オープンファーム&秋いろいろ

10月8日(日)

椛島農園オープンファームのご案内

次の日曜日、15日の13:30分より、オープンファームをいたします。

1時間半くらいかけて田んぼや畑や鶏小屋を案内しますね。その後で、お時間のある方は一緒にお茶でもしましょう。2時間位で解散を予定してます。

「椛島農園、ちょっとおじゃましてみたい」
「畑見てみたい~。」
「ひよこ触りたい♡」

同業の方や、お客さん方や、お友達、ご近所さん、就農の希望者の方にそんなお声を頂いた時、

「どうぞどうぞ、大体在宅してますから、火曜、金曜の出荷日以外大丈夫ですよ!」とお答えしてます。

が、ブログをご覧くださっている方は、我が家のいっぱいいっぱいぶりをご存知ゆえに遠慮されて、なかなか行きにくいようです。
いらしても、挨拶だけでそそくさ帰ってしまわれたり・・・。

秋になり、農園も落ち着いてきましたので、かねてより考えていたオープンファームを開催しよう、ということになりました。

そのうち、鶏さんの命を頂く時に見学やったり、稲刈り体験やったり、農作業体験とかワークショップなんかも企画できたらなぁと思案中です。まっ、そういうの苦手ですけど、せっかくこういう暮らしと農業をやってるので、オープンにしていかなくちゃもったいないなあ、なんて思ったわけです。お待ちしております。

イベント盛りだくさんの日だしだなあ。誰もお越しにならなかったら、どうしよう。寂しいなあ・・・。

まっ、そんときは家族でお茶でも飲んどこうっと(笑)



・::::::::::::::::::::::::::::::::::

送料の値上げについてのお詫びとご案内

椛島農園ブログをご覧になってくださっている皆様、椛島農園の農作物を食べてくださっている皆様、いつもありがとうございます。このたび、10月1日より、ヤマト運輸さんの送料の値上げが行われます。

3月の値上げから半年しかたってない時期の再度の値上げとなってしまい、皆様には大変なご負担となってしまうことをお詫びいたします。ほんとに心苦しい限りです。しかしながら、物流業界全体で値上げやむなしという社会状況であります。

振り返ってみて、我が身も反省しております。町に行った時に買えばいいものを、わざわざネット通販で買っていないか?便利さに慣れすぎていないか?

すでに宅急便サービスは社会インフラの一つです。システムを維持してよりよいものにしていくためには、運用会社とサービス享受者がともにできることをやっていかなくてはなりませんね。やれることをやっていきたいと思います。

新しい価格(税込み価格)については、以下の通りです。

100サイズ

九州、中国・・・890円
四国、関西・・・1000円
中部・・・1110円
関東・・・1330円

120サイズ

九州、中国・・・950円
四国、関西・・・1050円
中部・・・1160円
関東・・・1380円

クール代
 
100サイズ・・・324円→定期発送の方は200円
120サイズ・・・648円→定期発送の方は300円

基本的には7~9月。天候次第により期間は変わります。
定期発送のお客様には、年間通じて食べてくださていることへの感謝を
こめて、クール代はこれまでどおり少しだけこちらで負担させて頂いています。


****************************************

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、間引き人参、かぼちゃ、ニラ、白ネギ、里芋、ゴボウ、小松菜

(その他入る可能性のあるもの)
オクラ、つるむらさき、キュウリ、にんにく、赤水菜、春菊、チンゲン菜、半結球レタス、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下ブログ本文記事です。先週沢山文章を書いたので、今週は写真メインで。田畑の秋らしい様子をupしております。



気持ちの良い秋の日が続いている南阿蘇です。

稲刈りまであと少し、新米まであと少し。

aPA080258.jpg

畑も秋の雰囲気。人参、里芋、絶好調です。

aPA080263.jpg

aPA040059.jpg

玉ねぎの苗。生育良好。去年の苗づくりがやや失敗だったので、今年は期待大。

aPA080249.jpg



夏野菜も、生りが悪いものから片づけスタート。オクラの一回目のロットも片付け。収穫せずに残しておいた実がカラカラに。

aPA050091.jpg

種採りように残しておいたもの。品種は島オクラ。

aPA050100.jpg

aPA050102.jpg

今年は、ボチボチ種を採りました。他にも、南瓜ケイセブン、中玉トマトのメニーナ、ミニトマトのチャコ、キュウリの上高地、大浦ゴボウ、そしてこれからもちろんサツマイモや里芋。ぼちぼち続けて行きます。

熊やカエルは冬眠します。カブトムシが小さな幼虫の姿で越冬します。夏野菜は、冬の寒さを、種という形で耐えています。逆に、冬野菜は、夏の暑さを種という形で耐えています。そういうふうに考えてみると、生き物というのは生存のために実に合理的な選択をしているのだな、と感心してしまいます。さてはて人間はいかに。

秋キャベツも、出荷までもうちょいです。

aPA080248.jpg

こちらは、しくしく(涙)。白菜の蒔き直し苗です。

aPA080245.jpg

新しく借りた畑に植えた白菜の生育があまりに悪く、全滅の可能性も出てきました。これで、3年連続で白菜はボロボロです。ダメ元で、ハウスの中で早生品種を植えて正月前後に出せればいいけど、という考えです。もともと、就農当初からの7,8年間は何の問題もなく白菜が出来ていただけに、いろいろ思うところはあります。天候不順も大きいですが、温暖化や、畑の使いまわしの問題で虫が増えてしまったことが一番の要因。

対処法としては、使いまわしの工夫の徹底と、太陽熱処理やマルチの使用、防虫ネットの徹底利用、という感じかなあ。もちろん、肥料のバランスや量も大事です。今年は天気がいいだけに、この失敗は痛恨です。いやはや・・・。


珍しい昆虫を目にしました。お初におめにかかれてあな嬉しや。オオセイボウ。蜂です。あんまりにもメタリックでびっくりぽんでした。

aPA070190.jpg


日の出から日暮れまで、そこいら中からモズの高鳴きが聞こえてきます。秋ですなあ。

aPA040067.jpg

でも、秋らしくない光景も(笑)。あまり絵にならないこんなコンクリート張りの川でも楽しめる子供の感性ってすごいなあ。

saPA070203.jpg

スポンサーサイト

2017年10月08日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

<< 歩く旅人 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 吉田俊道さんの講演に行く >>












管理者にだけ公開する