ローダー&ダム

10月4 日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、玉ねぎ、ジャガイモ、南瓜、ピーマン、間引き人参、オクラ、ニラ、レタス、九条長ネギ、サツマイモ、

(その他入る可能性のあるもの)
里芋、セロリ、水菜、ルッコラ、小松菜、チンゲンサイ、間引き大根【葉)、ナス、キューリ、ツルムラサキ、ゴーヤ、二十日大根、大豆

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


ぼちぼちと、お届けできる野菜の種類と量が増えてきました。予定していたものがうまく育たなかったりしてまだちょっときつい状態なのですが、それでもまあなんとかなってきました。今週いっぱいまではやや抑え目にして、来週からは通常体制にもどして出荷できそうです。



新規のご注文は、10月中旬以降までお待ち頂いております。10月末には新米も出荷スタートの予定です。新米と合わせての、10月末からの野菜セットの新規定期購入のお申し込みやお試しのご注文も、お待ちしております。



野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずは
こちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。




***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と農家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。

秋らしい天気が続いています。晴れの周期と、雨の周期がはっきりとした天気。気持ちがよい季節になりました。

田畑の様子。

先日、まるで台風のような強風の日があってだいぶ倒れかけましたがなんとかふんばった稲。色づいてきました。稲刈りは今月の20日過ぎになると思います。今月中には新米の発送をスタートできそうです。

aaPA030028.jpg

aaPA030020.jpg

今年新しく借りた畑に植えた里芋。思った以上に地力が無くてあまり大きくなりませんでした。葉っぱがこの調子では、芋もたいして入ってないとは思います。それでも、こんなこともあろうかと多めに植えておいたのでなんとかなるとは思うのですが・・・。

aaPA030025.jpg

玉ねぎの苗。

aaPA030022.jpg

11月に植え付けの予定です。真夏に、畝にビニールをかぶせて土の表面の雑草の種子を蒸し焼きにする「太陽熱処理」をしたので、雑草も生えてません。おかげでスクスク育ってます。

aaPA030007.jpg


今週は、エイっと勇気を出しました。フロントローダー(つきのトラクター)を買ったのです。ヤフオクで見つけてから現物を福岡まで見に行き、予想以上にきれいなものだったので、即購入。50万円の品です。

収入を考えるとなかなか大きな支出です。就農してからの、ダントツで一番大きな買い物となりました。とりあえず、購入記念に1枚パシャリ。おお、強いぞ、ローダー君、妻子が載ったくらい屁でもないようです。よっしゃあ。

aaPA040035.jpg

これで、仕事の幅がぐっと広がります。堆肥の材料となる籾殻を運んだり、堆肥の切り替えしをしたり、田畑の高いところの土を削って運んだりするのがぐっと楽になります。

鶏糞を小屋から出す作業もかなり速くできます。今まで人力では諦めていたことや、人力ですごい時間と筋力を使ってやっていたことがさくっと出来るようになるこの喜びといったら!

もう来年で40歳だし、就農10年目だし、そろそろローダーくらいあっていいでしょ、と思って奮発した次第です。それでも、新品ではなく製造から30年経っている中古品というところがうちらしいですけどね。

それでも、350時間しか使われてない品!なので、けっこうピカピカです。電子制御とかもない旧型機械なので、壊れるところもあまりないです。

まっ、心の中では、「勢いあまって中途半端な買い物しちゃったかなあ。どうせ長く使うならもうちょっと出して新品買ったほうがよかったのか!?」という気持ちと「いやいや、新品は身分不相応だ。ローダーは今は中古でもかなり高いし、この品、この価格ならよい買い物だ」という気持ちの間をちょっと不安げにいったりきたりしてるのでりますが(笑)。

大体、使っているうちにこういう不安は消えてしまうのがいつものパターンなので、よしとしましょう。というわけで、ローダー君にはあと最低20年は頑張ってもらおうっと。

ちなみに、椛島農園のトラクター事情はひどいことになってます。実はなんだかんだでこれで3台目のトラクターなのです。

3年目に10万円で買った30馬力のイセキのものは、多分40年近く前の製造のもので、しかも2駆なので畑専用。3年前にやはり10万円で譲ってもらった20年前位製造のヤンマーのものは、4駆で田んぼで使えるけどもかなり小ぶりな20馬力。20馬力だと、草を漉きこんだりするときにやっぱりちょっと力不足な感じがします。

そして今回の3台目はこれまた30年前のもので、かつ小型のもの。中古、中古、格安、格安、という感じで狙ってきたら、結果的に大手3社のものを一台ずつ所有するというわけのわからない状況になっちゃった。

もっと上手に買い物をする人なら、はっきりいって同じくらいの値段で一台ですんでます。ほんとに、何やってんだろうか(笑)



さて。今日は、たびたび紹介している立野ダムの現地見学&講演会に行ってきました。

午前は、ダム予定地の現地見学と、ダム上流の洪水対策遊水地の見学との2班に分かれて行動。午後は、講演とパネルディスカッション。参加者は170名ほど。盛況でした。

いろいろ書きたいことはあるのですが、うーん、今日は長々とは書きません。やめときます。最近グダグダと理屈っぽい文章になりがちなので、割愛っ!またの機会にします。

写真だけちょっと挙げておきます。

ダム予定地を見下ろせるポイントにて説明を受ける、の図。正面の鉄橋のすぐ先に、高さ90m、総工費1000億近いダムが出来る予定です。9年近く前、阿蘇にやってきたばかりの頃、時々散策して癒されていた川原がいまや立ち入り禁止の工事現場になってます。寂しいなあ。

aaPA040049.jpg

河岸にある、柱状節理。溶岩が凝固してできた岩です。ポロポロ崩れやすいです。おまけに、立野は断層が多い地帯です。崩れないようにするために、セメントと水を混ぜて練ったミルク状のものを岩盤に流しこむのだとか。なので、大きさの割には長い工期と高い工費がかかるそうです。

aaPA040080.jpg

aaPA040100.jpg

aaPA040098.jpg

地質学的にも貴重なこの場がダムの水によって損なわれるとしたら残念です。そして、この美しい眺めを次の世代に残したいものです。

先日の鬼怒川の堤防決壊でも明らかになりましたが、やっぱり治水対策の基本は堤防整備や河川改修などです。ダムがだめというわけではないけど、費用対効果が悪すぎたり、や生態系への影響が大きすぎたりする場合があります。

鬼怒川の上流のダムでは総貯水量から換算するとあと3割の余裕があったようです。ダムは満水になった時に一気に放水をすることでより下流域に危険が及びます。

なので、様子をみて3割の余裕を残しているうちに、下流でああいう惨事が起こってしまったということだそうです。それも、まさに「堤防工事をすすめたいけど間に合わなかった」という場所で。

地味~なテーマではありますが、ちょっとずつでも関心がある人が増えていって、反対の世論が大きくなるといいのだけど、と思ってます。

スポンサーサイト

2015年10月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< メリーゴーランド | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 運動会&ウーフについて考えてみた >>












管理者にだけ公開する