新米とれました&駄文

11月6日(日)

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、人参、里芋、さつまいも、大浦ごぼう、ニラ、長ネギ、(半結球)レタス、

(その他入る可能性のあるもの)
キャベツ、ブロッコリ、カリフラワー、春菊、小松菜や水菜・大根などの間引き菜、かぼちゃ、ほうれん草

「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

ようやく、セットの中身が充実してきました。しかしながら、やっぱり今秋はいろいろ厳しく、例年だったら今の時期お届けできているはずの大根やカブ、小松菜などが哀れな生育具合です。先週、先々週としっかり入れられたキャベツも今週はいったん切れそうです。しばしお待ちください。なので、根菜多めのセットでを組んでいます。「こんなに根菜ばっかりなら一回お休みでいいですよ」という場合にはどうぞご遠慮なさらずお伝えくださいね。

稲刈りがようやく終わりました。例年と比べて2週間ほどの遅れとなりました。何はともあれ、終わってよかったよかった。どうぞ、新米のご注文、お待ちしております。

なお、リクエストにお応えして、あらたにお米の3㎏袋をご用意しました。そして、5分づき・8分づきもご用意します。

価格は、

玄米3㎏袋---1800円 
玄米5㎏袋---3000円
玄米10㎏袋---6000円

5分づき・8分づき・白米3kg袋---2100円
5分づき・8分づき・白米5㎏袋---3300円
5分づき・8分づき・白米5㎏袋---3300円

となります。とりいそぎのご案内までお書きいたしました。どうぞよろしくお願いいたします~。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。



***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ



農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。


季節はすっかり晩秋ですね。南阿蘇でも朝晩はぐんと冷えてきました。気温も0度近くになり、霜も降りてます。10月が異様に暑かったので、気分としては秋がなくて夏から一気に冬に近づいている感じがします。ほんとに近年は、春と秋がどんどんなくなってきているなあ。困ったもんだ。

カメラ故障中、およびガラケーカメラも(使い方が粗くてレンズ汚れで)画質劣悪につき、ここ10日間ほどまったく写真を撮らず・・。ここ数日は見事な秋晴れで、なおかつ稲刈り作業の眺めも心躍るもので、いろいろ撮りたかったのだけど、まあしょうがないや。


さてさて、肉体労働な日々をすごしてます。10月に一息ついていましたが、11月は半ばまでいろいろと忙しい・・・。昨日今日とひたすらサツマイモ掘り。6月の土砂災害で川からあふれた泥に埋まってしまったサツマイモでしたが、なんと2/3くらいは見事に復活して、生き残ったものはまずまずの収量でした。

特に、200本ほど植え付けた安納イモはほぼ全部生き残り、たくさんとれました。味も上々。ベニアズマ・ベニハルカは600本位植え付けて250本位は水没して消えてしまいましたが、残ったものはやはりよい出来でした。いったん小屋の中に入れて仮貯蔵をして、ハウスの中の深さ1mの貯蔵穴にもうしばらくして入れ込みます。そして、温度湿度をうまく管理すれば来年の5月まで美味しいサツマイモが食べられます。

ところで、サツマイモの大敵は、コガネムシの幼虫。今年は実験的に、畝上だけでなく、畝の間もビニールマルチで覆ってみました。そうすることで、コガネムシの幼虫の食害が無くなると聞いたからです。そして、畝間の草取りにかける労力と時間を他のことにまわせます。

結果は、確かに見事にきれいなイモ肌となりました。草取りも(そもそも川の泥にうまったのでなんともいえませんが)一回もなし。ビニール使用量が増えることの罪悪感と、労力軽減、品質向上といろいろなことを天秤にかけながらではありますが・・・、一定の結果は得られてよかったです。新しく借りた畑で、生えている雑草をみてみてもおそらく地力はなし、土中の窒素量がほとんどゼロ、という判断を植え付け前にしました。その読みのもとに鶏糞ぼかしと米ぬかを適量入れて土づくりをしました。読みが当たり、嬉しい限りです。これで、水没なしで全部とれていたら近年なかったよい収量だったんだけどなあ、と欲がでますが、ある程度とれただけでも今年はよしとしなくちゃね。

ひとつきつかったのは、川から流れ込んできた土砂が見事にサツマイモ畑を覆ってしまい、収穫しながらその泥をよけるのが大変だったこと。夏にボランティアの方に来ていただき、半分以上はかきだしたのですが、残りの泥をひとり黙々ととるのはけっこうガッツの世界でした。

なんせ、畝間もビニールがあるので、泥をかきあげないことにはビニールもとれない。イモが水没して消えてしまったところも、ビニールを片付けなければトラクターもかけられない、ということで、徒労感たっぷりの秋の日々なのでありました。まあ、終わったからよかったよかった。

さて、今週は稲刈り後の田んぼの耕耘と、玉ねぎの植え付け、真冬用のレタスやセロリを植えたビニールハウスのビニール張り、キャベツの植え付け、スナップエンドウやソラマメの種まき、と大忙し。そしてサトイモを掘りあげて貯蔵穴にいれてしまえば、ようやく農閑期かな。あと2週間、シーズン最後の踏ん張り。いやー、時間ビンボーではあっても、心ビンボーにならないようタンタンとやろうっと。月末には今年がんばたご褒美に2年ぶりに家族で2泊の小旅行にいこうということになり、段取り中。ちょっとわくわく。

と、しょうもないことを書いている間にカメラのヤフオクが終わった!無事落札。結局、防水カメラは画質を考えるとやめておいて、売れ筋コンパクトカメラの型落ち品をヤフオクで購入とあいなりました。美品、と書いていたけど、本当に美品なんだろうか・・。ドキドキ(笑)

まっ、そんな感じでやっております。今週も、とりとめのない駄文にて失礼いたしました。


スポンサーサイト

2016年11月06日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 採血 >>












管理者にだけ公開する