農繫期の前に

2月7日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、里芋、大根、かぶ、大浦ゴボウ、南瓜、ターツァイ、水菜、

(その他入る可能性のあるもの)
玉ねぎ、ほうれん草、長ネギ、からし菜、春菊、さつまいも、じゃがいも

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。ここのところ長々と書きすぎているので、今日はあっさりでいきます。農繫期の前に、いろいろ準備中です。

さてさて、節分も終わり立春となりました。まだ気温は低いですが、日差しは少しずつ春の雰囲気が出てきました。

ここ2年ほどの火山灰ですすけてしまった育苗ハウスのビニールも張り替え、春に向けて気分一新!

aaIMG_6070.jpg

踏み込み温床の上では、キャベツやレタスやブロッコリなどの苗が芽を出しています。収穫は4月から5月。しばしお待ち下さいね。

IaaMG_6051.jpg


農繫期にむけての用意もいろいろ始めました。

えひめAIも仕込みました。いつも流行から数年遅れて初めて手を出す我が家、我が農園。恥ずかしながら始めての仕込みです。

材料を並べて、

aaP2030002.jpg

ポリタンクに入れ込み、

aaP2030007.jpg

シャカシャカ振ります。

aaP2030016.jpg

発酵促進のためには、1週間程35度位の温度が必要、とあります。
鶏糞、籾殻、カツオ節、米ぬかを混ぜ合わせて作成中のボカシ肥料の熱を利用して保温。

aaP2040034.jpg

混ぜた直後は6程度だったphが、

aaP2030028.jpg

5日後に、4程度になってました。もうちょっと下がるらしいのですけど、4までしか測れない・・・。まあ大体完成かな。

aIMG_6047.jpg

出来たえひめAIを、ボカシ肥料作成の仕上げにつかったり、薄めて潅水に使ったり、葉面散布に使ったりと、今年はいろいろ試してみたいと思ってます。もちろん、お風呂や台所の掃除やトイレの臭い消しにも効果抜群。簡単にできます。

作り方、いろいろ説明は検索するといろいろ出てきますが、基本的なことはコチラにあります。

スポンサーサイト

2016年02月07日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

<< 落としどころ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | お出かけレポート >>












管理者にだけ公開する