広島

6月28日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、玉ねぎ、ジャガイモ、人参、大根、キューリ、インゲン、キャベツor白菜、セロリ、

(その他入る可能性のあるもの)
ナス、ピーマン、ズッキーニ、トマト、ミニトマト、ツルムラサキ、モロヘイヤ、レタス、ニラ、枝豆

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずは
こちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と農家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。

「天気が悪いなあ。日照不足だなあ」と感じ続けていた6月も、あと少しで終わりです。ニュースでは、熊本では6月の日照時間が例年の半分くらいだったそうです。いやはや、困ってしまいます。

やりたい作業は山ほどあったのですが、この週末は思い切って家族で出かけてきました。行き先は、広島。車で片道6時間ほどかけての長旅。旅の目的は、結婚式に出席することと、友人達に会うこと。子連れの旅でかなりハードな日程でしたが、充実の2日日間でした。

一昨年の研修生ケンタ君と、パートナーのアユミさんの結婚式に出席させてもらいました。出席されている方への心配りが実に見事な、お二人らしい結婚式でした。よかったよかった。

aaP6270035.jpg

本当に、おめでとうございます。お幸せに!

そして、ケンタ君の畑や鶏舎も見学。「夜明けのジョニー農園」の畑では、立派に野菜が育ってました。ちゃんと農家として暮らしていく基礎がかたまってきているのだなあ、うちで過ごした時間も無駄にはならなかったのだなあ、とジーンと心が温まるひと時でした。

aaP6280099.jpg


数年ぶりに再開した広島の有機農業仲間と、ゆっくり話をする時間も持てました。

aaP6280124.jpg

むささび農園さん、泊めてくれてありがとー。ひなた農園さん、お会いできてよかったです。

ランチは、桜の山農場のコータロー君特製の、とんこつラーメン。養豚農家が作る自家製のとんこつスープが美味しくないわけない!絶品でした。ごちそう様でした~。

aaP6280126.jpg

子供もうじゃうじゃ。皆、たくましさいっぱい。ほんとに、素直で可愛い。みんな、手間をかけた丁寧な暮らしをしている家族です。こんな話も聞きました。「手間のかかる暮らしをすることで、子供が親の手伝いをする余地が生じる。「どこかに遊びに連れて行くことで子供としっかりかかわる」という時間をわざわざ作らなくても、手伝いをとおして日常の暮らしの中で子供としっかりかかわることができる」。うむ、「豊か」ですなあ。

aaP6280113.jpg

ちなみに写真にうつってる桜の山農場さんの車(ハイエース)は、てんぷら油を燃料として走るというすごい車です。ほんとにいつも、広島の仲間たちに会うたびに刺激をいただきます。

いろいろな話を楽しくしましたが、ひとつ自分の不勉強を痛感する話題もでました。中国電力で建設計画が進められている山口県の祝島の上関原発に関することです。祝島では反対運動も長く続けられ、その様子は鎌仲ひとみ監督による『ミツバチの羽音と地球の回転』という映画でも伝えられています。

2009年に、中国電力が原発建設予定地で工事の着工をしようとした際、反対運動のために市民が集まりました。多くの市民がシーカヤックで海に出て抵抗の意思を表示したのです。そのことで工事が阻害され損害が生じたとして、市民4人に対して中国電力が4800万円の損害賠償を求める裁判を起こしました。

この裁判そのものが、「SLAPP訴訟」の例であるといわれています。SLAPPとは、英語のStrategic Lawsuit Against Public Participation)の略です。「企業、政府など、力のある団体が原告となり、権力を持たない弱者を被告とし、(圧力をかけ、おどし、しかえしすること)を目的に起こす訴訟」と一般的には定義されています。

市民にとっては、裁判に巻き込まれること自体、仕事をはじめとした日常生活に支障をきたす大変なことです。実際、被告のうちのおひとりは有機農家であり、今日集まってくれたみんなにとっては親しい仲間である、とのこと。他人事ではない訴訟であり、支援を広げていかねば、という話を聞いたという次第なわけです。そして、この裁判は、来る7月1日に、山場を迎えるのだそうです。

詳細は、こちらをご覧下さい。

祝島の暮らしと原発~止めようSLAPP裁判~ のページ



最後に。

今回、小さな子供2人を連れての初めての旅でした。いやー、子供にとって、車の中でじっと座っていること自体がきついことなのですね。息子、よくがんばったなあ、と思います。そして、長旅を終えていざ結婚式に出てみた結論としては「2歳半児にはまだちょっと早かった!」といったところ。

式場は、海のすぐ目の前。山暮らしの息子にとっては、そりゃあ結婚式よりも海の方がそそります。披露宴の間、おそらく半分以上の時間は式場横の波止場に出て、船を眺めたり、釣り人がルアーを投げ込む様子をまじまじと見つめたり、さらには「なかなか釣れないねー。がんばれー。えいえいおー」とエールを送り出したり・・・。

aaP6270064.jpg

ちなみにせっかくおめかししたのにキレイな靴を忘れて、会場でひとりだけ長靴着用。でもね、波止場の水溜りで遊ぶのには役に立ってよかったね。

そして私は、「あれ、俺は広島まで結婚式に出るために来たんじゃなかったっけ?何で海ばっかり眺めてんだ?あれ、そろそろ式が終わってしまうかな?」と、不思議な時間を体験させていただきました(笑)

ちょっと風邪気味だったこともあったのか今日もなんとなく機嫌が悪く、いまひとつ子供の輪の中に入りきれずにいた息子。他の子がワーワー暴れまわってはしゃいで盛り上がっているときにも、ひとり「お絵かき」をしていた息子。自分の父ちゃんが他の子たちを

aaP6280107.jpg

「ダッコ&おんぶしてぶんぶん振り回し遊び」してた時、じっと部屋の端っこにいた息子。子供達が飽きて父ちゃんの背中がフリーになった時にようやく「しゅるっ」と背中に乗って来た息子。今日は、他の子の元気さに完全にのみこまれてしまった息子。

ああ、なんか、そういうのって、親としてはジンと来るなあ。ちゃんと見守っていくからな~。

スポンサーサイト

2015年06月29日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< 畑の様子&立野ダム学習会 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | にんまり >>












管理者にだけ公開する