ヤマトさん

3月6日(月)

先日の「野菜の出荷・作付け量を減らします」の記事への、ご反響を沢山いただきました。温かい励ましや応援のメッセージに本当に大きな勇気を掴むことができました。この場をお借りして、御礼申し上げます。ありがとうございます。


今週のセットの中身のご案内です。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、九条長ネギ、サツマイモ、小松菜、かぼちゃ、ほうれん草、

(その他入る可能性のあるもの)
大根、大浦ごぼう、キャベツ、壬生菜、里芋、小豆、うどん、高菜、原木しいたけ、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


そろそろ、春の端境期に入ります。「冬野菜の収穫や貯蔵していものの在庫がなくなり」「一方で春野菜の収穫にはまだ時間がかかる」ので、野菜が少なくなる時期です。セットの発送も、3月半ば~ゴールデンウィークごろにかけては一部の方をのぞいてお休みを頂きます。毎年の事ながら、ご迷惑をおかけいたします。単発のご注文も、来春5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。


なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんだけぼちぼち入れてください」というご注文は随時承りますね。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文となります。あっさりブログです。ヤマト運輸さんについてのニュース記事から思うことを少々。


三寒四温。一雨ごとに春らしくなってきます。ヒバリやホオジロの声が耳に入ってきます。農繁期の緊張感と、生命の息吹を感じる喜びとで何とも言えない気持ちになる時期です。

ジャガイモの植え付け、大根やカブの種まきなど、畑の作業もにぎやかになってきました。

さて。

先日、このニュースにたじろぎました。お、とうとう来たか、と。


キャプチャ



宅配便最大手のヤマト運輸で、人手不足からそのサービス内容を抜本的に見直すという記事です。ネット通販市場が拡大するにつれて、扱う荷物の量が急激に増加してきたそうです。特に問題となっているのは、荷物の再配達サービスだとか。再配達による荷物の受け取りは、全体の2割にものぼるそうです。

サービス残業が常態化し、その支払いのための社内調査を始めたとのこと。7万人以上の社員に対する支払いで、その額は数百億円になるという記事もあります。また、時間帯指定サービスのうちの12-14時の時間帯を廃止することや、アマゾンなどの大口顧客との契約内容見直しを検討しているのだそうです。

NHKでの記事はコチラコチラ

ヤマト運輸のHPでは、

本日3月4日に一部の報道機関において、当社の未払い残業代の精算に関する報道がありましたが、記事に掲載されている「未払い残業代」については、当社からの発表に基づいたものではありません。詳細について現在、調査中です。公表すべき事柄が生じた場合は適時、情報公開いたします。

と記述がありました。さてはて??という状況ですが、業界全体が大変なことになっているのは確かなようです。


これに対してうちが感じたことは、

反省!街に買い物に出るのが大変という言い訳のもとに、かなりの頻度でネットで買い物をしてます。実際みんながみんなうちのようなペースで通販利用してたら世の中大変なことになるだろうなあ、と思っていたらこのニュースでした。

心配!食べるものを関東~西日本の各地にお届けしている農家としては、この先大丈夫か!?という不安もちょっぴり浮かんできます。何らかの対策を打たねばまずいのではないか、と。


せめてもの出来ること。お店で買えるものは、お店で買うことにしようっと。昨日受け取った商品が手元に届くまでの間に、仕分の方や、運ぶ方の何人の人の手を渡ってくるのでしょうね。便利で安価なシステムや商品を支えるために、どこかの誰かがあまり高くない賃金で働いて下さっているんだろうなあ、という想像力を働かせることは大事なことのように思います。


便利さに対する感覚って、麻痺してきますよね。無くて当然だったものが、無いことすら想像できなくなる怖さたるや。便利さと幸福感は比例するわけではないのに、不思議だなあ。

集荷の際、ドライバーさんにもきちんと「ありがとうございます」と言おうっと。気を抜くと、ついつい機械的な言葉になっちゃうもんなあ。


スポンサーサイト

2017年03月06日 日々雑感 トラックバック:0 コメント:0

<< 地震後の山肌&自由の森学園 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 種子と選挙 >>












管理者にだけ公開する