エンゴサクとカブトムシ

4月10日(月)

先日の「野菜の出荷・作付け量を減らします」の記事への、ご反響を沢山いただきました。温かい励ましや応援のメッセージに本当に大きな勇気を掴むことができました。この場をお借りして、御礼申し上げます。ありがとうございます。


端境期ということで、定期発送のほとんどの方へのお届けはお休みを頂いていますが、一応今週のセットの中身を挙げておきますね。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、サツマイモ、大浦ごぼう、水菜、わさび菜、

(その他入る可能性のあるもの)
ヤーコン、小松菜菜の花、レタス、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


現在「冬野菜の収穫や貯蔵していものの在庫がなくなり」「一方で春野菜の収穫にはまだ時間がかかる」時期(端境期)となっております。セットの発送も、3月半ば~ゴールデンウィークごろにかけては一部の方をのぞいてお休みを頂きます。毎年の事ながら、ご迷惑をおかけいたします。単発のご注文も、5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。


なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。雨続きで、畑も霜よけ不織布で覆われてちょっと殺風景な時期なので、ひさしぶりに足元の自然観察ネタです。



寒い日が続いて花の開花も遅かった今年の春ですが、4月に入って一気に木々が芽吹いてきました。レンギョウ、コブシ、モクレン、そして、桜も、ようやく。

子供の時に感じた、新学期のドキドキとワクワク感・・・。自営業を営むようになってすっかり忘れてしまっていた感覚を、子供の成長にともなって思い出す今日この頃です。新しい教室、新しい先生、新しい名札・・・。新しい環境で感じる緊張感こそ、成長へのきっかけ。起こる出来事すべてに、自分なりのいい意味付けをできるように『生きる力』を伸ばしていきたいものですね。子供も、そして、大人も。

そして、そんなヒトの営みとは無関係にめぐっていくのが季節。回っているのが地球。

咲くべき時期に花は咲きますねえ。

スミレが満開。タチツボスミレ、かな。日本で自生しているスミレの仲間は、約60種類もあるそうです。

aP4080035.jpg

エンゴサクの仲間。エゾエンゴサクか、ヤマエンゴサクか、ジロボウエンゴサクか。林などの日陰に生えます。そのへんのはっきりした識別(同定、といいます)は、一時はまって勉強したけど、最近はそのあたりにエネルギーをまわす余力なしだなあ。ま、ぼちぼちでいきましょ。

aP4080025.jpg

いずれのエンゴサクも、ケシ科の草です。毒があります。エンゴサクとは、漢字で書くと延胡索。漢方薬の名前です。誤って食べると、嘔吐などの症状がでるそうです。でも、塊茎(土の中の茎が膨らんで芋のようになった部分)は漢方として使われ、名前の由来となってます。あな不思議。薬も毒も紙一重ですね。人間関係もそういうものなのかも。なんて思ってみたりもして・・・。

ちなみに、ウスバシロチョウという蝶の幼虫は、エンゴサクの仲間の草を食べます。なので、ウスバシロチョウの体にも毒があります。そんでもって、鳥もそれを分かっていて、食べない、ということなんでしょうね。すごいですねえ。見てみたい。でも北方系の蝶なので九州にはいない、とwiki先生には書いてありました。


シロバナタンポポ。

aP4080037.jpg

在来種です。昔から、日本にあったタンポポです。近代になって、ヨーロッパからもちこまれたのが、現在都市部でみるほとんどのタンポポであるセイヨウタンポポ。シロバナタンポポ(や、同じく在来種のカンサイタンポポ)は、農村に行かないとみられなくなりました。どんなタンポポが生えているかが、その地域の自然環境がどんな状態なのかの指標となります。面白いなあ。

最後に。

野菜の苗づくりに使う腐葉土の山を掘ってみました。

aP4080016.jpg

今年は、豊作です!!!

aP4080023.jpg

おすそ分けいたしますので、ご入用な方はご連絡くださいね。薪との物々交換、特に大歓迎です(笑)。あ、薪などなくてもどうぞお気軽にお声かけ下さいね。



スポンサーサイト

2017年04月10日 草花 トラックバック:0 コメント:0

<< 地震から1年。 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 結婚式で仕事について考える >>












管理者にだけ公開する