7月17日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、玉ねぎ、人参、ナス、ピーマン、トマト類(大玉トマト、ミディトマト、ミニトマト)、かぼちゃ、

(その他入る可能性のあるもの)
キューリ、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、バジル、オオバ、インゲン、オクラ、ゴーヤ、セロリ、キャベツ、

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

少しずつ、通常の発送件数、リズムにもどせてきました。今週もまだ少しお休みを頂きますが、いい感じになってきました。嬉しいです。しかしながら、通常態勢にはあともう一息といったところです。引き続き、出荷件数の調整のうえお休みをお願いするお客様にはご迷惑をおかけいたします。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、本題ブログ記事となります。今日のお題も、田んぼ、です。

梅雨の後半らしい天気が続いています。何日も続く大雨であったり、曇天の下での急な雷雨であったり、はたまた時折顔を見せてくれるお日様の強烈な日差しであったり・・・。でも、もうそろそろ梅雨明けという雰囲気になってきました。

実を言うとここのところ、どうにもこうにも気分が上がらないプチ鬱状態でした。生活に支障がでるレベルではないのですが、明らかにネガティブな発想しか頭に浮かばず、困ってました。

それでも、自分の感情は切り離して「淡々と作業をこなしていきながら」気持ちが変わるのを待つしかないな、といつもどおりに感じるのであります。

幸いにも、懸案事項がこの1週間でいくつか片付き(始め)、ちょっと気が楽になってきました。

大雨の中、借りてきたトラックで鶏の餌の主材料である麦を県北まで買いつけに行き、プラスチックドラム缶に貯蔵しました。約4トンの麦がドラム缶の中に無事入りました。

aaIMG_7822.jpg

畑仕事もすすめてます。

お盆前に種をまく人参の土作りと雑草対策のためのビニールマルチ張りを終わらせたり、

aaIMG_7940.jpg
(中熟堆肥と米ぬかで善玉微生物を繁殖させ、太陽熱で表層の雑草の種を蒸し焼きにしてしまいます)


秋かぼちゃの植え付けを終わらせたり、

aaIMG_7936.jpg
(今年はマルチ無し、高畝、でいってみました)

畑に入れないときは、ひたすら、

aaIMG_7811.jpg

田んぼの草取りです。

除草剤を使わないお米作りにおいては、全国各地でたくさんの方がいろんな方法で創意工夫をこらして雑草対策を考えて実践しておられます。その地域ごと、土地ごと、農家ごと、田んぼごとに条件は異なります。うちの場合は、主に「チェーン除草」「機械除草」「手取り除草」の組み合わせでやってます。

でこぼこがないように田を平らに均し、きちんと水を張り続け、なおかつベストなタイミングで

aaIMG_7793.jpg

チェーンを引っ張って歩くと、おもしろいように、

aaIMG_7787.jpg

生え始めた雑草が取れます。しかし、「稲を傷めずに雑草だけとる」というヒヤヒヤスレスレのタイミングを狙うのは本当に難しいものがあります。

とにかく、草を生やさないために一番大事なのは「深く水を張る」ことです。今年は、大雨で畦が崩れたり、逆にその反動で雨のたびにビビッて水位を落としすぎたり、はたまた指の怪我をして水位の管理がおざなりになったりで、気がついたら、

aaIMG_7821.jpg

こんな状態に・・・。それを、人海戦術でひたすら手で草を抜き取って、邪魔にならないように畦に放り投げ、

aaIMG_7820.jpg

この位にまでもっていき、さらに、

aaIMG_7781.jpg

この中耕除草機で仕上げる、という一連の作業をやってます。

本当にありがたいことに、いろいろご縁があって、人海戦術パワーを賜り、なんとか除草の目処がついてきました。


旅人ジンセイを謳歌しているウーファー、オサム君や、1日研修できてくれたオータさん。

aaIMG_7818.jpg

東京から来てくれた大学の先輩サワダさん。もう長いこと、20年近くご無沙汰していましたが、地震が再びつないでくれました。子守も快く引き受けてくれ、本当に大助かりです。

aaIMG_7905.jpg

「熊本に一緒にダイエット旅行にいこう」という澤田さんのお誘いにのって(笑)、わざわざ熊本にボランティアに来てくださった、澤田さんの会社の後輩であるYさんにも、草取りを頑張っていただきました。本当に、ありがとうございます。

aaIMG_7913.jpg



てなことを書いていると「気分もすっきり順調」という雰囲気がしないでもないですが、やっぱり気分はいまひとつ。今年は、やっぱり地震の影響も大きく、こんな状況で例年にもまして「農作業」しかしてないといっていい農繁期。明らかにワークライフバランスが崩れるなあ、と自覚。農業と離れたことでの知的好奇心がすっかり閉じ気味に。センスオブワンダー枯渇中。そしてなにより、子供に手がかかる時期でもあるし、いろんな体験をさせてあげたいと思うのですが、これだけ仕事ばかりしてると現実にはなかなか難しいなあ、と凹んでいます。

というわけで、

よっしゃ。

梅雨があけたらみんなで海に行こう。ずるずると用事や仕事が入り、結局行けなくなるのが目に見えてるから、梅雨があけて晴れたら保育園休んでいこう。その日は、農作業ほっといて行こう。子供たちにとっては、ジンセイ初の海水浴だぞ。だから、もうちょっと待っててな。とりあえず今日は草を取るのだ。


ということを免罪符か、はたまた呪文のように唱え、今日も田んぼに入るのであります。


夫婦ミーティングでは、いつも堂々巡り・・・。どうも僕が「家族のために必死に仕事してくれているのは十二分にわかるのだけど、それ以上に単に仕事が面白いのと、仕事をしてないと落ち着かないからしてるように見える」ということを指摘され、けっこうドキリ(笑)。僕は僕で、「もうちょっと外の現場のことをわかってくれるといいのだけど」と、現状では難しいことを勇気を持って伝えたみたり・・。今日も悩める自営業者の暮らしなのであります。農繁期はこういう苦しさが繰り返されるなあ・・・。

とはいえ、とりあえずできる事をば。せめて、こういう環境だからこその何かが出来ないものかと子を田に誘ってみると、

aaIMG_7837.jpg

それなりになんだか楽しそうにしてくれるので、救われる気がします。なにやら、生き物探しに夢中の様子。

得意げに見せてくれました。

aaIMG_7826.jpg

「お父さん、見てごらん。カエルがオタマジャクシになってる途中だよ」と。

惜しいぞ、息子。逆だよ、逆(笑)。

娘も、泥の感触を楽しんではいましたが、さほど気分は乗らなかったみたいで・・。

aaIMG_7867.jpg



昨晩は、四国に嫁いだ友達が阿蘇見舞いに帰ってきてくれて、何家族か集まってご飯会。その場で盛り上がったのが・・・、

aaIMG_7932.jpg

セミの羽化の観察会。

ワイのワイの見ていたら、足場であるざるをガタンと揺らしてしまい、落っこちてしまいました。どうなることかとヒヤヒヤしながら見ていたら、なんとか羽化してくれて、朝には

aaIMG_7934.jpg

立派なアブラゼミに。

子供たちも食い入るように観察していました。まっ、さすがに長くて途中で飽きてましたけど(笑)





こういうのが大事なんだなあ、きっと。幼虫を見つけて持ってきてくれたカゲさん、ありがとう。



はい、そんなこんなで毎日生きています。いろいろ波はあります。課題を抱えつつも一歩一歩。なんだかすっきりしない気分ですが、それも夏空が吹き飛ばしてくれるといいなあ。

スポンサーサイト

2016年07月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 家訓 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 七夕米と、納豆米 >>












管理者にだけ公開する