新米

10月26日(日)

新米のご案内です。


稲刈りが無事終わりました!新米のご注文、お待ちしております。

・ヒノヒカリ玄米 5kg 3000円
・ヒノヒカリ 白米 5kg 3300円

となります。送料などの詳細は、こちらをご覧下さい。

「毎月10キロほしい」等、通年出荷のご予約もお待ちしております。

今うちで増えているのは、「毎月1回、お米と卵と野菜のドーンと詰め合わせ定期便」のご注文。送料も割安で、月一回というのが気楽でいいし、日持ちする根菜が多めで忙しい暮らしにもフィット!とご好評を頂いております。

======================

作業前の、朝もやの田んぼ。

aaPA220057.jpg

バンバン刈り取り中。

aaPA250015.jpg

aaPA250022.jpg


椛島農園では、稲刈りは地区のライスセンターに委託しております。刈り取り→脱穀→乾燥→籾すり→選別、という工程に必要な機械を全部そろえて自分で行うのは、新規就農者にとってはやはりなかなかのハードルの高さです。

というわけで毎年「うちの順番まだかな~。いったん天気が崩れて長引いて稲刈り遅れたりしないかな~。」とやきもきしてしまうのですが、今年もなんとかよいタイミングで稲刈りをしていただけました。よかった~。


aaPA250046.jpg

aaPA250047.jpg


今年は、田んぼの面積も増えました。田植え前には地下水を汲み上げるポンプが壊れたりとトラブル続きで必死でした。ちゃんと稲刈りまでいけて嬉しいです。

「うちの米が一番うまい」

とは言いません。でも美味しいお米だと思います。品種はヒノヒカリ。コシヒカリに近い系統のお米ですが、さっぱりとしておかずの味を引き立ててくれるうまみがあります。うちの野菜とあわせて食べていただけたらなんだかほっこりしますねえ。

育苗から、田植え後も、収穫にいたるまで間、一切の農薬・化学肥料は使っていません。

肥料や堆肥に関しては、6枚ある田んぼによっていろいろなのですが、

・牛糞堆肥(南阿蘇村の堆肥センターのもの、または、近所の子牛農家さんのもの)
・米ぬかだけを元肥として散布
・何にもいれずに栽培

といった感じです。

水は、地下水を汲み上げた水をそのまま使用。世界の水不足の方々には申し訳ない限りですが、人が飲める美味しい水で育ててます。ありがたやありがたや。


少しだけ手持ちのバインダー(小さな刈り取り機械)でも刈って天日干しもしました。研修中のトシマ君の練習用ということで。やっぱ眺めとしてはこちらが和むなあ。

aaPA250013.jpg


ちなみに・・・、今年は天気が悪くて近所の方はみんな収量が少なかったようです。見た感じはうちはまあまあ良いかなあと思ってみたら、去年より田んぼの面積が15%くらい増えたのに、収量は変わらず。まあ、肥料もあまりいれなかったから、こんなもんかなあ。でもなあ、もうちょっとはとれると思ってたので悔しいなあ。

学生時代、テストで80点とって喜んでる子もいれば80点とって悔しがっている子もいましたよね。僕は、典型的後者。楽しく笑って生きていくためのセンスが足らない子供でしたが、そのまま不惑近くになってしまいました(笑)その辺の気質は変わりませんね。自己評価低いなあ、欲深いなあ、と我ながら感じ入ってます。

まだまだ勉強不足で知識や技術が足りない僕にいろいろ教えて下さった先輩農家の皆様、除草を手伝ってくれた皆様、めぐみを下さったお日様や大地や微生物たち。ポンプの修理や崩れた畦の補修をして下さった近所の方々。そして買い支えをしてくださっている皆様、そしていつも支えてくれる妻に感謝です。


今年も、お米が無事にとれました。

ありがとうございます~!




スポンサーサイト

2015年10月25日 お米 トラックバック:0 コメント:0

<< 手当たり次第に | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 阿蘇くまもと空港&家族経営 >>












管理者にだけ公開する