ピヨピヨ

9月4日(月)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、オクラ、ナス、間引き人参葉、かぼちゃ、モロヘイヤ、ニラ、

(その他入る可能性のあるもの)
つるむらさき、ピーマン、キュウリ、にんにく、四角豆、ささげ、大葉、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下ブログ本文記事です。

ぐっと涼しくなってきた南阿蘇。昨日の朝は13℃にまで下がりました。先週に続き、この1週間も帯状疱疹と付き合いつつ、ぼちぼちな毎日を過ごしました。ようやく、体のしびれが取れてきました。いやはや、思ったよりも大変でした。まだ体が重いので、引き続きぼちぼちでいきます。

金曜から日曜までの3日間、福岡から「南阿蘇での就農を考えている」というHさんという方が滞在していかれました。作業を手伝っていただきながらいろいろとお話をしたり伺ったりする時間をもちました。会社員として長年働いてきたけど、いろいろ思うところがあって就農を考えているのだそうです。僕と同じ、今年で41歳。

うちの場合も「農業で暮らしていく、南阿蘇でしっかりと地に足を付けて暮らしていく、」ということに関してはぶれていませんが、いつも書いているように農業の手法であったり経営スタイルという意味では今いろいろな可能性を視野に入れて考え中でちょっと落ち着かない気持ちです。いろいろ揺れています。

あれれおかしい、不惑に達したはずなのに、まだまだ惑うばかりなのであります。環境を変えて新しい事にチャレンジするのにはもってこいのタイミグってあるんでしょうね。「やるならいまか!?」というタイミング。やはり、大きな決断をしようとしている40歳前後の方って多いなあ、と感じる今日この頃・・・。40歳位って、なんとなく「大きく変えていくのにはラストチャンス」な感じが漂うんでしょうね。実際その通りかどうかは分かりませんけど。

まあ、なるようにしかならんし、やれることやっていきましょう!


ひよこが来ました。ピヨピヨ。

aP9040004.jpg

aP9040038.jpg

ひよこにとっては最高の気温なので、食欲も旺盛。かなり元気でひとなつっこく育ってくれてます。




近所の栗畑の栗が実ってきました。なんだかんだで秋ですね。

aP9030009.jpg


ずっとカラカラ天気で、キャベツやブロッコリなどの植え付けのための雨待ち状態でした。今日は曇り、明日か明後日には雨(の予報)。チャンス到来で、一気にいろいろ植え付けや種まきをしました。例によって虫よけネットで殺風景ですが、秋が深まりネットを取るころにはいい眺めとなってます。

aP9040054.jpg



南瓜畑。今年から新しく借りた畑で、うまく育つかちょっと心配でしたが、今のところいい感じです。

aP9030001.jpg

奥の畑のトウモロコシは、他の方が育てているもの。今日、南瓜の横に植えたネギに肥料をあげていたら、隣の方がが「ねーねー、椛島さん、南瓜にイノシシが来とらんね?」と。

収穫間近のトウモロコシをねらってここ数日すごい勢いでイノシシが来ているのだそうです。そして年々イノシシの被害が大きくなってきていると。

うーん、新しく借りたこの畑、やはりそうか・・・、という感じです。さてさて、南瓜の収穫時期、どうなることか。場合によっては電気策を張る準備を始めた方がいいかな・・・。まだ様子見でいいかな・・・。初めてのことなのでちょっとドキドキしてます。

昨年の地震で、うちの集落からみて山側にあたる隣やその隣の集落の家がだいぶ減ってしまいました。現状では仮設住宅に移り、昼間だけ田畑に通っておられるという方もいらっしゃいます。夜の帳が降りると、イノシシにとってはまたとない環境になってしまいつつあるのかもしれません。いやはや・・・。



作業の終わりの片付けの時に、子供につかまる、の図。

aP9040064.jpg

こんなことで大喜びしてくれるのだから、本当にありがたい限り。体調不調の中、根を詰めて大急ぎで作業した後だっただけに、癒される時間です。

「ちゃんと捕まったか、大丈夫か、はいちゃんとちゃんこして。なっちゃんちゃんと捕まってるかみてあげて」などなど、主に兄に妹のサポートを委ねて安全第一にゆっくりと運転。

でも、調子に乗ってバケットを上にあげすぎたら、

aP9040082.jpg

下げる時に思ったより急にガクッと下がってしまい、腕力のない娘は顔をバケットの淵にぶつけてしまい号泣。口の中を切ってちょっと血が出てくる始末。おおおお、すまん、娘よ。父ちゃんかなり本気で猛烈に反省しました。

ここで見事だったのは、4歳の兄。ちょっと戸惑った顔はしてましたが、「よし、もう一回下げるからまたなっちゃんが顔ぶつけないようになっちゃんを支えてあげて」という親の声をしっかり聞いてくれて妹を守ってくれました。いやー、成長したなあ。

それも、バケットの中にいたというこの

aP9040085.jpg

蜘蛛、トリノフンダマシをそっと握りしめたまま一連の妹サポートをしてくれてました。やるなあ~(笑)親ばかすみません。


ま、そんなこんなな毎日です。やれることタンタンボチボチやっていきます。


スポンサーサイト

2017年09月03日 にわとり トラックバック:0 コメント:0

<< 間引き | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 長陽大橋開通 >>












管理者にだけ公開する