再び内観

1月1日(日)

お知らせです。

昨年末に、熊本県南関町の養鶏場で鳥インフルエンザが発生しました。椛島農園のある阿蘇と南関町は50キロほど離れており、影響はありません。今冬は各地で鳥インフルエンザの発生が相次いでいます。椛島農園でも、野鳥が鶏舎に入らないようにしたり、出入り口の衛生管理を気を付けたりと、最深の注意をしています。

万が一ウイルスに感染した鳥の肉や卵を食べても、そのことで人間に感染したという事例は国内でも海外でもありません。海外で人に感染した事例は、発症した鳥と濃密に接触した人間が埃や糞を吸い込むことで起こると言われています。日本国内の状況ではそのようなことはまずありえません。どうぞ安心してお召し上がりください。

鳥インフルエンザ自体の詳しい説明は、愛知県HPのものがとても分かりやすいです。よかったらご覧ください。

***********************************************

今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、サトイモ、九条長ネギ、大根、カブ、セロリ、チンゲン菜、小松菜、かぼちゃ、

(その他入る可能性のあるもの)
大浦ごぼう、ほうれん草、キャベツ、春菊、水菜、みぶ菜、ルッコラ、サツマイモ、レタス、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


なお、この冬は野菜の不作につき、ぼちぼちお休みをいただきながらの出荷を続けております。定期購入の新規のお申込みや、単発のご注文も、来春5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんだけぼちぼち入れてください」というご注文は冬の間も承りますね。

***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ




農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ記事本文になります。


新年あけましておめでとうございます。

aP1010086.jpg

今日は、すっきりと晴れ渡った青空の南阿蘇でした。年末に厳しかった冷え込みも落ち着き、日中はポカポカでした。

aP1010139.jpg

今年も、一日一日大事にして暮らしていけたらいいなあ、と思います。


さて、ひとつお知らせです。

1月8日から10日間ほど、わたくしひとり、研修で家を空けます。のりこは家にいますが、子供もまだ小さいので無理をせずに出荷も卵やお米メインの方、毎週お届けの方以外はお休みを頂く予定です。詳しい発送スケジュールは、個別にご連絡差し上げている通りになります。新年早々、お客様の皆様がたにはご迷惑をおかけしてしまうことになり申し訳ありません。

さてその研修ですが、農業研修ではなく、自己啓発の研修です。ちょっとマニアックなものですが、「内観」というものです。ご存知ない方にとってはかなり怪しげですが(笑)、ご存知の方にとっては、「ああ、内観ね。知ってる。あれいいよね。」というものです。

1週間、ひたすら自分自身と向かい合うというとっても贅沢な時間です。ちょうど6年前に一度体験して、何とも言えないほどにココロがすっきりした経験があります。

その手法は実にシンプルで、

①誰か(お母さん、お父さん、配偶者、友人などの特定の人物)にしていただいたこと
②同じく、その誰かに対してお返ししたこと
③同じく、その誰かに対して迷惑をかけたこと

を、思い返していくのです。1時間半に1回くらい面接の先生が来てくれて、ただ話を聞いてくれます。それに対してのコメントもアドバイスも基本的には一切なしです。あくまでも、自分自身が、過去の記憶を振り返っていくという作業をタンタンと繰り返していくのです。

最初の一日はお母さん、次の日はお父さん、というふうに進めていきます。

次第に集中力が高まり、ある時点でハッと目が覚めるような、いや、頬をぶたれるような感覚になるのです。「ああ、自分はなんて自分の事ばかりかわいがって、人に対して迷惑をかけて生きてきたのか。こんな自分でも生きて行っていいんだ」とか「母のせいで自分の人生はこうなってしまったと思い込んでいたけど、そんなことはなかった。逆に、母にこんなに愛されてきたじゃないか」とか。

僕の前回の感想としては、大げさにいうと自分と他者、あるいは自然との壁がなくなるような感覚をちょっとだけ感じました。「般若心経でいうところの色即是空空即是色はこのことか!?」とたまげたほどです。

面接の先生とのやりとり以外は誰とも一言も話すことなく、1週間を過ごします。研修が終わるときには、途中の苦しさを越えてすがすがしい気持ちで家に帰るのです。深刻な悩みを抱えている人にとっても、なんとなくリフレッシュしたい人にとっても、自己啓発が好きな向上心あふれる人にとっても、言葉では言い表せないほどに素晴らしい体験になりえます。

もともとは浄土真宗の一派の修行法とされていたものですが、今は宗教色が除かれて一般化され、自己啓発の手法としてはもちろん、メンタルヘルスの臨床治療にも用いられています。日本発祥ですが、世界各地に広まり、韓国や中国では医療保険適用だとも聞いています。

我が家では、夫婦二人とも内観を体験して、夫婦間のけっこう大事なキーワードとなってます。合う合わないはもちろんありますし、1週間という時間や、6万円ほどの費用もかかりますので、内観をおすすめしても実際に行ける方はあまりおられません。ただ個人的には、「人生なんとなくうまくいってない」という方で「親子関係がしっくりきていない」という方にとっては、劇的に人生が変わる可能性があるものなのではないか、と思います。実際うちに来てくれたウーファーさんのなかで、おひとりそのような方がおられました。

こういってしまえば身も蓋もないのですが、人間どんな過去があるにしろ、「過去は変えられない」けど「過去をどう見るか」は変えられるということです。あらゆる事象もどういうふうにとらえるかは、結局のところ脳の認知の問題なわけですし。

僕が今現在、何らかの過去の体験にとらわれて苦しくなって内観に救いを求める、というわけではないです。ただ、自分の気質として、ちょっとソウウツっぽいところがあり、「こうあらねばならない」「こうできないともう終わりだ」といった「完璧主義で、いかにもウツになりやすい思考パターン」が強くなっちゃってるんですね、ここのところ。けっこうきついんだなあ、これが。

それをまあしっかりと自覚できているので、よし、こりゃちょっとリフレッシュに行ってくるぞ、というわけです。まあ、いわば「心の温泉旅行」といったところでしょうかね。体のメンテナスと同じく、心のメンテナスも大事です、ほんと。就農して10年たったので、リフレッシュ休暇です。

ご興味がある方は、よかったら

キャプチャaa

こちらの動画をご覧ください。熊本の玉名市の蓮華院誕生寺、内観研修所の大山氏がTED×熊本市という企画でプレゼンをされている動画です。

ちなみに大山氏は妻の伯父であり、そういったご縁で妻はこれまで3回も内観を受けています。僕と違ってとても安定した性格をしているので、そんなに行く必要があるのかなあ、と思うんですけど(笑)行くたびに発見があるようです。子育て落ち着いたらまた行きたいわ~、と言ってます。行く動機も人それぞれ。面白いものです。

あるいは、とーーーっても長い文章でも苦にならない方であれば、6年前の僕の体験記もよろしかったらどうぞ。


そして、せっかくなので内観後に、ちょっと寄り道しながら帰ってくる予定です。さてさて、どんな時間になるのか。こんなに長く家を空けて大丈夫なんだろうかという不安と、留守にするための段取りと、内観と旅で得られるものへの期待と、こころよく送り出してくれる妻への感謝と申し訳なさと、そんな何とも言えない気持ちを感じながらちょっと落ち着かない気持ちの元旦でありました。

というわけで、今週はぎりぎりまで準備やら出荷作業やら、地区のどんどやなどでドタバタしそうです。ブログも、出発前にかけたらかけますが、場合によっては帰宅する今月中旬までかけないかもしれません。

ご連絡を頂く際は、電話でもFBでも、普段どおりに対応させていただきます。ただ、ご存知の通り我が家では夫婦で携帯一台という平成前期的アナログ生活を好んで実践してますので、今回の企画にともなって、一時的に1~2日間ほど携帯が不通になる可能性があります。ご迷惑をおかけすることがあるかもしれません。どうぞよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

2017年01月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 無事帰宅 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | クリスマスプレゼント >>












管理者にだけ公開する