クリスマスプレゼント

12月25日(日)

お知らせです。

熊本県南関町の養鶏場で鳥インフルエンザが発生しました。椛島農園のある阿蘇と南関町は50キロほど離れており、影響はありません。今年は各地で鳥インフルエンザの発生が相次いでいます。椛島農園でも、野鳥が鶏舎に入らないようにしたり、出入り口の衛生管理を気を付けたりと、最深の注意をしています。

万が一ウイルスに感染した鳥の肉や卵を食べても、そのことで人間に感染したという事例は国内でも海外でもありません。海外で人に感染した事例は、発症した鳥と濃密に接触した人間が埃や糞を吸い込むことで起こると言われています。日本国内の状況ではそのようなことはまずありえません。

鳥インフルエンザ自体の詳しい説明は、愛知県HPのものがとても分かりやすいです。よかったらご覧ください。

***********************************************

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、じゃがいも、人参、サトイモ、大浦ごぼう、大根、カブ、セロリ、チンゲン菜、かぼちゃ、

(その他入る可能性のあるもの)
ほうれん草、キャベツ、春菊、小松菜、水菜、みぶ菜、ルッコラ、サツマイモ、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


なお、この冬は野菜の不作につき、ぼちぼちお休みをいただきながらの出荷を続けております。定期購入の新規のお申込みや、単発のご注文も、来春5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんだけぼちぼち入れてください」というご注文は冬の間も承りますね。

***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。

今年も、残すところあと1週間となりました。地震、大雨、怪我、日照不足や天候不順と、いろいろありましたが、結果的にはおちついてお正月を迎えることができそうです。地震から8か月で阿蘇全体がよくぞここまできたものだなあと感慨深いものを覚えます。

野菜のみどりのまぶしさや、

aaPC250043.jpg

落ち葉のカサカサというおとに、

aaPC250049.jpg

なんだかんだで今年も、例年の今頃と同じようなものを見たり、聞いたりできていることにありがたいなあと思います。年の瀬的な忙しさにココロ乱れてばかりではありますが(笑)、それでも、8か月前を思えばウソみたいな穏やかさです。

橋やトンネルや線路が崩れ、すっかり不便になってしまった阿蘇。寸断されている国道の迂回路は2本。標高が低い方の峠道は渋滞がひどく、標高が高い方は標高1000m越えの道。北国の住人ならともかく、九州の住人にとってはあまりに厳しい道です。今月に入ってからの雪の日には半ば「陸の孤島」的雰囲気が漂っていました。

ですが、実にいきなクリスマスプレゼント!昨日、24日に、熊本市方面と阿蘇を結ぶ国道の俵山トンネルが無事に開通しました!


キャプチャk
(熊本日日新聞社HPより)

阿蘇の人はみな欣喜雀躍、狂喜乱舞のニコニコ顔です。僕も、本当にうれしいです。近くの道の駅も、本当に本当に久しぶりに今日は車でいっぱいでした。どうぞ皆さん、阿蘇に遊びに来てください。

しかしながら、考えてみたら面白いですね。この俵山トンネルだってまだ出来てから13年しかたってないのに、もうトンネル無しの暮らしが想像できない位に当たり前になってしまってます。無いなら無いでどうにかなっていたはずなのに、もはやそんなことは誰も思わない。不思議なもんだなあ。

先日の福岡の道路陥没事故の復旧スピードにもびっくりしたものですが、このトンネル開通までのスピード感もすごかったです。日本という国の土木技術、あらためてその高さを感じます。予算さえあればどんなものでも作ってしまえるんだろうなあ、と。斜に構えた見方をすれば、必要性や費用対効果よりも、作ることそのものが目的となってしまっていることもあるんじゃなかろうかと。この国の土木技術は、諸刃の剣なのかもしれませんね。

ま、なにはともあれ今回のトンネル開通は本当にうれしいです。迅速な指揮を執ってくださった行政の方々や工事関係者の皆様、そして全国の納税者の皆様に感謝感謝です。



本当に、今年もたくさんの方に支えて頂いた1年でした。ありがとうございます。皆さま、どうぞ、よいお年をお迎えください。


スポンサーサイト

2016年12月25日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

<< 再び内観 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | カレーライス >>

今年は大変な一年でしたね
先日俵山トンネル通りました
通り行く車がみな笑ってるように見えました
少しずつ前に前に進んでいきますように

来年もよろしく

2016年12月31日 久保田農園 URL 編集












管理者にだけ公開する