12/22~28のセット&徒然なるままに書き書き

12月21日(日)

今週12月22日~28日のセットの中身です。下記のなかから、10~14種類くらい入ります。

今週のなかみ
卵、ジャガイモ、人参、玉葱、大根、キャベツor白菜、里芋or大浦ゴボウ、九条長ネギ、カブ、ほうれん草、チンゲンサイ、わさび菜、南瓜orさつまいも、セロリ

その他入れられる(入る可能性のある)お野菜
ルッコラ、ターツァイ、からし菜、赤リアスからし菜、水菜、小松菜、

これは是非入れて、これはパスして、というご希望がありましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡(tkabashima@hotmail.com までメール)を下さい。

※南瓜、冬至南瓜ということで、カットしたものを少しずつですが入れます。夏に種をまいて秋に収穫したぶんです。まだサツマイモが入ってない方には、さつまいもを入れます。

セットを初めてご注文される際は、こちら(クリック下さい)の詳細をご覧の上、ご連絡下さい。

お米もご注文もお待ちしております。詳しくはこちら(クリック下さい)をご覧ください。





さて。いよいよ、年の瀬ですね。ここのところ天気が悪く、積もるほどではないですが雪もよくふっています。出荷作業、大豆の収穫、畑の片付け、ストーブ用の薪割り、年賀状用意、友人の鶏解体の手伝い、稲作の勉強会に参加、などなど、やっぱりいろいろ忙しいこの1週間でした。

昨晩は、年賀状用意をしようと思ってパソコンを開いたのに、いつの間にかホームページ作成を始めてしまっておりました。面白くてはまってしまい、気がついたら朝でした。まさかの徹夜!別に特別急ぎの仕事というわけでもないのになあ。自分でもびっくり。そんなこんなで、ちょっとボーっとしつつも妙なテンションで書き書きしてます。



年に2回の、ダンボールの買出しに行ってきました。在庫が残り少なくなってきていた上に、天気が悪くて取りにいけなかったのでちょっとひやひやしていたので、よかった~。

大牟田の青果市場内にあるお店へ。今回は600枚ほど。約5か月分のダンボールです。

aPC180006.jpg

椛島農園では、この、一度だけ使用された野菜のダンボールをリユースしています。価格も安く、何より丈夫です。新品のダンボールを発注してロゴを入れたりするのもかっこいいなあ、と思います。が、うちは時代の流れにあえて逆らってみます。

うちのように、お米も野菜も卵もひとつの箱につめてドンッと送ることが多い農家では、丈夫なダンボールじゃないといけません。丈夫なダンボールでロゴの一つでもいれるとなると、経費もかかります。

まだ使えるものをすぐにリサイクルに回すのももったいないです。やっぱまずはリユースでしょう。小売り値に転化しなきゃならない経費はなるべく抑えたいと思ってます。基本的には、贈答品ではなく、普段の食卓にあがるものをお届けしていますので。質実剛健な椛島農園でいきます。まっ、おしゃれ色もなく、今の時代あんまり流行らんだろうけどな~(笑)。

もちろん、贈答品としてのご注文も承っております。その場合は、新品ダンボールと、中身も贈答仕様の包装でお作り致しますね。

ダンボール屋のおっちゃんに会うのも、年に2回の楽しみです。おっちゃんは、70台後半といった感じのお姿。耳が遠くなり始めていますが、まだまだ現役。柔和な笑顔と、温かな口調。それでいて、肉体を激しく使う仕事をしながら人生を生き抜いてきたという矜持がほのかに感じられ、僕はおっちゃんが好きなのです。

例えるのであれば、北の国からの黒板五郎さんのような雰囲気をお持ちなのです。ダンボールを運ぶ時に使うフォークリフトも、「これ、2万円で地金屋さんからもらってきた。全部自分でばらして、修理してうごくようになった」とおっしゃっていました。エンジンの音は確かにちょっとかすれ気味でしたが、何よりもそんなことをやってのけるおっちゃんの機械修理の腕がすごいです。

600枚のダンボールを積み込んでロープで縛るのも、毎回大仕事です。縛る際の最後の詰めが難しく、いつもおっちゃんにやってもらっていました。今回、おっちゃんは僕にいいました。「もう、覚えたかい?やってごらん」

僕の手は悲しいことにまだ覚えてなく、おっちゃんの手ほどきをうけながらロープを結わいでいきました。そして、数回結んでいくうちに手が動きを思い出してきて、最後は上手くいきました。「おっ。できるようになったね。」おっちゃんも嬉しそうでした。「子供は大きくなっかい?もう喋りだしたかな?」そんな、おっちゃんとの会話に、なんだかいつも心が温かくなるのです。おっちゃん、いつもありがとうございます。

はい、そういうわけで、ロープワークを忘れないようにと撮った動画をのっけてみます。動画のアップの仕方が分かり、とりあえず何かupしてみたかったということもありまして・・・(笑)。ロープワークにご興味のない方には面白くもなんともないと思いますのであしからずです。




帰路にて。冬の空気のきれいなこときれいなこと。大津の町からくっきりと阿蘇の山々と、噴煙も見えました。噴火の状況は、変わりなく、まあぼちぼち続いているといった感じです。風向きの関係で、うちではほとんど影響はなしです。春になって風向きが変わればまた状況に変化はあると思いますが。

aPC180058.jpg



先日ご紹介した、遺伝子組み換え作物の勉強会にも行ってきました。

まともな写真を撮りそこなって、恐縮ですが・・。

aPC160002.jpg

200人くらいの方が参加しておられました。とてもよい勉強会でした。見た映画は、こちら。



天笠啓祐さんの講演が、本当に面白かったです。人は、何かを批判することで自分の行為や信念が正しいことを主張することがあります。それが必要な時もあります。しかし、「まだそれが本当に安全なのか否なのか、正しいことなのか否なのか、」という、分からないことに対する主義主張の論争は、お互いを激しく批判しあうことになることも多々あり、聞いてなんだか哀しくなってしまうこともあります。

講演会などで、「絶対に」「誰一人」「全員が」「100パーセント」という言葉が多く聞かれるときには、僕は身構えてしまいます。世の中に、絶対といえるようなことなどあんまりないと思います。強くメッセージを伝えるには、何かを否定するのが一番伝わりやすいものですが、お話にそういう雰囲気が漂うときには、相応の批判精神をもちつつ拝聴するようにしています。

そういう意味で、天笠さんのお話は僕好みでした。穏やかな語り口、感情論ではなくきわめて論理的なお話、本当に勉強になりました。いろいろ本も出されています。今日は、長くなるので、遺伝子組み換え作物がいかに怖いか、という話は割愛させてもらいます。そのかわりに、また動画。ああ、動画UPにはまりつつあるようです(笑)





今日は、ちょっとはやいクリスマス会に行ってきました。土地探しの時以来、ずっとお世話になっている近所の先輩有機農家であるぽっこわぱさんにて。

ライアーのミニコンサートや、人形劇などの後に外に出て、

りんごみつろう蝋燭を作りました。こうやって、芯の糸に蜜蠟をつけていき、

aPC210081.jpg

蝋燭をつくっていきます。

aPC210083.jpg

蝋燭が固まるのをまちつつ、火にあたりながらケーキを頂きました。

aPC210092.jpg

出来上がり。

aPC210126.jpg

でも息子にはちょっと早かったようで、牛さんに夢中。ろうそくには興味いまいち。

aPC210098.jpg

厳かな雰囲気でした。聖夜という言葉がぴったりきたひと時でした。

aPC210121.jpg


長文、ご覧くださり、ありがとうございました。皆様お風邪など召されませんようにお過ごしくださいね~。

スポンサーサイト

2014年12月21日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

<< 今年もお世話になりました | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 12/15~12/21のセットの中身 >>












管理者にだけ公開する