稲の花&農業ボランティア

8月22日(月)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、ナス、ピーマン、ゴーヤ、キューリ、かぼちゃ、オクラ、

(その他入る可能性のあるもの)
トマト類(大玉トマト、ミディトマト、ミニトマト)、ニラ、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、バジル、オオバ、にんにく、

「これははずして。これは沢山入れて」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


お知らせです。地震で発送をお休みしていた影響もあり、今年はお米の在庫に余裕があります。玄米保冷庫、および籾での貯蔵をしており、フレッシュな状態のお米を夏でも味わっていただけます。ご注文、お待ちしております。



野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。田んぼの様子や、近所へのお出かけの様子などなど。今日は久しぶりに長め。写真たくさん、文章あっさりです。



いやはや・・・、暑いですね。ほんとに、暑い・・・。悲しいけど、それ以外の表現が出てきません。ただただ、暑い・・・。雨もあいかわらずほとんど降りません。がまんどころです。

この酷暑の中、農業ボランティアの方が畑の手伝いに来てくださいました。

梅雨の大雨・・・。川が溢れ、流木や泥がサツマイモの畑に流れ込んでしまいました。2ヵ月前のことです。

aaIMG_7669.jpg
(6月、大雨直後の様子)

これはもうだめかな、と半ば諦めていたのですが、サツマイモは本当に強いですね。1/3くらいの芋は駄目になりましたが、残り2/3は見事に復活。ただ、細かな流木がどうしようもにくらいに入り込み、泥も

aaIMG_8421.jpg

こんな感じで畝間で固まってしまいました。たまたま今年は実験で畝間もマルチで覆う全面マルチ栽培を試みていたところでこの状況に。泥をとらなければマルチもはがせずに、収穫はおろか片付けのためのトラクターがけすらできません。うーん、これは人手をかけてどうにかしなくちゃどうにもならん、と困っていたところ、

近所の方が、RQ九州という、宮崎のボランティアセンターを紹介してつないで下さり、先週8名の方が着てくださいました。

さつまいものつるをどかして流木を集めて燃やし、泥をかき集めてもらいました。

aaIMG_8420.jpg

aaIMG_8423.jpg

それにしても、まー、暑かったです。農家はこの時期早朝から動いて、昼間のあつい時間は休むなりあまり体力を使わない仕事をするなりの工夫をして体力消耗を防ぎます。しかし、どうしても時間を決めて動かざるを得ないボランティアの方々は酷暑の中での作業となります。僕も、申し訳なくて一緒に動きましたが、久しぶりに真昼の酷暑の折に体力を使う作業をしたので疲れました。みなさまに、本当に感謝です。

来て下さった方の職業は、大学の先生や、学生さん、林業の方、などなど。お住まいは、四国、東京、熊本市内、などなど。地震後ずっと泊り込んでボランティア活動を続けておられる方もいらっしゃれば、会社の夏休みを使って来られたという方も。あまり時間はありませんでしたが、ボランティアの方々とのお話も楽しかったです。みなさま、お世話になりました。ありがとうございます!

そうそう、東京の女子学生さんが、半ズボンで作業して草負けして足が痛いとのことで、のりこのモンペをお貸ししました。お連れのご友人の女子学生さんと2人で「うゎ、似合う、かわいー」「ほんとー、うれしー。モンペちょー楽チン。気持ちいーよ」と楽しそうでした。なんだかほっこり嬉しいよい光景でありました。

ちなみにRQ九州は、宮崎県五ヶ瀬町のNPO五ヶ瀬自然学校のメンバーが運営母体だそうです。地震直後から10日間ほどお世話になった避難所である小学校に、さいしょに駆けつけてくれて物資を届けてくれたのも五ヶ瀬の皆様でした。本当に、ありがとうございます。




稲の花が咲いています。

aaIMG_8469.jpg

この時期は、草取りなどで田んぼに入らずにそっと見守ります。そして、受粉がうまくいくように雨風が来ないようにそっと祈ります。

朝の光を浴びる小さな生き物たち。

シオカラトンボのメス。

aaIMG_8470.jpg

クロウリハムシ。稲の花か、花粉をお食事中でしょうか。

aaIMG_8447.jpg


→と、のんきなことを書いてみましたが、庭先のカラスウリの葉っぱを食べているクロウリハムシをみて、「あっ、大きさが全然違う。稲についてたのは違うハムシだ。そもそも、ウリハムシは大体は瓜科の葉っぱしか食べないし」と気付きました。調べてみると、「イネクビボソハムシ」というイネの害虫に似ている・・・。でも、シルエットがちょっと太くて違うような・・・。うーん、正体が分かりませぬ。


(多分)アジアイトトンボのメス。脱皮途中の蜘蛛を捕らえて食べています。

aaIMG_8452.jpg


田んぼから家への小路にて。

オオバコの花満開。

aaIMG_8444.jpg

トリノフンダマシ。

aaIMG_8437.jpg


蜘蛛の仲間です。鳥の糞に似た姿をとることで、鳥から食べられることを防ぎます。進化恐るべし!。夜には網を張って他の蜘蛛と同じように餌となる虫を捕まえます。


木登りをするホモサピエンスの子供。

aaIMG_8496.jpg

急に「登ること」に目覚め、庭の柿の木やら納屋の屋根にのぼりまくってます。

aaIMG_8486.jpg

親はヒヤヒヤしますけどね(笑)




地震から4ヶ月が経ち、地震直後とは違った形で全国各地からいろいろな形のご支援を熊本に頂いています。日本財団の助成をうけて一昨日名古屋から南阿蘇に公演に来て下さったのは、

aaIMG_8512.jpg

プレジャーBの皆さん。海外公演もされるほどの有名なグループのメンバーが着てくださっての無料公演。観客を巻き込んでのあたたかなパフォーマンス、圧巻でした。

aaIMG_8520.jpg
(ひとりステージに取り残される(笑)、の図)

記念撮影。

aaIMG_8525.jpg

aaIMG_8526.jpg
(はいはい、そのまま、もう一枚。と言われるがままにパシャリ。
なんとカツラじゃなくて地毛でした!・笑)

最後に。

南阿蘇の夏の風物詩。風鎮祭。

目玉の「にわか」。コントです。

aaIMG_8536.jpg

ステージも衣装も何もかも地区の人たちによる手作り。にわかの出来を競い合います。

aaIMG_8544.jpg

はやりの芸人さんたちのコントのような分かりやすい面白さはないですが、なんというか、ほっこりするような面白さと温かさが場に充ちます。落語の雰囲気にちょっと近いかなあ。去年は行けなかったので、2年ぶりのにわか。やっぱりいいものだなあ。

これもまたあっぱれです。

aaIMG_8528.jpg

日用雑貨をつかってのオブジェ。地区ごとに作って競り合うというのだからすごいなあ。




暑い、暑い・・・・。それでも、朝晩は確かに涼しくなってきました。横になる時は暑くて扇風機をつけて蚊帳の中にもぐりこみ、毛布も何もうっぱがして寝付きます。朝は寒くて目が覚めます。喉の痛みを感じながら「こりゃいかんっ」と毛布にくるまります。そんなことを毎日繰り返す季節。気がつけば風邪気味に。まあ、これもまた季節の風物詩。


皆様も、ご体調管理に気をつけてお過ごし下さいね。お風邪など召されませぬように~。

スポンサーサイト

2016年08月22日 お米 トラックバック:0 コメント:0

<< パンダ銭湯 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 夏はサバイバル >>












管理者にだけ公開する