ミジンコ

5月8日(日)

野菜の定期購入の皆様へ

お待たせいたせました。九州、関西への発送は今週から再開いたします。中身は、大根、小松菜、カブ、間引き人参葉、キャベツ、新玉ねぎなど、菜っ葉中心の春野菜です。

九州、関西より東のエリアのお届けは、現在準備中です。関東へのお届けは、一部の方をのぞいて「翌日着」でしたが、当面の間は「翌々日着」になります。ただ現状ではさらに遅れる可能性があるということです。「はたして実際に何日で着くのか」を確認するために試験的に発送をしてみて、問題なく翌々日につくことが確認取れ次第、発送スケジュールを組んでご連絡さしあげますね。

なお、地震の影響で夏野菜の植え付け作業などが遅れてしまっています。発送再開の後には、農作業自体にあてる時間の確保がもっと厳しくなるので、そういった事情もふまえて発送再開が遅くなる可能性もあります。

今植え付けをしないと夏と秋の収穫が出来ないし、今まさに食べごろな春野菜もお届けしたい・・・。悩ましい状況です。


野菜と卵のセット、そしてお米についてのご案内はこちらのご案内(クリック下さい)をご覧下さい。5月以降のご注文、お待ち申し上げております。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ちょっとずつホームページ的な内容の記事を書いてアップして、この欄にリンクを並べていってます。お付き合いいただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。

地震発生から3週間が過ぎました。面白いものです。最初は無意識のうちにアドレナリンをだして混乱に対処していたのでしょう。時間が経ち、アドレナリン切れを痛感しています。本当にありがたいことに保育園も動き出し、夫婦と1歳になったばかりの菜月と3人で昼ごはんを食べる時、気がつけばなんだかドンヨリ・・・。

とはいえ、やらなくれはならないことは山積み。困った、どうしよう。という絶妙なタイミングで立て続けで何人もの友人知人達が遠方からわざわざ駆けつけてくれました。地震後に坐骨神経痛が悪化して静養していたトシマ君も、まだ本調子ではないけど復活。ようやく納屋の片付けが終わり、遅れている農作業も少しめどがついてきました。本当に、感謝です。

農作業をしていると、いろんなことを考えてしまいます。グルグルグルグル、これでもかという位に繰り返される自問自答。

そもそも、農作業なんかしてていいのだろうか・・・。

うちの被害はたいしたことないのだし、瓦礫の片付けなどのボランティアにでもいったほうがいいのではないか・・・。

いやいや、とはいえ地震後しばらくは消防団などでかなり時間を使ったし、今は目の前の農作業優先だろう。できる人が先陣をきって自分の仕事をやってくのも大事だ・・・。

でも、家が住めなくなった友人がいる中で、サツマイモの畝たてなどしてる場合か・・・。



そうやって、いろんな段取りから逃げるように、淡々と農作業をしています。いや、「逃げるように」ではなく、完全に逃げてます。復興支援で熊本にはいってくれたNPOの方が集まる場に声をかけて話を聞く場にも声をかけてもらったりしたのですが、行く元気や余裕もなく、誘ってもらった方にも申し訳なく・・・。

なんだろう、ある意味で、消化しきれない情報をいれないような防御機能みたいなものが働いているのかな。ああ、小さい、弱い、ミジンコのような人間だなあ、オレは。情けない。いや、情けないと思うのは自分への期待が大きすぎるのだ。ありのままの自分を受け入れよう。と、言葉がメリーゴーランドのように頭の中を駆け巡るのであります。

「ああ、本当にちっちゃな人間だよ、オレは」と」と嫁に愚痴ると、「あはは、私もいっしょ!。」と大口をあけ鼻をひくひくさせて笑う。ここのへんのダメッぷりが夫婦一緒で情けないけどこういう時には救われる。のりこも布団にはびこってしまったダニの処置などにやっきになっている様子。

生活環境を整えるのに頭がいっているみたい。巣を整えようとするのは女性の本能なのかな。まっ、ダニが地震と関係あるかどうかはわからないけど(笑)。とにかく彼女も僕と同じ。アドレナリンが切れて、無駄な動きばかりしてます。いろんな段取りに疲れて、淡々と考えなくていいことを欲しているのでしょう。



ひとつ、悲しいお知らせ。飼い猫のしょうちゃんが亡くなりました。

のりこの姉の旦那さんの友人が東京で飼っていた

そこから、のりこの姉の旦那さんの住んでいたシェアハウスにつれてきた

のりこの姉の旦那さんが結婚後に熊本の玉名につれてきた

玉名から阿蘇にのりこがつれてきた

いろいろ事情があってこんな感じの引越し続きの生涯で、人ではなく家になじむという猫にとっては結果的に申し訳ない飼い方となってしまいました。最後は腎臓が悪くなり、いつまでもつかなあと話していた矢先でした。地震によるストレスでとどめを刺された感じです。

年齢も詳しくは分からずままで、多分享年13歳~15歳くらいかな。庭の白木蓮の脇に埋めました。しょうちゃんの体は白木蓮の細胞のもととなるのです。来年、白木蓮の花がもっときれいに咲くことでしょう。それで、いいのだと、思います。


ほんとに、いろいろあるけど、生きてる証拠だなあ。子供たちは元気だし、いっか。ちっちゃな、ミジンコな自分達を認めたら気持ちが楽になります。ミジンコも、きっと生態系の中で必要な存在なんだと思います。物質はぐるぐるまわってくし、僕の身体のなかでいのちが生きていく。

まあ、そういう物差しで熊本を見てみると、ちょっと気持ちが楽になるかもなあ。よし、背伸びはやめよう、ミジンコ万歳だ。明日も、嫁が大口をあけて笑えるようにミジンコはミジンコらしく生きていこうっと。

一歩一歩!


スポンサーサイト

2016年05月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

<< スコップ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 一歩一歩 >>

また寄ります。
元気にひとつひとつこなしていきましょう、お互いにね。

2016年05月14日 久保田 URL 編集












管理者にだけ公開する