8/25~8/31のセット

8月24日(日)

相変わらず、梅雨のような天気が続いています。広島をはじめ、各地でおこっているゲリラ豪雨を思えばなんてことはないですが、やっぱり日照不足はつらいです。しばし、我慢の時期のようです・・・。


8月25日~31日のセットです。

沢山あるもの
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、大葉、ナス、モロヘイヤ、かぼちゃ、

ぼちぼちあるもの
空芯菜、つるむらさき、ミニトマト、ピーマン、オクラ、

ちょっとあるもの
にんにく、ゴーヤ、キューリ、トマト、ミディトマト、三尺ささげ、伏見甘長、間引き人参葉、


・卵は、春生まれの雛が生み始めた小さめの卵も入り始めます。
・ブルーべりーのご注文、まだ承っております。



これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日の夕方頃までにご連絡(tkabashima@hotmail.com までメール)を下さい。

始めてのご注文の場合は、こちらの詳細をご覧の上、ご連絡下さい。



天気が悪いなりに、稲も野菜も、それなりには育っています。

右から、モロヘイヤ、ヤーコン、サトイモ、ナス、ごぼう、オクラ。

aaP8230022.jpg

防虫ネットの中には、キャベツやブロッコリ、カリフラワー、コールラビ、などなど。秋冬に出荷するものを、ガンガン植えつけ中です。

aaaP8230028.jpg

ある程度大きくなったら、一度ネットをはがして、鍬で土寄せをしてあげます。葉の色や生育具合を見ながら、鶏糞やぼかし肥料を追肥してあげます。せっかくの菌が直射日光で死なないように、乾燥防止のためもみを上からかけてみました。

aaP8230026.jpg

鶏の餌は、熊本県産の小麦や大麦、米ぬか、鹿児島枕崎産(おそらく南洋で釣られ、枕崎で加工)の鰹節、広島さんの牡蠣の殻、などを混ぜて作っています。抗生物質、薬剤などはひよこの時から一切使用していません。地元の籾殻と混ぜて、鶏舎の床でゆっくりと発酵させています。実に、良質な肥料だと思います。ほぼ、無臭です。

aaaP8230015.jpg

近所の畑のひまわり。たぶん、緑肥(トラクターで鋤きこんで肥料とする)のだと思います。こういう、夏らしい雰囲気の日は、今年はほとんどないです。さびしいなあ。

aaaP8170010.jpg

最後に。家の近くで亡くなっていたニホンイタチ。おそらく車に轢かれたのではないかと思うのですが、びっくりするくらい無傷でキレイでした。なので写真ものっけてみます。人里に住む動物にとっては、今の車社会は生きにくいのでしょう。狸も然り。漢字で書くと獣偏に里。よく轢かれています。切ない現実がありますね。

aaaP8170006.jpg

イタチは鶏を狙うくらいのものですし、狸もスウィートコーンを食べるくらいのもの。かわいい存在です。鹿や猪、猿は農作物に被害を与える害獣としてかなり深刻な社会問題となっています。生態系が崩れてのでしょうね。アメリカでは、いったん生態系の中で絶滅したオオカミを再導入しる事例もあり、日本でも大分の豊後大野市では議論が進められているそうです。現状では反対派が多数のようですが、そうもいってられないくらいに獣の被害がひどいのが日本の農村の現状だともいえます。

参考までに。ウィキペディアでも、「オオカミの再導入」という項目がありました。実験的に九州で導入、というふうになればいいのに、と、個人的には思ってますが、さてはて。

スポンサーサイト

2014年08月24日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

<< 9/1~9/7のセット | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 8/18~24のセット >>












管理者にだけ公開する