ラストフライト

11月29日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、玉ねぎ、人参、ジャガイモ、大根、南瓜、レタス、ターツァイ、わさび菜、ほうれん草、セロリ、下仁田ネギ、

(その他入る可能性のあるもの)
春菊、ルッコラ、里芋、さつまいも、キャベツ、白菜、カリフラワー、水菜、大浦ゴボウ、紅芯大根

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

新米とれました。野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

寒さにそれほど強くないレタス、セロリの露地ものはそろそろ収穫おしまいとなります。残り少し。ご賞味下さいね。

ジャガイモは、この先在庫がなくなるまで1月いっぱいか2月中ごろまで入ります。根菜類は、ジャガイモ、人参、玉ねぎ、大根は毎回入り、その他のサツマイモ、里芋、カブ、ゴボウのうち1~2種類入る、という感じでセットを組んでいきます。「コレは毎回ほしい」というリクエストがございましたらご連絡下さい。

紅芯大根を入れます。

aaPB300003.jpg

辛味が少なく、ほんのり甘みのある大根です。生のままサラダや浅漬けや甘酢漬けなどがオススメです。パリッとした食感と彩りを楽しめます。

***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。里芋について、餌の発酵について、高千穂観光&本の紹介。

ようやく、南阿蘇でもまともな霜が降りました。例年よりも1ヶ月遅れです。心待ちにしていた霜です。これで菜っ葉に甘みがでてきます。よかったよかった!

里芋の収穫をしています。

今年は、新しく借りた畑に植えてみたら、ひどい出来でした。チビ芋ばかりです。とはいえ、かなり多めに植えていたのでなんとか足りるかな、という感じです。お味は、いつもどおりに美味しく仕上がっているとは思います。

寒さで傷まないように、穴の中で貯蔵します。掘っては運び、掘っては運び・・・。

aaPB280006.jpg

一日で終わらないので、朝の霜で傷まないように古布団をかぶせながらの作業です。そして、穴の中に水がたまらないようにいったんやり始めたら雨が降る前に終わらせたい作業でもあります。空模様とにらめっこです。

最後に、あらかじめ運んでおいたこの葦(ヨシ)の枯れ草と土をかぶせて、温度&換気を確保します。

aaPB280009.jpg


最近のチャレンジ。

鶏の餌を、発酵させてからあげるように切り替えるべくいろいろ実験をしてます。

aaPB280016.jpg

発酵にはいろんな種類のものがあります。椛島農園でとりあえず試みているのは、こんな感じの発酵プロセスです。化学知識ミニマムの右脳的イメージですが。まだはじめたばかりでどうなるかは未知数ですが、うまくいくといいなあ。「それじゃあダメだよ」「こんなんもあるよ」という突っ込みもお待ちしております~。

①混ぜた餌に水分を加えて積み上げて山にして、好気性の発酵
       
     ↓ 麹菌で甘い臭いがしてくる
     ↓ 温度がじわじわ上がってくる

②混ぜ込んだ納豆の、納豆菌の力でグングン熱が上がる

     ↓ 麦の炭水化物が糖になる

③ポリバケツに小分けして、密封。温度がさがる

     ↓ 混ぜた豆乳やヨーグルトにいる乳酸菌が活躍
     ↓ PHが下がる。雑菌の繁殖を抑える

④混ぜこんだ酵母菌(とりあえずドライイースト使用)が働く。

     ↓ 他の微生物が分解した糖などをビタミン・ミネラル・
        アミノ酸などに合成。
     
そして、いったん上手に出来上がった飼料は何ヶ月も劣化することなく、むしろ熟成していくのだそうです。田畑の作業で忙しい農繫期には餌混ぜ作業がきつい時ってあります。もしうまくシステム化できれば、雨の日にボチボチ2ヵ月分の餌混ぜ、なんてことも可能になります。

そして浮いた時間を観察や研究という時間に当てていけると農業がもっともっと面白くなるだろうなあ、と感じてます。あちこち見に行ったりとか、大工仕事とか、いろいろ楽しいことにまわす時間も作れますし。小規模な家族経営ということで、ついつい効率化やシステム化の努力が後回しになってしまうのですが、それじゃあもったいない。てなことも日々感じてます。まっ、言うは易し行うは・・・。まずは普通に片付けをしなくちゃっ(苦笑)

発酵飼料を食べることで消化もよくなり、鶏舎の臭いも(ますます)無くなり、堆肥の質も向上すると思います。イメージとしては、鶏糞堆肥を畑に撒いたらそこから菌糸がほわーっと広がるイメージ。

aaPB280013.jpg

さて、うまくいきますかね~。



さて。ひさしぶりに家族でお出かけをしました。11月の末頃には2泊ぐらいしてどこか遠くに行こう。と夫婦で話していたのですが、なんだかんだでおっくうになり(笑)、すぐ近くの県境の高千穂へ日帰り。

今回は、なんとガイドさんつきの観光でした!。

ガイドさんとは、今年の研修生さんトシマ君の義父である工藤寛さん。生まれ故郷の高千穂に来るのならいろいろ案内しますよ、ということでお言葉に甘えました。工藤さんは、獣医さんという専門職で宮崎県職員を勤め上げる傍ら、長年宮崎の自然や文化を守り育てる活動を続けてこられた方です。この秋、本を出版されました。

aaPB300104.jpg
(アマゾンにリンクしてます)

太平洋戦争の終戦前後の8月、日本の戦闘機「隼」と米国の爆撃機「B29」が祖母山系の山中に相次いで墜落しました。険しい山中での事故ということもあり、その史実も時代の流れとともに風化しかけていた昭和の末のこと。故郷の山である祖母山をこよなく愛し登り続ける中で、墜落事故機の機体を偶然見つけ、そこから30年の時間をかけて埋もれた歴史を掘り起こしてきました。二機の死者を慰霊し、日米の絆をつないだ山の男の行脚の記録です。

と、話の流れで紹介させていただきましたが、僕もまだ読むのはこれからなんです(笑)。ほぼ一年中、出荷作業が続く多品目栽培農家は恐ろしく時間貧乏・・・。欲張って睡眠を削りすぎてはフラフラして今度は寝溜めして、の繰り返しの毎日です。積読ばかりがすすみます。パラパラと読ませていただきましたが、歴史好き、山好き、自然好き、人間好き、田舎が好き、という方のハートを揺さぶる話だと感じました。読むのが楽しみです。また後日感想を書きたいと思います。

工藤さんと仲間の方々が建立された、五ヶ所高原にある平和記念碑にて。

aaPB290035.jpg

aaPB290032.jpg

天岩戸神社、高千穂峡などの王道観光コースも満喫。

aaPB290079.jpg

aaPB290062.jpg

そして、「素敵な友人がいるので紹介しますよ」ということで連れていって頂いたのが、刈星窯さん。
6年前に高千穂の標高900mの山の中に移住してきて夫婦で陶芸をされている壷田和宏・亜矢さんご夫妻と子供達。信じられないくらいの絶景の山中での暮らし、あれこれセルフビルドな住まい、てんぷら油を漉して燃料として使うSVOカーのある暮らしなど、刺激を頂きました。

aaPB290049.jpg
(一緒にお写真を撮るのを忘れていたのでコレにて代用)

aaPB290046.jpg

壷田さん宅にあったしめ縄。ステキ!!高千穂式のしめ縄なんだそうです。




人付き合いの少ない暮らしではありますが、それなりにいろんな方とのご縁を頂き、お越しいただいたり邪魔したり、お話を伺う機会もあります。会えば会うほどに感じるのは、人ってそれぞれの個性があり、暮らしがあり、ジンセイがあるなあ、ということ。

最近我が家はとあることで悶々中。
そのうち報告いたします。
あ~、悶々(笑)

いい事もあるし、よくないこともあるし、人も自分も変わっていきます。
思い通りにいかないことも多いけど、まあ、なんとかなるでしょ。
背伸びはしないようにしよう。
考えても仕方なし。
体を動かしていこう。
よし、今日も明日も、ぼちぼちいきましょう~。

スポンサーサイト

2015年11月30日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< お相撲さん&イノシシ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 桃太郎から広がる考察 >>












管理者にだけ公開する