運動会&ウーフについて考えてみた

9月27 日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、玉ねぎ、ジャガイモ、南瓜、ピーマン、間引き人参(葉)、オクラ、ニラ、春菊、レタス

(その他入る可能性のあるもの)
間引き水菜、間引き小松菜、間引き大根、ナス、キューリ、ツルムラサキ、空芯菜、ゴーヤ

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


今週も、夏野菜の収量が少なく、通常の半分くらいの量しか出荷できない状況です。発送スケジュールを調整のうえ、お休みのご連絡を個別にいたしております。0月の連休の頃には秋野菜がだいぶ出揃ってきて、通常の体制に戻せると思います。しばしの間、大変ご迷惑をおかけいたします。


新規のご注文は、10月中旬以降までお待ち頂いております。10月末には新米も出荷スタートの予定です。新米と合わせての、10月末からの野菜セットの新規定期購入のお申し込みやお試しのご注文も、お待ちしております。



野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずは
こちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


今週は、先週までと比べて、ちょっとずつ秋の野菜が入ってきます。

レタスや、

aaP9270105.jpg

春菊。

aaP9270115.jpg

人参も、早蒔きしたものは大きくなってきました。

aaP9270112.jpg

お届けできる野菜がなくてかなり厳しかった状況から、ちょっとずつ盛り返してきている感じです。よかったよかった~。

***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と農家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。

気がつけば、もう、9月も終わり。早いですねえ。

すっかり日の出は遅くなり、日没は早くなりました。まだまだやることは山のようにありますが、真夏のように忙しい時期はすっかり終わりました。充実感と、今年の場合は手が回らなかった敗北感とを感じています。それに、天候不順が続いたことにたいするいい意味での諦めの感覚も。

土作りが思うように間に合わず、生育がいまひとつのキャベツやブロッコリたち。

aaP9270113.jpg

まっ、しょうがないですね。それなりには、仕上がるでしょう。ちょっと小さめの球にはなるとは思いますが、霜にあたれば美味しくなります。


気持ちを切り替え、真冬に出荷する大根や菜っ葉の種をせっせとまいています。

aaIMG_5768.jpg


いろいろ事情があり、急遽チャボ小屋を増築しました。なんてことない小屋いじりなんですけど、ちょっとした大工仕事を経費をあまりかけずにさっさと行うのって、気持ちがよいです。男のアソビですね。うふふ。

aaP9270110.jpg


さて。昨日は息子の通う保育園の運動会でした。

去年は風邪で休んだので、初の運動会。かけっこでそれなりにちゃんと走っている息子の姿を見て、よくぞここまで成長した!と感じ入りました。

お弁当にも、ちょっとだけそれらしいことをしてみたり。

aaP9260019.jpg

10日弱いてくれたウーファーのタカちゃんも、一緒に見物。シルバーウィークで保育園がお休みの間、春人と遊んでくれて本当に助かりました。自営農家にとっては、大型連休ってけっこうきついんです(涙)。子供にとって有意義な時間となるようにアレコレしてあげたい気持ちはあるんですが、日々の作業をまわしていく必要はありますし、その両立に苦しむのであります・・・。たかちゃん、ありがとう。

aaP9260077.jpg


これまで3年半ほどの間、つわり中やお産前後の時期を除いて月にひとりくらいのゆったりペースでぼちぼちとウーファーさんの受け入れをしてきた椛島農園なのでありますが、今回のたかちゃんとの出会いはうちの家族にとっては新鮮な体験でした。

というのも、今まで日本人の方では基本的に「農業に興味がある」「就農も考えている」「これからの人生を模索している中で、ウーフで何らかのヒントをつかみたい」というタイプの方ばかりでした。いろいろ悩みながらこういう農業スタイルで暮らしている椛島農園だからこそ、そういう皆さんのお役にたてることがあるのではと思ってやってきました。

たかちゃんはいうなれば「ファームステイや温泉を楽しむバカンス」としてやってきました。日本人でははじめてのタイプでした。たかちゃんは、苦学生という貴重な体験を経て就職した会社で成功して、キャリアアップの転職も経験。充実の社会人生活を東京で送っているイケメン男子なのです。

農作業や子守の時間も新鮮な体験だったようで楽しんでくれました。草取りも頑張ってもらって助かりました。そして夕方からは毎日のように村内の温泉を駆け巡り、滞在中の一泊は別府と湯布院にまで足を伸ばしてこれまた温泉三昧。純粋にうちでの滞在を楽しんでくれている様子が伝わり、ホストとして素直にとても嬉しくなりました。

「あっ、これでいいだ。これでも、いいんだ。」と、はっと目が覚めた感覚をつかみました。今まで、「うちでの経験が来た人にとって役に立つものであるかどうか」を重視していたのだなあと気がついたのです。楽しんでもらえるかどうかが大事なのだという当たり前のことを理解しているようで理解していなかったのかもしれません。

この夏の農繫期の受け入れで、忙しすぎたのと産後のおっぱいリズム作りの最中であまりゆっくりウーファーさんと話ができなかったという経験もよい学びとなりました。その反省をいかしていこう、と夫婦で話し合っていた矢先のことだったのでよかったです。

たかちゃん、ほんと、ありがとー。

スポンサーサイト

2015年09月27日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< ローダー&ダム | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 小見出しいろいろ >>












管理者にだけ公開する