小麦収穫&ヒヨコ

6月7日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、玉ねぎ、大根、カブ、人参、キャベツor白菜、ズッキーニ、小松菜orチンゲンサイ、水菜、セロリ、ニラ、

(その他入る可能性のあるもの)
スナップエンドウ、わさび菜、春菊、ブロッコリー、カリフラワー

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

この先、今月下旬にはジャガイモも入り始めます。また、春の菜っ葉が旬を終え、夏野菜にバトンタッチしてきます。


野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずは
こちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と農家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。

今日は、小麦の収穫と、ひよこについてです。


梅雨に入りました。相変わらずの激烈農繫期モードが継続中です。玉ねぎの収穫、田植えの準備でてんてこ舞いの1週間でした。今年は玉ねぎが大豊作。玉ねぎは収穫が梅雨の始まりの時期と重なり、少ない晴れ間に一気にとってしまわないといけないので、なかなかにプレッシャーがかかります。今年は「この日にとらないとやばいぞ」という晴れた日に、友人にお願いして声をかけてもらい、アルバイトの方と5人で作業をしてなんとかなりました。ふぅー。

玉ねぎ同様に収穫のタイミングにヒヤヒヤするのが、麦です。

今年は、初めて小麦の収穫が上手くできました。今まで何回か蒔きましたが他の作業を優先させているうちに梅雨の雨に打たれ続けて収穫できずに諦める、ということばかりでしたので喜ばしい限りであります。

バインダーで刈り取って、

aaP6070050.jpg

ハーべスターで脱穀。

aaP6070052.jpg

たまにしか使わない古い機械には、マイナートラブルは付き物。途中で調子が悪くなり、ベルトのチェック。

aaP6070056.jpg

ベルトの張りを調整できるところはどこかな~、と探したらありました。えいっと足で押し上げてからボルトを固定。

aaP6070060.jpg

上手くいきました。が、仰向けになった拍子にポケットに入れていたボルトが転がり落ちて紛失するというお約束も伴いました(笑)。小麦を収穫しながらも頭の中は他の作業の段取りで頭いっぱい。心こころあらずではいけませんねえ。われながら、ほんとによく焦ってばかりだわ~。

ちょっと刈り取りが早かったですが、雨が続くので仕方なし。いかにもまだ若いという粒が多いのが気になりますが、乾燥させればある程度大丈夫でしょう。乾燥は、空いた玄米保管箱で家庭用の除湿機をかけるという荒技で行っています。今のところいい感じですが、うまくいくかなあ。本当は日光でぴしゃりと干したいところですが、不可能だしなあ。まっ、なんとかなるか。

aaP6070055.jpg

収量は、乾燥後には50キロ位になると思われます。あとは、選別してからどのくらいの量になるか・・・。製粉して小麦粉か、乾麺うどんに加工して販売できればと思います。収量次第であるのですが・・・。

今回は、同じく小規模で麦を育てたメンバー3軒の共同作業でスムーズに進みました。かげさわ屋さん、風流さん、お疲れ様でした!

aakagemugi.jpg

しかしまあなんというか、農夫!という感じの男衆ですなあ。久しぶりに自分の顔みた(笑)。土と同化してるなあ。激烈農繫期の疲れがでてます。ところで、阿蘇では6月の第一土曜日は、カルデラを1周する100kmウルトラマラソンが行われていて、全国からランナーが集まってきます。

ある意味では、この時期の農夫達は生活自体が100kmマラソンのようです。いや、100kmはちょっと大げさか。実際に走っておられる方に対して失礼ですね。でもフルマラソンに向けたハードトレーニングをしている時のような充実っぷりの毎日です。先日も、夜中の2時半まで玉ねぎを吊るす作業をしていて、5時半には野菜の収穫をしてました。笑えるわ~。

ランナーズハイならず、完全にファーマーズハイのアドレナリン放出で乗り切ってます。なかなか子供と過ごす時間が取れないのが苦しいところではありますが。ん、苦しいのは妻ですね。それなりにイクメンしてましたが、ここのところはちょっとお手上げ状態で妻には頭が上がらないのであります。まっ、田植えが終われば一区切りにはなるでしょう。終わるまでは辛抱だ。あと1週間かな。がんばるでっ!


さて、ヒヨコについて。

先日、あたらしいヒヨコがやってきました。100羽ちょっと。こんな感じで山鹿市の孵卵場から買ってきます。

aaP5280123.jpg

ヒヨコ運搬用のダンボールには工夫がなされていて、移動中にヒヨコが箱の端に集まってつぶされる子がでないように、ちゃんと区切りがしてあります。むぎゅっとなってる姿もまたかわいいですね。

aaP5280126.jpg

こんな感じで最初は木枠の箱の中でぬくぬく大事に育てます。寝床には籾殻の下に湯たんぽを入れてあげました。

aaP5280143.jpg

しばらくすると木枠の外に飛び出す子がでてきます。そしたら開放してあげます。フリーダム!そして息子はいつでもフリーダム!

aaP6070044.jpg

卵を生み出すのは秋です。今産んでいる先輩鶏さんたちは、このヒヨコちゃん達が産み始めたらお肉として販売いたします。また、近くになったらご案内いたしますね。



最後に。

人参の花。当然花が咲けば種ができます。種が取れるのは梅雨明け。種とりはあまり行っていない椛島農園ではありますが、たまにこうやって種とりをすると、地に足がついていくのを感じます。いのちはめぐってゆくのだなあ。

aaP6070024.jpg

どなたか、このアブ(?)の名前をご存知ないでしょうか。スナップエンドウの葉っぱにとまっていました。初めて目にしました。なんと
いう鮮やかな色あいにうっとり。よろしくお願いいたします~。

aaP5280183.jpg

  →後日追記。キバネフンバエのようです。牛糞などから幼虫が発生、
    成虫は他の虫を捕食、とのこと。
    スナップエンドウについている蛾の幼虫などを食べてくれてるのかな。

スポンサーサイト

2015年06月08日 にわとり トラックバック:0 コメント:0

<< 田植え一応完了 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ハナグモ >>












管理者にだけ公開する