野菜とお米の育て方について

安心・安全は当たり前

今の時代、有機農家として「安心・安全」にこだわるのは当たり前のことです。慣行栽培の作物だって、昔と違って今の基準内で使うのなら健康に害はないと思います。でも環境にかける負荷という意味で農薬や化学肥料は使いません。問われるのはやっぱり味です。野菜やお米や卵が元気かどうか。プリプリしているかどうか、だと思います。元気で健康な野菜やお米や卵は美味しいです。肥料を入れすぎてくどい味のする野菜は美味しくない。単純にそういうことだと思います。

aaP3160040.jpg 

時代が求めるニーズに応えていきます

いろんな農家さんが、いろんな考えで、いろんな農法を取り入れ、技術を編み出しています。椛島農園でも、先輩農家さんや仲間の農家さんの「これいいよ」という技術は何でもこだわりなく取り入れてやってみるスタンスを大事にしています。

なので、今のところ「○○農法」「○○栽培」と呼べるような農業はしていません。ごくごく一般的な無農薬・無化学肥料による農業をしています。これがなかなかに奥が深く、勉強勉強の毎日なのであります。贈答品向けの、こだわりの栽培方法で高価格、高付加価値の商品を供給することも農家の重要な仕事ですし、有機栽培の野菜やお米でも食べられないという方には、もっとこだわった栽培方法のものがどんなに高くても欲しいというニーズがあり、それに応えるのも農家の仕事です。でも、うちはもう少し敷居を低くして、沢山の方に日常的に食べて頂けるような、ほどほどぼちぼちの価格帯の食べもの作りをしていくというスタンスです。生産コストを下げる努力をするのも大事な仕事だと考えています。

そして、栽培方法もふくめて時代のニーズに応えていくという姿勢をとっています。ニーズは変化していきます。変化に対応していく強さを身につけていくことで、「求める人たちの期待に応えて食べ物を供給し続ける」という農家の責任を全うできると考えています。しなやかな有機農家をめざします!
aaP7076624.jpg 

なにはさておき「基本に沿った有機農業技術」を大事にしています

そしてどんな技術を取り入れるにしても、やっぱり一番大事なのは「基本に沿った有機農業技術」です。特別な菌を肥料に使ったり、逆にまったく肥料を使わなければただそれだけで単純に極上の野菜やお米になるというわけではないのが生き物の世界です。複雑なファクターが絡み合った生態系の中で作物も生きているのです。当たり前のことですが、いかに草に負けないようにするかを考えなくてはなりません。必要な量の堆肥や緑肥を土にすきこみ、微生物が活き活きできるような土作りをしています。旬にあわせた種まきをして、必要な手間をかけています。

日本で栽培され、流通に回っているほとんどの野菜の原産地は外国です。ジャガイモやトマトはアンデス産まれですし、キャベツやセロリはヨーロッパ産まれ、オクラはアフリカ産まれです。夏は高温多湿、冬はしばれるこの島国の風土で、多用なバックボーンを持つ野菜を一様に育てることは出来ません。本来日本の気候に合わないものも育てるわけですから、人がしっかり手をかけなくてはいけないのも当然のことです。それぞれの野菜が一番喜ぶ環境を整えてあげなくてはいけません。

好む湿度や温度、必要とする肥料の量は、作物によりバラバラです。畝の高さを変えたり、堆肥の量を変えたり、剪定で風通りをよくしたりと、野菜がいきいきとできる環境を整えるのが百姓の仕事です。何十種類もの野菜を育て、畑を順繰りに使っていくことで特定の虫や菌が繁殖することを防ぎます。これもまた基本的な技術です。
また、品種については、今のところ、種苗会社の交雑種(F1)の種を使う割合が多いですが、少しずつ種の自家採取や伝統の地野菜(固定種)も育てるようになってきました。稲、ニラ、サツマイモ、里芋、ヤーコン、ネギ、人参やかぼちゃの一部、などは自家採取(株分け)しています。毎年少しずつ取り組みの幅を広げています。

aaP9140064.jpg 
堆肥や肥料について

とにかくいけないのは、沢山入れすぎることである、と考えています。作物が欲する時に必要なだけの養分を吸収できるように、堆肥やぼかし肥料を使うようにしています。過剰な量の養分が土に入ると、大地や水をを汚します。化学肥料でも有機肥料でも堆肥でもそれは同じです。質については、きちんと発酵しているものを使うようにしています。

そしてそもそもの前提として、土の中の肥料分というのは生育の中で大事なものだけれども、同等かそれ以上に土の物理性や生物多様性のほうが大事だと考えています。つまり、水はけと水もちの両方がよいホクホクした腐葉土のような土、小さな生き物達が無数にいるような土がめざす土です。そのような土を作るために、堆肥を入れたり草を生やして漉きこんだりしています。

使用している堆肥は、牛糞堆肥と、自家製の鶏糞堆肥です。阿蘇は肉牛の繁殖牛農家さんの多い地域です。繁殖牛は餌として草を沢山食べます。牛糞堆肥は、その糞をさらに籾殻やおがくずと混ぜ合わせた、窒素分も少なく非常に繊維質の多いものです。

椛島農園の鶏の餌は熊本産の小麦や大麦、阿蘇の米ぬかなどをあげています。輸入のとうもろこしは使用していません。抗生物質や薬も一切使用していません。そしてその糞を地域で出る籾殻と混ぜて発酵させて堆肥やボカシを作っています。抗生物質や薬も一切使用していません。つまるところ、昔ながらの循環型農業というものを大事にしています。


唐突ですが・・・!私は死んだら土に還りたいです。畑の肥やしや森の木々の肥やしになりたいです。本気で、そう思ってます。有機物がぐるぐる大地と大気の間を循環していくのって、ごく当たり前のことです。そんな気持ちをもって、堆肥や肥料のことを考えています。


aa2014-06-12 09-15-10_0046 

お米について

田んぼに関しても野菜と同様に、肥料過多ではないたくましい稲となるように心がけています。そして田んぼに関しては、水がミネラルを常に運んできてくれるので、堆肥や肥料を全く入れない「自然栽培」も、技術的には可能であることが実証されてきています。うちでも、田んぼに関しては特に肥料分の量には注意して、なるべく少なくしていき時代のニーズに合わせていきたいと試行錯誤しているところです。

無農薬・無化学肥料で栽培しています。種籾の消毒も、お湯に漬けて行う温湯消毒です。苗の床土にも、一切化学肥料は使っていません。栽培中の除草は、機械除草およびチェーン除草。水は、地下水を汲み上げた水を使っています。標高400m、阿蘇カルデラの昼と朝晩との温度差ときれいな水が美味しいお米をはぐくみます。肥料としては、畑同様に堆肥や米ぬかを入れています。今年(2015年)は、実験的に肥料を入れないで栽培する田んぼにもトライしてみます。

と、文字でいろいろ書いてみてもうまく伝わりませんね(笑)詳しくは、ブログカテゴリの「お米」をご覧下さい。

  
    
aP1090166.jpg  IMG_3212j.jpg
     
aa2014-03-28 15-25-54_0078  aaPA040113.jpg
スポンサーサイト

2015年04月15日 HPがわりにアレコレご案内 トラックバック:0 コメント:0

<< 農園紹介と家族のプロフィール | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 椛島農園ぷりぷり自然卵 >>












管理者にだけ公開する