家を背負う旅人

9月25日(月)

送料の値上げについてのお詫びとご案内

椛島農園ブログをご覧になってくださっている皆様、椛島農園の農作物を食べてくださっている皆様、いつもありがとうございます。このたび、10月1日より、ヤマト運輸さんの送料の値上げが行われます。

3月の値上げから半年しかたってない時期の再度の値上げとなってしまい、皆様には大変なご負担となってしまうことをお詫びいたします。ほんとに心苦しい限りです。しかしながら、物流業界全体で値上げやむなしという社会状況であります。

振り返ってみて、我が身も反省しております。町に行った時に買えばいいものを、わざわざネット通販で買っていないか?便利さに慣れすぎていないか?

すでに宅急便サービスは社会インフラの一つです。システムを維持してよりよいものにしていくためには、運用会社とサービス享受者がともにできることをやっていかなくてはなりませんね。やれることをやっていきたいと思います。

新しい価格(税込み価格)については、以下の通りです。

100サイズ

九州、中国・・・890円
四国、関西・・・1000円
中部・・・1110円
関東・・・1330円

120サイズ

九州、中国・・・950円
四国、関西・・・1050円
中部・・・1160円
関東・・・1380円

クール代
 
100サイズ・・・324円→定期発送の方は200円
120サイズ・・・648円→定期発送の方は300円

基本的には7~9月。天候次第により期間は変わります。
定期発送のお客様には、年間通じて食べてくださていることへの感謝を
こめて、クール代はこれまでどおり少しだけこちらで負担させて頂いています。


****************************************

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、オクラ、間引き人参葉、かぼちゃ、ニラ、白ネギ、里芋、

(その他入る可能性のあるもの)
ナス、つるむらさき、キュウリ、にんにく、四角豆、間引き大根葉、間引き小松菜、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下ブログ本文記事です。田畑の様子、すてきな旅人さんとの出会い、運動会について。いろいろ書いてます。



一雨ごとに朝晩が冷えるようになってきました。南阿蘇では、今年は秋の深まりが早いです。

彼岸花が満開です。稲も色づいてきました。今年は、稲の生育もまずまずで、一ヶ月後の稲刈りが楽しみです!!

aP9240098.jpg


彼岸花の脇でわりとひっそりと咲いているのは、ツルボ。

aP9240101.jpg


畑の様子。年内出荷用のネギ、キャベツやブロッコリ、ニンジン、里芋の畑。

aP9250116.jpg

夏野菜が青色吐息状態ですが、ネギや里芋の早出しで、なんとかまずまずのセットを作れています。何かが悪くても何かが良いというのが救いです、ほんとに。

こちらは、大根や白菜、年明け出荷用のネギ、南瓜、の畑。虫よけのネットや不織布に覆われて殺風景なのがちと残念な時期はありますね。

aP9240112.jpg

昨日は、この畑の周囲にイノシシ除けの電気柵を設置しました。椛島農園11年目にして初の電気柵設置。隣の方のトウモロコシ畑でかなり派手に食い荒らして、そのままの勢いでこの畑でも植え付け前に耕した土の上に、足跡が縦横無尽についていました。

aP9240109.jpg

これはきっと南瓜を食べに来たり、虫よけの不織布でゴロゴロ遊んだりするだろう、と判断。近くの畑でも、ここ数年で被害が拡大してました。うちもそろそろ危ないぞ、とずっと思っていましたが、とうとう具体的な対策が必要となりました。

aP9250119.jpg

慣れない作業で時間がかかりましたが、一応設置完了、無事通電しました。

今回のような獣害対策の電柵購入では、村から半額程度の補助が下ります。本当にありがたいことです。しかしまあ、いろいろ考えてしまいます。何を考えるかというと、購入の際の品選びです。

今、とにかく日本の農村はイノシシ、鹿、サルの農作物被害が半端ではない状況です。なので、電気柵を作って売るメーカーも多士済々、機種も百花繚乱なわけです。値段もピンキリ。どうやって選べばいいのやら頭を抱えました。いろいろ人に相談もしましたが、何せ選択肢が多すぎ・・・。

そして頭の中に浮かぶこんな声。「補助が下りるのだし、せっかくだから高いのを買っとけば」。なんでも価格相応なのが世の常。損得を考えると、そりゃあ高いものを買った方がいいに決まっています。

でも、手出し自体は必要だし、そもそもこの畑以外では今のところイノシシ問題も差し迫ってないし、作物によってはそもそも電気柵自体いらないし・・・。とか、本体はともかく、ポールやら碍子やらは安い代替品をみつけてきてからひと工夫すればかなり安くできるぞ、いやでもその手間にかかる自分の時給を計算すると別に安くもないか・・・。とか、いろいろ考えてるとその考えている時間自体がもったいないや、その時間手を動かせば数千円にはなるっしょ、とかなんとか思考はグルグル・・・。

結局、「補助金がないと仮定して、安物買いの銭失いにならない程度にそこそこのものを買う」というごく当たり前の選択をさっさと行ったのでありました。ああ、恐ろしい、恐ろしい、補助金というのは「使わなければ損」という摩訶不思議な心理を引き起こすのです。

思えば百姓を志したのも、「国破れても山河あり」的なスピリットに憧れていたからこそ。この先どんな時代になるかわからないけど、どこででも『食べていける』暮らし方をしよう、と思ったわけです。それが、補助金があるから高い物買わなきゃ損とかなんとかいってるようじゃ、初心忘却も甚だしい!

でもなあ、やっぱり暮らしを続けているとそんな悠長なことだけ言ってるわけにはいきませんし、正直、いろいろなことに慣れて行ってしまいます。お金にも縛られてきます。諸々の責任やら関係性やらどんどん大きくなります。「きちんとしなくちゃ」「こうしなくちゃだめだ」という「常識」やら「思い込み」でどんどん自分を縛っていってしまいます。

もっと、自分を自由に解き放てつのだ!人生はもっと自由であっていいはず!そして自由は制約の中にあるのだ!と、イノシシ除けの電気柵購入品定めから、変にテンションが高まり、アレコレ考えてしまいました。


さて、面白いもので、そんな感じで電気柵を購入した翌日に、近所の友人から連絡が。

「村上慧さんって、知ってる?家を担いで旅をしてる人。本も出してて、面白いのよ。なんと、びっくりで、近くの国道を歩いてて、声かけたの。で、今晩うちにとまるんだけど、会いに来ない?」と。

ん?

家をかついで歩いて旅?????

興味深々だったけどどうしても伺えずにいました。でも、翌朝友人が「うちに寄ってくれたお礼で、(隣の隣町の)小国まで送っていくから、かばちゃんとこちょっと寄ってくよ」と。

ありがたやー!!

出荷作業が落ちつき、ハウスの中の野菜の苗に水をあげていたら、友人の軽トラらしき音。家の前に戻ると・・・、

おお・・・。

aP9220010.jpg

確かに家だ。

aP9220006.jpg

普段はこんな感じで旅をしてるらしいです。

a216a16164_1438881232870798_3048848492754642898_n.jpg
(かげさわ屋さん写真提供)

ご著書はこちら。さっそくクリックしました。(あ、また宅配に頼ってる。でも、本は郵便で来るからよしとしようっと)

a515CBjy7JbL.jpg

a07-0372_01 (1)

「旅を通して、見える世界が広がりましたか?全然違うものが見えたりするんですか?」と尋ねると、「そうですねえ。以前はいろいろと苦しいことが多かったのですが、楽になりました。」とおっしゃっていました。

自由な発想さえあれば、人の可能性って広がっていくのかも。アーティストって、強いな。そもそも自由とは何か。制約とはなにか。そして、いったい人は何歳ぐらいになったら、世間体とか空気を読むとか、同調圧力だとか、そういうものを意識し始めるのだろうか、なんてことを思ったのでありました。

村上慧さんのサイトは、こちら



最後に。

保育園の運動会。

aP9230071.jpg

aP9230078.jpg

aDSC03778.jpg

去年は、緊張のあまりか、はたまた負けるのが嫌だったのか、かけっこで断固走らずに先生に連れられてゴールまで歩いた息子が、今年は「普通」に走れました。運動会自体を楽しんでるようでした。

その成長を感じて嬉しさいっぱいになると同時に、ちょっと寂しい気持ちにもなりました。運動会や学校生活に適応できることが人生においては楽な道かもしれないけど、そうでない道もあるんだろうなあ、とも感じる今日この頃。息子よ、「いい子」にならなくていいからな。ま、苦手なことはそれなりにこなせるようになって、好きなことを伸ばしていこうね。

そんなこんなで、ドタバタの1週間でした。さて今週も、淡々ボチボチいきましょう。

スポンサーサイト

2017年09月25日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

<< 吉田俊道さんの講演に行く | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 白糸大地と通潤橋 >>

ご無沙汰してます
長男くん運動会楽しめたかな
行事をひとつずつこなすたびに成長していきますね

さて先日食の店しもだあたりを運転したら
見かけましたよ、村上さんって方だったのですね
興味深々でしたが止まって聞くわけもいかず
何かなあって通り過ぎました

今年は、子どもたちに振り回されたりで農作業が後手後手になり、収穫率が悪く、天候もあるよねって言い訳もあったり。。。。
更年期もあったり。。。ぐちぐち。。。。

またフラリと立ち寄ります

2017年09月26日 ちきちきたけた URL 編集












管理者にだけ公開する