メリーゴーランド

10月11日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、玉ねぎ、ジャガイモ、ピーマン、セロリ、間引き人参、ニラ、レタス、九条長ネギ、里芋、サツマイモ、ルッコラ、間引き大根、

(その他入る可能性のあるもの)
南瓜、里芋、オクラ、水菜、小松菜、チンゲンサイ、間引きカブ、ナス、二十日大根、ターツァイ、春菊、

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


ようやく、今週から通常の出荷の状態に戻ります。2ヵ月近くの間、発送件数の調整にご協力を頂きましてありがとうございました。
感謝の気持ちをこめて、沢山の種類の野菜をバランスよく、ちょこっとずつ詰め合わせて「届いて開けたときにテンションが上がる」ような箱をお作りしてお届けいたしますね。


野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずは
こちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。




***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と農家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。

すっかり秋も深くなってきました。

aaPA100111.jpg


レタスはまさに旬。

aaPA120193.jpg

長ネギや大根。ようやく虫も少なくなる気温となり、大根もすくすく大きくなってます。

aaPA120181.jpg

さつまいもも掘り始めました。

aaPA120175.jpg

さつまいもは、掘り立てはあまり甘くなくしばらく寝かしておくとあまくなるとよく言われます。でんぷんが糖にかわっていき、甘みがますのです。先週も、まだ掘り立ての芋をセットに入れる際におたよりにその旨を書きました。

が!!!

その数日後に保育園で掘った芋を息子が持ち帰ってきました。「まっ、掘り立てだからそんなに美味しくないだろう」と思ってふかしてみたら・・・、

う、うまい!!

ショックでした(笑)。やるなあ、長陽保育園・・・。いろいろ聞いて調べてみたところ、品種選びや、ビニールマルチを使用しているかどうかということがポイントのようでした。

うちはマルチも使ってないですし、品種も紅アズマや安納芋。一般的には、1ヶ月位寝かしておかないと味が乗らないとされる品種です。年内に出荷する分にはマルチを使っていこうかなあと思案中です。またゴミが増えちゃうなあ。複雑なところです。



昨日は村の球技大会でした。打ち上げの最中に現れた光る物体。

aaPA110167.jpg

近所のアソカラさんが子供達のために用意したバギーカーです。

aaPA110159.jpg

他にも、こんなものもあったりして、



はしゃぐ息子。

aaPA110150.jpg

aaPA110149.jpg


大体うちと同じ位の時期に南阿蘇下田地区に移ってきたアソカラさん一家は、知る人ぞ知る有名な家族です。なにこれ珍百景などのテレビ番組にもよく出ています。正式な屋号は「阿蘇カラクリ研究所」。オーダーメイドでいろいろな機械を作っているかたわらで、子供が喜ぶような不思議なロボットをしょっちゅう作ってます。愉快なご近所さん。


ちなみに、上の写真のバギーに「私も乗る!」と妻のりこ。しかしながら、乗ったはいいが思いのほかグングン遠くにいってしまって帰って来ず、置いてけぼりの夫と息子と娘。

眠たさもあいまって、ぐずる子供ふたりに父ちゃんひとりはしんどい。こんな時はなんだかんだで母ちゃんの力がほしい。ああ、行ってしまったのりこ。そんな時、さっとどこからとなく手が伸びて誰かがダッコしてくれるありがたさといったら。みんな、自分の子供が小さかった時期を思い出して懐かしむかのようにうちの子たちの面倒をみてくれます。

「ほら、俺がだっこしたら泣き止んだぞ」
「なんいいよっと。あんたの顔見て泣き出しとるど」

と、酔っ払いつつも和やかな会話が続きます。

田舎の集落にはまだ「斜めの関係」や「地区の子供も自分の子供と同じように育て叱る」という文化がまだある程度残っているように思います。自分の子供がこうやって地区の大人たちに見守られながら大きくなっていくことに、なんともいえないありがたさを感じてます。

とにかく忙しい毎日だし、集団行動も飲み会も苦手な僕としては「楽しい楽しい」ばかりではありませんけどね(笑)。僕のそういう偏屈な個性もきちんと認めてもらえた上で「あいつ苦手なのにちゃんと来てるな」と地区の一員として受け入れてもらえていることがほんとーに何よりありがたいです。

ここが、息子や娘にとってのいいふるさとになるように、父ちゃん母ちゃんやれることやってくからな~。

それにしても。子供の感性には日々驚かされます。

昨日の言葉。「あかとんぼ、とんでるねー。あおいおそらにこんにちはー、ってしてるねー。」

たぶんどこかの絵本にあった言葉だと思うんですけど、ちゃんと使えてる。大人にはない発想だもんなあ。あっぱれだ。

スポンサーサイト

2015年10月12日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< 阿蘇くまもと空港&家族経営 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ローダー&ダム >>












管理者にだけ公開する