9/22~28のセット&上京報告

9月21日(日)

9月22日~28日のセットの中身です。

沢山あるもの
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、ナス、かぼちゃ、ニラ、

ぼちぼちあるもの
オクラ、空芯菜、長ネギ、間引き人参葉、ピーマン、三尺ささげ、春菊、リーフレタスnew

ちょっとあるもの
にんにく、ゴーヤ、キューリ、伏見甘長、モロヘイヤ、つるむらさき、コールラビnew
四角豆new、わさび菜new


これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日の夕方頃までにご連絡(tkabashima@hotmail.com までメール)を下さい。

だんだん、秋野菜が出来てきました。リーフレタスが、トウ立ち気味です。今年はやや遅めに秋の一回目を蒔いたのですが、やっぱり少しだけ早かったかなあ、といった感じ。

aP9160012.jpg

でも、まだ苦味もなく美味しいので入れていきます。

まだもう少し端境期然としていてキビシイですが、いろいろ救世主が現れてくれています。今週の救世主は、ニラ。夏を越して、そろそろいい状態になっているかなあ、と見てみたら、見事につやつやぷりぷりでした。やった~。

aP9160002.jpg

にんにく、翌週(9/29~)から、少しずつ、皆様にもう一回ずつ入れていきますね。必要でない場合は、ご連絡ください。

お米について。新米は、10月末からのお届けとなります。ご注文、お待ちしております。また、近くになったら改めてきちんとご案内いたします。

通年ご予約お届け予定の皆様、もうちょっとで再開です。お待ち頂き、ありがとうございます。稲刈りと、乾燥・選別などが終わり次第、野菜と一緒にお届けいたしますね。

セットを始めてご注文される際は、こちら(クリック下さい)の詳細をご覧の上、ご連絡下さい。



さて。上京のレポートを少々。

ターンズカフェ熊本、無事終わりました。

aP9200060.jpg

こんな感じで人前で話をさせていただくのは、やっぱ緊張しますねえ。

aP9200053.jpg

移住や新規就農の体験談や、そこにいたるまでの若かりし時の話、生活の現状や、これからの展望などの話をさせていただきました。ファシリテイターの方との事前打ち合わせで、「こんな話で何かの参考になるんですかね」と申し上げたところ、「いや、そのモンモンと模索していた時の話こそがリアリティがあって、参加者の方も喜んで下さるでしょう」と。新しい一歩を踏み出す何かのきっかけになれたとしたら、幸いであります。

事前に送っておいた椛島農園農作物(お米、卵、野菜、鶏肉)も、立派なワンプレートにしてくださいました。

aP9200069.jpg

いつも我が家の食卓では鍋や煮込みや炊き込みご飯にばかり使うかしわ肉。こういう場で、シェフに料理してもらうと、様になりますねえ。(ドタバタして結局食べられなかった・涙)

aP9200017.jpg

今回、さまざまな立場の方が来てくださっていたようです。移住を具体化しようとされている方、興味があるという方、そして、移住促進や地域活性化のサポートを仕事やまたはソーシャルな立場で活動をされている方、などなど。たくさんの方のお話をお聞きして、勉強になりました。一昔前の「移住」というと、ある程度世代が上のがボリュームゾーンとして大きかったと思うのですが、今はほんとに若い方が動いている波がきてるんだなあ、と実感。

お越し頂いた皆様、ありがとうございました。ご縁に感謝申し上げます。何か、お聞きになりたいようなことがあればどうぞ

tkabashima@hotmail.om までお気軽にご連絡下さい。

また、話の中で申し上げたウーフ、熊本県有機農業会、については以下のリンクからご覧ください。

ウーフ(WWOOF)
熊本県有機農業会の有機農業者養成塾

今回お世話になった皆様。

雑誌ターンズさん
当日のファシリテートしごと総研さん
熊本県さん(移住ポータルサイト
会場のcafe&bar山羊に聞く?さん
私と同じく、ゲストスピーカーとして来られたみずたまカフェさん絶景のカフェです。


ちなみに、久しぶりの東京はやっぱり疲れました。何が疲れたかというと、満員電車と、人の多さ。10年位前は自転車で渋谷なり新宿なりを走っていたのですが、道の記憶すら限りなく薄く霞んでしまい、代官山という名前にたじろぐ始末。しまいには会場の場所がわからずにしばらく歩き、「ああ、緊張するわ。怖いわー。励ましてくれ」と嫁に電話(笑)。まあ無事終わって結果オーライでよかったです。

街には街のよさ、村には村のよさがあるけど、信号と渋滞と満員電車と踏み切りが苦手な僕としては、やっぱり住むなら村がよいなあ、と改めて痛感。

イベントが終わり、電車に乗り込み、12時半くらいに丹沢のふもとの新松田に到着。

研修先の農場の先輩夫婦が経営する、「農場こぶた畑」に宿泊。約8年ぶりの訪問。

朝起きてみたら、

aP9210140.jpg

すばらしい景色が広がっていました。農場から、小田原の海が一望!

aP9210085.jpg

お前さん、しあわせな環境で暮らしてるなあ。

aP9210118.jpg

いろんな話で盛り上がりました。実際お会いするのは2回目なのですが、やっぱり同窓のよしみって、いいものですねえ。実は椛島農園では、自家用+αの販売用で豚を飼い始める計画を現在練っており、いろんなアドバイスを頂いてきました。ありがとうございました!

お昼を頂いて農場を後にして、最後は品川で大学時代の友人数人と会いました。普段の農村の暮らしでは得られないいろんなアイデアを頂くことができ、ありがたいことです。今回、雑誌編集長、弁護士、学者、プロダクトデザイナー、なんだか何度聞いてもよくわかんないけど人と人を結ぶプロデューサー的なことをしてる人、と、多岐にわたる異業種の友人の話を聞き、俺もまけとられんなあー、と大いに刺激を受けたのでありました。

さて。今回短時間でたくさんの方とお会いし、お話して、いろいろ感じるところがありました。みんな置かれた状況の中で、それぞれの課題を抱えながら、それぞれの道を歩んでおられます。人生いい時もあれば、悪い時もありますよね。

「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい」今も昔も変わりません。そして、誰かと衝突することなく生きることは無理だけど、自分が発した何気ない一言で誰かを傷つけたかもしれないという自問や、今普通に日本で暮らしているだけで、未来の子供たちの環境や遠くの国の誰かの労働や、幾多のいきものの命をうばっているという自覚を、時々は出来たらいいですねえ。

はい、そんなこんなで、最後の飛行機で帰宅後、なんだか気合が入ってしまい、また夜中までこれを書いているというわけであります。うむ、眠くて何を書いてるのかわからなくなってきたぞ(笑)ささっと終わらせられないという悪癖炸裂中。

明日から、また普段どおり農作業。とりあえず、白菜とわさび菜の定植を終わらせようっと。でも天気悪そうだなあ。頼まれているご近所のハウスのばらしも急がないと。ニンニクの畝たても急がないと。まあ、一歩一歩。がんばっていきまっしょい。

スポンサーサイト

2014年09月22日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< 9/29~10/5のセット&運動会 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 9/15~21のセット >>












管理者にだけ公開する