11/10~11/16のセット

11月9日(日)

今週11月10日~11月16日のセットの中身です。

沢山あるもの
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、春菊、リーフレタス、セロリ、キャベツ、人参、ニラ、ほうれん草、赤リアスからし菜、ビタミン菜、二十日大根、水菜new、わさび菜new

ぼちぼちあるもの
里芋、レタス、大浦ごぼう、白菜new、大根new

ちょっとだけあるもの
カリフラワー、紫カリフラワー、ブロッコリ、ターツァイ間引き菜、チンゲン菜、カブ、

上記のものの中から、10~15種類位、その日の畑の様子をみて詰めています。これは是非入れて、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡(tkabashima@hotmail.com までメール)を下さい。

セットを始めてご注文される際は、こちら(クリック下さい)の詳細をご覧の上、ご連絡下さい。
お米もご注文もお待ちしております。詳しくはこちら(クリック下さい)をご覧ください。

白菜、大根を入れ始めます。大根はまだ少し小さめですが、やはり今の時期に大根無しなのはさびしいので、入れ始めますね。

今年は、日照不足の影響で夏野菜の調子がいまいちでした。セットを充実させるために、ネギを早めに収穫して入れておりました。本来今ごろにはネギをしっかり入れたいところなのですが、夏に採り過ぎた影響で、入れておりません。遅植えしたものが、そろそろ収穫できる大きさになってはきました。来週には入れはじめたいと思います。しばし、お待ち下さいね。


畑の様子。

冬越しキャベツの定植を終えました。来年の4月後半から5月中旬にかけて仕上がる予定です。

aIMG_3422.jpg

大根も、ようやくお届けできる大きさになってきました。大根は、さほど肥料分を必要としません。畑の地力もだいぶついてきたので、春に玉葱を収穫した後にほとんど無施肥で大根の種をまいてみました。堆肥をほんのちょっと補ってやった位です。そのせいか、生育はゆっくりになりましたが、問題なく育ってくれています。

aIMG_3446.jpg

先週お伝えしたように、今年はサツマイモの生育が悪かったです。初霜の後に、掘りあげましたが、予想通りの少ない収量。例年の半分といったところ。掘るのは掘夫君が活躍しました。ただ、ジャガイモほどには綺麗に掘れずに、ちょっと苦戦。コツが要ります。

aIMG_3427.jpg

6月に紹介した、北海道地豆。気候の違いと、まき時のミスからか、きちんと収穫できたのは3種類のみとなってしまいました。大福豆、栗いんげん、さくら豆。

aIMG_3443.jpg

たった9粒が、これだけの数になるって、すごいことですよね。来年はもっと増やそうっと。

aIMG_3439.jpg

うーん、美しい・・・。


さて、椛島農園では農繁期最後の大仕事である玉葱の定植でドタバタとしております。今年も、1万2千本くらい植える予定です。経営的な話もすると、仮にひと球平均で200g、きっちり栽培できれば、2,4㌧の収量になります。大きすぎると保存しにくくなるので、控えめな目標で、200g、2,4㌧。もしこれをきっちりお客様のお手元に届けることができれば、60万円の売り上げ。

のはずなのですが、実際そんなにはいきません。実際は、1㌧~1,2㌧位のお届け。自ずから、売り上げも少ないです。きちんとできる球もあれば、出来損ないのピンポン球みたいな球もあります。トウ立ちもあります。保存状態がよくなく、定価では出しづらいものも今年は多かったです。大きさ(金額)の平均を出すと、ちょっとせつなくなります。火山灰土でリンが抜けやすいというのは、言い訳にはならないでしょう。上手に作る人はいますから。というわけで、玉葱の収量は、椛島農園の課題なのです。課題があるということは、成長する幅があるということ。がんばるぞ~。

スポンサーサイト

2014年11月09日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

<< 11/17~23のセット | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 38歳的ジンセイ考察 >>












管理者にだけ公開する