、認知の仕方、考え方ですよね。心を見つめなおす時間をたまにはしっかり持ちたいものですねえ。

スポンサーサイト

2014年02月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 面白くもなんとも | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 雪! >>












管理者にだけ公開する