結婚式で仕事について考える

4月3日(月)

先日の「野菜の出荷・作付け量を減らします」の記事への、ご反響を沢山いただきました。温かい励ましや応援のメッセージに本当に大きな勇気を掴むことができました。この場をお借りして、御礼申し上げます。ありがとうございます。


端境期ということで、定期発送のほとんどの方へのお届けはお休みを頂いていますが、一応今週のセットの中身を挙げておきますね。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、サツマイモ、小松菜の菜の花、ほうれん草、大浦ごぼう、水菜、

(その他入る可能性のあるもの)
小豆、うどん、原木しいたけ、ヤーコン、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


現在「冬野菜の収穫や貯蔵していものの在庫がなくなり」「一方で春野菜の収穫にはまだ時間がかかる」時期(端境期)となっております。セットの発送も、3月半ば~ゴールデンウィークごろにかけては一部の方をのぞいてお休みを頂きます。毎年の事ながら、ご迷惑をおかけいたします。単発のご注文も、5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。


なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。

4月になりましたね。新しい季節。新しい学年。生き物たちが動き出す季節。温かくてほどよく湿った空気。

小松菜の菜の花や、

aP4020048.jpg

ソラマメの花。

aP4020078.jpg

本当に、いい季節になってきました。

畑は、まだ霜よけの不織布やビニールで覆われて殺風景ですが、

aP4020082.jpg

ビニールをとれば、こんな感じで春野菜がすくすく育っています。人参さん。

aP4020040.jpg

草取りのbeforeとafter。野菜は、人が手を加えて何千年もかけて育ててきたものです。交配に交配を重ねて、野生の原種とはかなり異なるたたずまいになっています。その分、世話を必要とします。残りの草も、ちゃっちゃと取らなくちゃ。がんばうっと。

aP4020030.jpg


しかしながら・・・、3月は雨が多くて寒かったですね。畑の土もずっと湿っていて、畑仕事も全然はかどりませんでした。しかも、なぜか貴重な晴れ間に限って用事が入ってしまうということの連続・・・。一昔前に流行したマーフィーの法則というやつですな(笑)

一昨日は、中学校の同級生の結婚式で福岡に。忙しい時期だし夜のうちに阿蘇に還りたかったのだけど、「お祝い事だし、まあまあ、飲もう、飲もう」という同級生たちのお誘いに乗って祝杯をあげ、福岡の実家泊。

式場で再会して話をした同級生の人数は10数人。何か、普段の暮らしでは得ることのできないアイデアや思考のヒントを得ることができるかな、と思って出席したのでありますが、よかったです。

水泳部員だった同級生は、「泳ぐ」という好きなことの延長にある「水族館職員」という仕事についていました。僕は、子供の時は何も考えずに「とりあえずまずは大学」と勉強ばっかりしていましたが、こういう豊かな進路選択もあるんだなあとあらためて感じました。

今回話をした同級生のほとんどは、サラリーマンの方々でした。やはりうちのような暮らしや仕事は彼らにとっても興味を引く存在のようでした。みんな、「農業大変だろう。自営業かあ、いわば社長だもんな、すごいなあ。でも大変そう。」と。

僕には、サラリーマンはできません。いろいろ気を使いすぎて、潰れる自分が容易に想像できます(笑)。どんな仕事も大変だろうし、どんな仕事も自分のとらえようによっては楽しいのだと思います。そして、どんな仕事であっても、社会を動かしていくために必要だから存在しているのだと思います。

若い時にお世話になったバイト先の社長がおっしゃってた言葉も思い出すなあ。

「いいか、かば、どんな仕事であっても、自分でめし食ってるっていうだけですごいことなんだ。どんな仕事でもな」。人生の方向が定まらない22歳の僕にとっては、心を軽くしてくれる言葉でした。進路選択なんてものも、正解を選ぶようなものではなく、結果としてそうなってしまうものなのかもしれませんね。


最後に。

ただ今大掃除中。現場仕事の効率を上げるには、一に片付け、二に片付け!片付け偏差値30位の我が家にとっての一番の伸びしろも、片付け!

aP3290008.jpg

とりあえず、昔もらってきてた廃材で棚を作ることからスタートです。

aP3290023.jpg

さっそく、息子のジャングルジムになってますけど(笑)。こんな棚も、パイプや木材を買ってくれば3万円位かかります。廃材や、ホームセンターでもらってきたパレットを使えば、ビス代位ですみます。大根150本とか200本位に相当する経費が浮きましたわ~。自分の人件費は計算外ですけどね。まっ、とにかく、ビバ貰い物ですね~!!

スポンサーサイト

2017年04月03日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< エンゴサクとカブトムシ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 味噌 >>












管理者にだけ公開する