まっ、こんなもんでしょ

5月7日(日)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、間引き人参、サツマイモ、レタス、スナップエンドウ、新玉ねぎ、(間引き)大根、

(その他入る可能性のあるもの)
(間引き)白菜、(間引き)カブ、キャベツ、にら、チンゲン菜、春菊、間引きセロリ、二十日大根、にんにくの芽


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文記事です。

皆様、ゴールデンウィークはどのようにお過ごしになられたでしょうか。我が家にとっては、ゴールデンウィークとは、ずばり得も言われぬ思いになる時間。生きてる醍醐味を味わう時間なのであります。

やることが尽きない農繁期!なのですが、保育園が休みなんだしせっかくだから子供にいろんなことを体験させてあげるための家族の時間をちゃんと作っていくぞ、と。

そして阿蘇は観光地でもあるので、「ちょっと近くまで来てるんだけど寄ってもいいかな」という急な来客も多く、嬉しいけれども作業が進まず、作業が進まないけどこうやってお立ち寄り頂けるのはありがたいことだなあ、と。

そんな感じのところをいかにバランスをとって時間を使っていくか、毎年力を振り絞るのがゴールデンウィークなのであります。


今年は福岡から子守と農作業手伝いでやってきてくれた僕の両親の力を借りて、無事に乗り切れました。よかったよかった。精一杯やった感があります(笑)


地震から1年経ちました。観光業にとっても、地震の影響は大きいものがあります。まだ厳しい状況には変わりはないのですが、連休中はこんな感じで近くの道の駅は大賑わいでした。賑わいが、ちょっとずつ戻ってきているようです。どうぞ皆様、阿蘇にお越しください。

aP5050048.jpg

お米の種をまいたり(次のブログにupしてます)、里芋の植え付けをしたり、

aP5060101.jpg

ナスの植え付けもしたり、

aP5060083.jpg

セロリの草取りをしたり、

aP5050052 (2)

やることはエンドレス。農繁期です!写真は、久しぶりの海外からのウーファーさんであるナオミちゃんと、研修生のマサト君。ナオミちゃんは19歳のアメリカ人。大学入学前のギャップイヤーを利用して3か月間日本をウーフしながらの旅。うちには2週間の滞在です。日本語がお上手で助かります。


今日は農作業をお休みして、近くの山にハイキングに行きました。阿蘇南外輪山の地蔵峠から冠ケ岳へ。親子4人、両親、ナオミちゃん、近所の友人2人、合わせて9名の行脚。距離にして片道4キロ位、高低差はほぼフラットで100m位。

全く山歩きをしないうえに圧迫骨折病み上がりのアラ古希女子から、どこまで歩けるか未知数の4歳児、背負われっぱなしに耐えられるかこれまた未知数な2歳児、という個性的なメンバーを含む9人ですので、「ま、行けるところまで行こう」という感じでの出発でした。

aP5070130.jpg

結果は、まさかの道間違えやなどもあって、冠ケ岳頂上にたどり着けませんでした。縦走路の真ん中で弁当食べて帰ってきました(笑)

aP5070151.jpg

でも、いい時間となりました。ちょっと無理な企画だったけど、行ってよかった~。まっ、こんなもんでしょ。いろいろボロボロでしたが、いい思い出となりました。期待値からの減点主義で物事を見るのではなく、とりあえずでもやったということを褒めてあげなくちゃね~。

aP5070161.jpg

それにしても、車社会どっぷりの村の生活・・・。意識しないと本当に歩く時間が少なくなります。妻のりこは、事務仕事や箱詰め作業担当で、「私、ほんと歩いてない。ちょっとまずいレベルだね~」といつも口にしてます。

息子も、保育園の往復も車だし、土日もそんなに歩かせてないし、明らかに歩くのが足らない。でも今日は彼なりによく頑張って歩きました。

若い時に山登りにはまっていた時は、冬山シーズンに入る前にボッカトレーニングと称して30キロとか40キロの荷物を背負ってひたすら登ってました。丹沢や奥多摩の山々が懐かしいなあ。

大した距離や時間ではなかったけど、下の娘をずっとおんぶし、後半とうとうギブアップした息子を抱っこし、合計25キロの負荷を感じながら歩くのは、昔を思い出して心躍るひとときでした。

それにしても、さすがと比べると体力落ちまくりだなあ。うーん、無駄な体力を使わないようにしたいこの農繁期の最中、我ながら何やってんだろうなあ(笑)まっ、こんなもんでしょ。よし、明日も農作業がんばろう。





スポンサーサイト

2017年05月07日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< 農繁期 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 田んぼ2017①猫の手 >>












管理者にだけ公開する