地震から1年。

4月17日(月)

端境期ということで、定期発送のほとんどの方へのお届けはお休みを頂いていますが、一応今週のセットの中身を挙げておきますね。

(大体全員に入るもの)
卵、人参、サツマイモ、大浦ごぼう、水菜、わさび菜、間引き人参葉

(その他入る可能性のあるもの)
小松菜菜の花、レタス、タケノコ、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。


現在「冬野菜の収穫や貯蔵していものの在庫がなくなり」「一方で春野菜の収穫にはまだ時間がかかる」時期(端境期)となっております。セットの発送も、3月半ば~ゴールデンウィークごろにかけては一部の方をのぞいてお休みを頂きます。毎年の事ながら、ご迷惑をおかけいたします。単発のご注文も、5月までお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。


なお、お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。地震から一年。とりとめのないことを書いております。



熊本地震から1年が過ぎました。週末は、県内各地で復興イベントや、記念式典、防災訓練などが行われました。

1年経って、うちは幸いにも元の暮らしに戻れました。でもまだまだ生活再建の展望が描けないという方も村内にも沢山おられます。生活の足でもあり観光のシンボルであった南阿蘇鉄道の復旧がどう進展するかもまだ良く分かりません。

自分にできることは何だろうかと考えてみたりします。ほんとに、何だろう・・・。被災地域内でも、当然被害の程度の差は大きく、いろいろ気を使います。被害が大きかった方に対して、腫れ物に触るような感じになるのも変だし、気にしないのも変だし・・・。まあ、自分に何かできると期待せずうぬぼれず、淡々とできることをやるのが大事なんでしょう。

うちにできることは、やっぱり日常をしっかり淡々と歩んでいくということかな。農家らしく目の前の自然や作物と向かい合い、里山の景観を守り、安心安全でおいしい食べ物を育てる、ということに尽きるのだろう、という答えになります。人がそれぞれ得意なことをやっていって、みんな毎日いい仕事をしていくのが一番だなあ、と思います。「働く」ということは、「傍を楽にする」ということだとどなたかがおっしゃっていたなあ。そんなわけで、今日も、明日も、淡々と体を動かすのであります。

日常を淡々と過ごす中で、何のご縁か、

aP4150098.jpg

aP4150108.jpg

あちこちからいろんな方が南阿蘇まで訪れてきてくれます。ありがたいなあ、と思います。4年前の研修生さん、愛知からのウーファーさんご一家、熊本のお客さん・・・。ここのところ、実ににぎやかなわがやです。玉ねぎ畑の草取りも人海戦術です。

aP4160135.jpg

決して人付き合いが得意とは言えない僕であります。基本的に、人と話をするときはいついかなる時でも気を使ってしまいます。妻に対しても(笑)。

でも、面白いものですね。そんな自分の気質を自覚して、これだけを大事にしてご縁を受け取ってきました。

来るもの拒まず。一期一会。来た方から、何かひとつでも面白い話を聞き出して学ばせて頂く。農作業の手伝いを申し出てもらった時は、素直にご厚意を受け取る。遠慮せずに甘える。「お役に立てると嬉しい」というお気持ちに応えられるように、作業の段取りをきちんとしておく。それでいて、戦力として過剰に期待して勝手にがっかりという奢った気持ちを持たないように自分を戒める。して頂いたことは何らかの形で具体的にお返しする。

こうやって、いろんなご縁が広がり、人が人を呼び、それなりに暮らしを営んで行けているのことに、人生捨てたもんじゃないな、と思うのであります。ま、とかなんとか言えてるのも、人付き合いを純粋に楽しんでいる妻の存在のおかげでありますけどね。感謝!。いつも、ぱっとご飯を作ってくれてありがとう。


夏野菜の苗も元気に育っています。

aP4160115.jpg

菜月も、無事2歳になりました。

aP4130075.jpg


春らんらん。太陽のエネルギーが降りそそぎ、大地が温まってきました。生き物たちのハーモニー。いい季節です。

テントウムシのさなぎ。

aP4130062.jpg

タチイヌノフグリ。

aP4160147.jpg

オカオグルマ。

aP4160151.jpg

オドリコソウ。

aPa4160141.jpg


さあて、グングン忙しくなるぞ~。焦らず、ぼちぼち、一歩一歩でいきます!

スポンサーサイト

2017年04月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 再会 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | エンゴサクとカブトムシ >>












管理者にだけ公開する