南畑に涙する

10月2日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、ピーマン、ニラ、長ネギ、四角豆、間引き人参葉、

(その他入る可能性のあるもの)
ナス、オクラ、つるむらさき、にんにく、間引き大根、かぼちゃ、いんげん、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。


秋の端境期に入ってしまいました。夏野菜はくたびれてきて、なおかつ秋野菜はまだ仕上がっておらず・・・。そんな期間です。10月半ばにかけて、箱数を減らしての出荷をいたします。まことに申し訳ありがませんが、発送スケジュールを調整のうえ「今週(来週)お休みを下さい」のご連絡をさしあげますね。急な連絡となってしまう場合もあります。ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。



稲刈りと、新米のお届けまであと3週間ちょっととなりました。いい具合に、昨年のお米の在庫がちょうどなくなりそうです。感謝申し上げます。まだもうだけ少し余裕があります。ご注文、お待ちしております。


野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


なお、今現在は野菜の種類や量が少ない時期です。単発のセットご注文、定期購入の新規お申し込みは今月半ば以降までお待ちくださいますようにお願い申し上げます。

***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。


ひどい!!!!!!!

ひどい、暑さです。10月に入ったというのに、今日の日中は30度を超えました。そしてすごい湿気。そしてまた台風接近中。うーん、うーん、厳しい・・・・。

9月中旬では、西日本~東日本ではかなりの日照不足でした。関東の一部の地域では、この60年ほどの観測史上で最小だったとか。そして福岡では9月の降水量が観測史上2番めだったとか。昨日今日の気温は、各地で10月の最高記録を更新したのだとか。うーん、うーん、やっぱり厳しい・・・。

というわけで、影響をもろにうけて、涙がでそうな状況になってます。

水はけが悪い「南畑」。白菜やキャベツやブロッコリを植えてます。

aaIMG_9137.jpg

白菜はこんな感じに。

aaIMG_9115.jpg

ダイコンサルハムシや、

aaIMG_9141.jpg

キスジノミハムシが、

aaIMG_9102.jpg

大発生中。ちなみに日本には「○○ハムシ」と呼ばれる仲間のハムシが500種類いるそうです。イタドリハムシ、ヤナギハムシ、ウリハムシ、etc・・・。それぞれ食べる植物が違います。競合しないように進化するという生存戦略。人間にとってもハムシの戦略は見習うべきものがあります。

って、感心してる場合ではありません。ひたすらに、ダイコンサルハムシを潰します。潰して潰して潰します。すまん、本当に。ごめん、本当に。この10日くらいで軽く1000匹以上はは潰しました。

この南畑に限らず、いまうちのアブラナ科秋冬野菜の一番の課題がこのダイコンサルハムシです。おそらく、昔は阿蘇にはあまりいなかったムシです。なぜなら、寒くて越冬できなかったから。ところが、温暖化で成虫が越冬できるようになり、数がガンガン増えてると思われます。防虫ネットをしても、太陽熱養生処理をしても、結局土の中からポコポコと湧いてくるように出てきます。

だとしたら、ムシが食べたくなくなるような野菜にしていくしかないです。窒素肥料を控えめにして、しっかりと光合成をしてもらい、炭水化物を作る。炭水化物で丈夫な繊維を作り、ムシが細胞の液を吸いにくくする。てな感じの理屈です。

そしてその大前提となるのが、水はけです。根っこが呼吸をできないと、光合成をしようにもその活動エネルギーが得られません。この南畑、水はけが悪いのでかなり高畝にしたのですが、それでもまだこの天気のもとでは甘かったようです。根がふやけて萎んでいく「根腐れ」の白菜も多発しました。ムシがつくから元気が無くなるのではなく、根っこが酸素を吸えずに元気がなくなるからムシがくる、という因果関係なのです。

畑の面積が足りずに、家のすぐすぐ近くなのでつい借りてしまった畑なのですが、もとは田んぼ。しかも、地下水位が高く土が乾きにくいいわゆる湿田。畑として使うには、かなり手をかけて溝を掘ったりしないと無理みたいです。

と、わかってはいたのですが、どこかで楽観的になりすぎてたようです。去年じゃがいもや里芋を植えて梅雨に水浸しになって散々な結果だったので、「梅雨をはさむ作物は無理。夏以降に植える秋冬野菜なら高畝にすれば大丈夫だろう」という判断をくだしました。そもそも、他の畑に一部を植えるというリスク分散をしたかったのですが、地震の影響で植え付け可能な畑の面積が今年は減ってしまって苦肉の策で南畑にけっこうな量の植え付けをしました。

キャベツやカリフラワーも、生育悪し・・・。ほんとに、今朝も涙が出る一歩手前の状態で畑にたたずんでしまいました。

まあ、やれることだけはやっておきます。孫守りと畑の手伝いに来てくれた父にお願いしてとりあえず草はとっておきました。

aaIMG_9138.jpg


というわけで、この冬の白菜はほとんどお届けできないかもしれません。キャベツも少なめになってしまうかもです。ああ、苦しい・・・。でもまあ、前をみていきます。今年から借りて、今は緑肥を撒いている畑は水はけはよさそうです。気を取り直して来年に向けての土作りをしていきます。


なんとか救いなのは、「南畑」はボロボロですが、「家の前畑」や

aaIMG_9153.jpg
(早植えしたキャベツがだいぶ膨らんできました。収穫まであと2週間かな・・・)

「上畑」はまずまずの雰囲気。やはり長雨の影響で土が締まってしまい、ちょっとやばいかなという畝もありますが、しっかりと準備をしておいた人参や玉ねぎ苗などはかなりいい感じで、癒されてます。

aaIMG_9150.jpg

aaIMG_9146.jpg



ひさしぶりのウーファーさん、なゆこちゃん。

14527571_1774846546137251_1505823738_nk.jpg

1週間、いろいろ手伝ってくれてありがとう。お世話になりました。ダイコンサルハムシ潰しも頑張ってもらったのに、結局白菜だめになりそうで、申し訳なさいっぱいです。ごめんなさいねえ。

普段あまり学生さんと接する機会も少ないのですが、いろいろ将来やりたいこととか、今行ってるインターンの話などきかせてもらい、若いのにしっかりしてるなあ、と感心しきりでありました。

てなことを思わず書いてしまうあたりが、すっかりオッチャンになってしまったなあ、と自分を客観視して思うのであります。いやー、歳をとって、自分の成長の無さに思わず笑えてしまうなあ。ま、いっか。

スポンサーサイト

2016年10月02日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

<< ムシ考察&祖母山 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 豪栄道関とみんなの学校 >>












管理者にだけ公開する