娘が生まれました

4月19日(月)

今週のセットのなかみ

ただ今、端境期のお休み中となっております。ゴールデンウィーク明けから、発送再開いたします。発送スケジュールは、順次ご連絡さしあげております。お待ち下さり、ありがとうございます。

商品案内を、もっとシンプルにして書き直しました。
野菜と卵のセット、お米のご注文はまずはこちらのご案内をご覧のうえ、ご連絡ください。

***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と農家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
・野菜・お米の育て方について
・九州産の麦で育てた鶏の自然卵
・商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が
回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、
ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いて
アップして、この欄にリンクを並べていくことにしました。
お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************

以下、通常のブログ的記事です。


さて。ご報告です。

13日に、長女が生まれました。今回も、自宅でのお産でした。おかげさまで、母子ともに元気です。夜中の2時におしるしがあり、陣痛スタート。すぐに電話をして、助産師さんがかけつけてくれました。あれよあれよと陣痛が進み、6時過ぎに生まれました。母子ともに元気です。

春人が目を覚ましたのはちょうど生まれる直前。生まれたての妹の姿をみて、なんともいえない表情をしてました。お産前は、2歳3ヶ月の子供がどんな反応をしめすのか、ドキドキでした。不安を感じて泣き喚く息子の横でのお産となるのか、はたまたじっと見ててよき体験の場となるのか・・・。蓋をあけてみれば、ちょうどいいタイミングで起きてきてくれて、結果オーライでありました。息子に感謝いっぱいでした。

子育て大変さのひとつに、2番目、3番目の赤ちゃんが生まれた時にまだ上の子の手がかかることがある、とよく聞きます。子供同士でだんごになって遊ぶようになるといっきに楽になるとも聞きますが、その手前の状態がすごいようでして。

というわけで、ちょっとでも兄妹仲良くできるようにとりあえずできる事から。「やった~、ようやくお兄ちゃんに会えたね。」「お兄ちゃん、もう何でもおしゃべりできるんだよ。すごいね。」と、兄妹揃っている時にわざとらしいほどに生まれたての娘に語りかけてます。

そのおかげかどうか、妹にはやきもちの態度もほとんど見せずにだっこもしてくれてます。うぅ、ありがとう、息子よ(涙)。母ちゃんをとられた気分で悲しいだろうに。

aP4160127.jpg

まっ、それでも溜まってきたイライラや鬱憤はあるようで・・・。遊びに来てくれたのりこ方の祖父母やいとこが帰る際のこと。助手席側の窓からみんなにひととおりタッチしてご機嫌に「バイバイ」。車はソロソロと発進。和やかな雰囲気でお見送りしていたら、突然息子が号泣。なにやら、運転席の祖父にもタッチしたかったけど出来なかったのがイヤだったらしくて、その後なんやかんやで30分くらい泣き続けてました。眠かったのもあるんだろうけど、なかなかの頑固者です。

近所の温泉に行て風呂上りに服を着てるときのこと。今までそんなことなかったのに突如オムツと洋服を断固拒否。「すっぽんぽんでうちに帰る」と言い張って、すっぽんぽんで連れて帰りました。あいやー。そんなこんなで家事や育児で、僕が実際に動ける農作業の時間は今年はかなり少なくなりそうです。

、「睡眠削って働く!」みたいなノリでやってきましたが、それもそろそろ考え直さないといけない時期なのかなあ。育児や介護、病気などで働く時間が無くなれば、経営面を考えると苦しくなるというのが、家族経営の自営業の有り様というやつですね。自由を得るためには、その代償と自己責任がセットとなりますもんね。嬉しい悲鳴、苦しいジレンマであります。

今はただでさえ忙しくてたまらない農繫期。実際のところ、サポートに来てくれた親や、保育園の助けがないとやっていけません。ほんとに、ありがたい限りです。いつも、いろんな形で支えを下さる友人知人や親戚の皆様にも、感謝いっぱいです。ありがとうございます。

娘の名前は、名前は、菜月(なつき)としました。菜の花の月に生まれましたので。期せずして、「はるひと」の次の「なつき」となりました。みんなに、「次は秋か!?」とさっそく言われてますが、たまたまです(笑)

最後に。

aP4170142.jpg

今回も、助産師の村上恵理さんには、検診・お産・産後のケアと、大変お世話になりました。お産の際にはもうひとりの助産師怒留湯(ぬるゆ)さんにも大変お世話になりました。お2人のサポートなしでは無理な自宅でのお産でした。ありがとうございました!


スポンサーサイト

2015年04月20日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

<< ラディちゃん | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 農園紹介と家族のプロフィール >>

第二子ご出産、おめでとうございますーーー‼︎
母子共にお元気とのことで、本当に良かった。
いつか娘様にも会いに行かせてください。
のりこさん、ゆっくり体を休めてくださいね。

2015年04月21日 やまぐちつやこ URL 編集












管理者にだけ公開する