本末転倒だけどニャンとかなる

3月20日(日)

ただ今、春の端境期のお休み中です。

一部の方を除き、定期購入の方への野菜セットの発送はお休みを頂いております。
また、単発/不定期ご注文の方への野菜セットの発送もお休みを頂いております。

お米や卵のご注文や、お米や卵多めの定期購入の方へのみお届けしております。
定期発送の本格再開および、単発/不定期ご注文はゴールデンウィーク後からとなります。
しばらくの間、お待たせいたします。


一応、今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、ほうれん草、大浦ゴボウ、菜の花、葉玉ねぎ(ネギ代わりに)

(その他入る可能性のあるもの)
春菊、サツマイモ、原木しいたけ、

これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

お米・卵につきましては3月4月もご注文承っております。また、お米・卵を送る際に「その時ある野菜もちょっとでもいいので一緒に送って」というご注文は承っております。

野菜と卵のセット、そしてお米についてのご案内はこちらのご案内(クリック下さい)をご覧下さい。5月以降のご注文、お待ち申し上げております。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。今日は長くなっちゃいました。支離滅裂書きなぐりです。タグ付けするなら、風邪、糖質ジャンキー、死に方、移住、卒論、野菜の苗、砂場、ニャンとかなる、てな感じでしょうか・・・。

先週から続いていた我が家の体調不良(胃腸風邪)もようやく落ち着きました。息子春人から母のりこにうつり、その結果のりこが4日間ほどまともに食べられずにおっぱいの出が悪くなるという始末に。娘菜月も下痢になり、離乳食は無理、おっぱいだけ欲しい、という状況で母ちゃんおっぱい出ず・・・。

その間、家事や育児もあり今週はなかなか仕事になりませんでした。こればっかしはしょうがないですもんね。そして数日経ってぼちぼちみんな回復した頃に、最後は父親である僕が39,5度の発熱でぶっ倒れてひと晩もがき、でも次の朝には見事回復、というおオオトリを飾り、風邪騒ぎ終了。なんてことない胃腸風邪でしたが、健康のありがたさを感じるよい機会でした。

そして、食べられないしんどさを紛らわせるためにのりこが借りてきた本が、話題の医師、内海聡さんの著書。

ダウンロード

今の日本人は食べ過ぎてる、と。糖質を取りすぎてる。カロリーは取っている割に、本当に体に必要なビタミンやミネラルは不足している。食品添加物などの「昔は無かったニセモノの食品」を大量にとっている。なので、健康寿命が伸びるような食事をしたければ、極端に言えば、食事の回数を減らして、食べる量を減らす。1日一食でもよい。

ざーっと目を通しただけですが、かいつまんでいうとそんな感じかな。のりこいわく、「この本、食べられない時にいい。気分がまぎれる」と(笑)。

内海医師の言葉の使い方は、強いです。さすが、売れている本です。レジュメみたいにパーッと読めて面白い。食生活を見直すきっかけに一度パラパラと目を通して損はないかなあと思う本でした。やっぱり竹を割ったような論理・主張・表現ほど分かりやすく伝わります。いったん全部信じたら、あとは極端であればあるほど読んでて気持ちよくなってくることってありますよね(笑)まっ、適度な批判精神やメディアリテラシーはいついかなる場合も持っていたいですが。

で、タイトルどおりに、僕も1日3食という習慣にはずっと疑問を抱いてました。農繫期と冬とでは運動量が全く違うし、食欲も全く違います。正直、夏は1日4食あってもいいし、冬は2食でも多いかなと思わないでもないです。「日本人は糖質ジャンキー」という過激な表現も、「ああ、俺のことだ」とドキリとしてしまいます。持病の副鼻腔炎の症状が出るのは、大体食べ過ぎの時なのです。

そして、そもそもの話になるんですが、最近の健康志向についてこうも思うんですよね。健康で長生きするということは、ジンセイの手段なんだろうか、目的なんだろうか、と。人によっては、健康で長生きをするよりもっと優先順位が高いことってありますよね。さらに突っ込んで考えてみると、どういう死に方がしたいんだろうか、と。どういう死に方がしたいかを考えると、生き方が見えてくるのかなあ、と思います。

そういう話はよく夫婦でするのですが、今のところ(あくまでも今のところ)理想は、こんな感じです。大変な失礼や、思慮の無さを自覚の上であえて書いてみます。あっ、もちろん、いろんな意味での役割を全うし、「思い残すことは無い。いつ死んでもいい」と思えるステージが仮に来れば、という前提の話ですが・・。

-------------------------

いろいろ死ぬ準備をして、あとは健康診断もボチボチにする。もちろん若いうちはしっかり検診を受けて、癌でも何でもすぐに見つけて早く治しきるが、そういうステージが来れば行かない。直接の死因は何でもいいんだけど、闘病期間としては1~2年くらいがいい。

1~2年かけて人生を振り返りながら、お世話になった方にお礼を伝えて、痛みの緩和だけはなんとかしながら、周りの人にありがとうと言えるような気持ちを作りながら死んでいきたい。となると、癌ということになるのでしょうか。

あと、僕としては、年をとっていたら山などで遭難死というのもいいかなあ、と。捜索が大変になるのは心苦しいので、すぐに見つかるようなところとか、滑落というのもいいのかも知れない。無くなったら、土に還ればそれでよし。

僕は霊魂の存在は体感したことがないので分からないけど、自分が体感してないということはその存在を否定する理由には決してならないし、そういう意味で、必要とする方がいる状況であれば、お墓は作りたい。でもあんまり長持ちするお墓よりかはある程度で土に還るようなお墓であればいいなあ。

------------------

てな感じです。で、こうやって死をイメージすると、毎日をどうやって生きようか、なんてちょっとコウショウなことを考えちゃったりするわけです。

そして言葉に出来るような具体的な答えというものは年々変わっていくのであり、あまりそこにとらわれるものでもないかなあと感じてます。それよりも大事なのは、とにかく、毎日、その時に、できる範囲でできることをやる、ということに尽きますよね。

そんなわけで、日々、淡々と暮らしを営んでおります。

以下、あっさりといきます。うーん、なんでただの胃腸風邪の話からこんな冗長書きなぐりモードになってしまったんだろうか(苦笑)


踏み込み温床の様子。トマト、茄子、ピーマンなど、順調に発芽しました。

aaP3170012.jpg

芽が出たかぼちゃの苗を、大きめのポットに移植中のトシマ君。

aaP3170021.jpg

早出しようの枝豆の苗。

aaP3170009.jpg


九州大学の芸術工学部の藤田ゼミの皆さんが訪れてくれました。

aaIMG_6083.jpg

この春卒業の村田さんが挑んだ卒論のテーマは「中山間地域における空き家及び移住の実態に関する事例研究」。わが南阿蘇村の長陽地区をそのフィールドワークのエリアとして何度も当地に滞在して調査を行っておられました。

このたび、無事に卒論の発表も終わり、卒業も決まり、その報告と御礼を兼ねて南阿蘇村でのリサーチでお世話になった方々への挨拶の一環でうちにも再訪してくださったという次第なのでありました。

aaIMG_6090.jpg

家の中が胃腸風邪ウイルスで充満してそうだったので、外にてミニプレゼン。リサーチを経ての考察から政策提言までを、論文という従来の形に加えて、写真にあるようなプレゼン資料や「移住希望者向けパンフレットの試作」という形でのアウトプット。おお、さすが芸術工学部の学生さん!よくぞこんなにまとめたなあ、と百姓椛島はすっかり感心しきりでした。



さて。誰にでも日々の課題というものがあると思います。僕の課題の一つは、子供の遊び。相変わらず、子供のペースに付き合って一緒に遊んであげるのは苦手です(苦笑)。というのもあってか、家にいるとつい仕事をしてしまい、ちょこちょことした時間でしか子供の遊びに付き合ってあげないダメ父ちゃんな僕であります。はぁ~、なんかへこむわぁ。

どっかに出かけた場合はしっかり遊びに付き合って、自分で言うのも何ですがけっこういい父ちゃんだと思うのですが(笑)。家にいるととにかく細切れ時間でしか遊びに付き合いきれないんですよね。ああ、情けない。ん、いやいや、そんなぼやきを言っててもしょうがない、よっしゃ、できる時にできる事をやるぞ、というわけで、今日は思いつきで「砂場」の作成。

とはいえ、けっこうなやっつけ仕事モード。

aaIMG_6141.jpg

いかに簡単に、早く、安く、安全に、仕上げるか。そして見栄えはそこそこでいいや、といういつものモードです。

aaIMG_6149.jpg

一応、水盛チューブで水平だけは出しましたが、細かい手違いもあり、分かる人が見たら「お、今日もやっつけてるねえ」と分かる仕事。で、やっつけ仕事はいかんなあ、と結局反省。これまた、いつもどおり(笑)

aaIMG_6150.jpg

まっ、いいや。とりあえず、春人と、菜月が砂遊びに飽きるまでのあと数年間だけ持てばいいからね。

aaIMG_6138.jpg

アレコレと忙しく手が止まってしまい、今日中に完成できず。ああ、予定どおりに終わらないというこのフラストレーション。やはり農繫期になってきて、ちょっと焦りが出てきてるのかなあ。いやいや、だからこそ、あえて、こういうことやんないとね。ワークライフバランスですねえ、ワークライフバランス。まっ、ぼちぼちいきましょ。

ほんとに、子育ってって、手がかかりますね。

息子は相変わらずナイーブボーイで、親業の大変さと喜びを味合わせてくれております。

「えっ、ちょっと注意しただけじゃない、それも優しく。そこで泣くの?そこで地面に突っ伏すの?そこでキレるの?」というポイントでめったやたらと大げさなリアクションをとってくる息子に親としてはついつい心配してしまいます。

それでも、

aaIMG_6095.jpg

「父ちゃんの手伝いする!」と言って、夢中になって椎茸の菌の駒打ちをする彼の姿を見てると、成長っぷりにジーンと来ます。おお、これって、一応戦力になってんじゃない!?(親ばかすみません。)

といっても、もちろん3歳2ヵ月児の集中力はたかがしれてますので、すぐ飽きましたけどね。

砂場を作っていても、これだけはどうしてもきちんと大人の手でやりたいという大事な作業のポイントで息子が「一緒やる」と言い出して「ちょっとまっててな。そうだ、あっちで遊んできたら」とかなんとか言うと「うわーん」と泣き出し、「あれ、何のために作ってんだっけ?子供が喜ぶためじゃなかったっけ??」ということに・・・(笑)。これぞまさに本末転倒!


あっ、しいたけについて。ちなみに、こういうコマを、クヌギの木にほがした穴に打ち込んでいくわけです。今打ち込んでいるもので、収穫開始は来年の秋です。

aaIMG_6110.jpg


いやー、日々の暮らしで、いろいろ感じることはありますね。思うこと、書きたいことはこの何倍もありますが、まとまらないのでやめときます。最後にひとつ、

aaP3170008.jpg

人生はニャンとかなる!
毎日、できることをやってくしかニャイのだ!


(って、どこかの本のそのまんま引用ですよね。すみませんっ!)

と、書いて、特に何かさしせまった課題で困っているわけではないのになんで俺はこんなに焦ってんだ?と自分を客観視(笑)あれもやりたい、これもやりたいと焦ってるんだね。欲ですね、欲。一言で言うと。ああ、人間って、欲深いなあ。

スポンサーサイト

2016年03月21日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< テンション上がる | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ゴミを考える >>












管理者にだけ公開する