椛島農園ぷりぷり自然卵

aP4020034.jpg

国産の餌にこだわったレモン色の卵

日本で飼われている牛や豚、鶏のエサのほとんどは外国から輸入されている飼料(とうもろこしなど)です。食料自給率の向上が、今、課題となっています。輸送にかかるエネルギーや、残留農薬のことなどを考えると、なるべくなら国産・地元産の「顔の見えるエサ」で育てるほうがより楽しく、シンプルで美しいかなあ、と感じます。

熊本県産の小麦や大麦、阿蘇の米ぬか、枕崎産かつおぶしの削りかす、広島さんの牡蠣殻などを混ぜ合わせてエサを作っています。そしてもちろん、ミネラルたっぷりな自家製の無農薬野菜や、野草雑草もたくさん食べています。

卵の黄身の色は、食べているものの色で決まります。一般的な卵の黄身は、オレンジがかった黄色です。エサにとうもろこしを使用していることと、パプリカやカニ殻などに由来する着色料を使っていることが普通です。もちろん、それも悪いことではありません。でも、とうもろこしは輸入がほとんどですし、たとえそれが天然成分のものであっても着色料を使えばコストがかかり価格に上乗せされます。あまり意味のあることとは思いません。

椛島農園ぷりぷり自然卵は、自然な「レモン色の黄身」をしています。クズ人参や南瓜を沢山食べていると、色も濃くなります。季節によって変わる自然な色合いも、お楽しみください。

aaP2280078.jpg 
 
有精卵です

生き物の世界のことなので、「全部」とはあえていいませんが、ほぼ100%有精卵です。上手にあたためればヒヨコになる「生きている卵」です。栄養価としては有精卵も無精卵も変わりません。でもやっぱり有精卵にはエネルギーを感じます。メス100羽:オス6羽という群れで飼っています。

近所の子供達が、夏休みの自由研究で卵を孵化させたことが何回かありますが、ちゃんとヒヨコになりました。『いただきます』は、ほかの命を『いただきます』ということ。哀しいけど、生きていくとはそういうことなのでしょう。当たり前のことを忘れないようにしていきたいものですね。

aaP2280072.jpg




風の通る鶏舎で病気知らず

本当は鶏舎の外で放し飼いがしたいのですが、鳥インフルエンザ予防のために今の時代はなかなか難しいです。代わりに、広々とした鶏舎で走り回れる環境を与えてあげています。平飼養鶏の基本は、一坪あたり10羽以下の密度で飼うこととされています。椛島農園では、一坪あたり6羽の密度で飼っています。

空気がよどむことの無い、風の通る鶏舎です。私達家族が飲んでいるのと同じ阿蘇の水を、鶏にも与えています。きれいな空気、水。そして「のびのびと動き回れる」という当たり前のこと。それが、卵の質となって現れてくれているような気がします。

ストレスが無いとはいいません。年をとってくれば、弱ってくる鶏もいます。でも、ストレスの比較的少ないうちの鶏舎では、鶏がやっかいな病気にかかってお互いにうつしあったということは、2008年に養鶏を始めて以来ただの一度もありません。抗生物質や薬剤も、ヒヨコの時から一切使用していません。
aaIMG_2820.jpg




家畜としての鶏の一生

生まれたてのヒヨコを専門業者さんの孵卵場から連れて帰って育てています。5ヶ月弱ほどで、卵を産み出してくれます。最初はまだ体も成長途中なので、卵も小さいです。1年3ヶ月~1年6ヶ月間ほど卵を産んでもらいます。2歳近くになってくると、卵をあまり産まなくなってきます。殻が薄い卵や、形がちょっとおかしな卵も増えてきます。

ちょうどその頃に次の群れが新しい卵を産み始めるように、次のヒヨコをいれていきます。次の群れにバトンタッチをしたら、お肉となってもらいます。かしわ肉として販売もしております。一年に一回ほどのことなので、そのつどブログやセットに入れているお便りにてご案内しております。
aa2014-03-28 15-24-56_0069

価格・卵のみの発送・賞味期限などについて

お届けの後は、冷蔵庫にて保存して下さい。生食での賞味期限は2週間としています。2週間目以降は、加熱調理してお召し上がりください。ちなみに、椛島農園ぷりぷり自然卵は、ゆで卵には適していません。ゆで卵は、新鮮な卵だとうまく皮がむけません。もしゆで卵にしてお召し上がりの際には、2週間過ぎたものを利用していただくとちょうどよいです。いちばんお勧めの召し上がり方は、やっぱり卵かけご飯。ぜひお試しください。

価格は、1ヶ50円です。10ヶ入りパック500円。6ヶ入りパック300円です。通常は、野菜のセットとあわせての発送となります。卵のみの発送も、30ヶ~160ヶほどの数で承ります。送料等、価格は個別にご相談くださいませ。


aa2014-04-25 15-18-25_0026  
ビニールハウスを利用した鶏小屋を建てました。

kkkkk2014-04-25 15-14-50_0014 
家庭内工業。1歳の息子もお手伝いっぽい動きしてました。

aa2014-03-28 15-25-35_0074 
ヒヨコ、らぶり~です。
 
aaP8060002.jpg
 スーパーでもらってきたリンゴの木箱を加工して

aaP2280131.jpg 
産卵スペースを作ってあげました

aaP2280133.jpg 
こんな感じで産んでくれてます

aaP2280135.jpg  
コロコロ転がり、外から卵拾い。
こういう工夫も楽しくやってます。

aaMG_2419.jpg 
ブランコも作成。
でもこれは不評。ほとんど乗ってれません(笑)




スポンサーサイト

2015年04月15日 HPがわりにアレコレご案内 トラックバック:0 コメント:0

<< 野菜とお米の育て方について | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ご注文はこちらから(商品のかんたんなご案内です) >>












管理者にだけ公開する