長雨台風&トルゥーコスト

10月22日(日)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、人参、かぼちゃ、白ネギ、里芋、ゴボウ、半結球レタス、春菊、

(その他入る可能性のあるもの)
ナス、つるむらさき、にんにく、大根、サツマイモ、キャベツ、ブロッコリ、ニラ


今年から新しく借りた畑の土の状態が芳しくなく、小松菜、大根、カブなどが虫に食われて生育不良です。さらにこの時期としては珍しい長雨で追い打ちをかけられてしまってます。その一方で、里芋やゴボウ、ニンジンなどはいい出来です。今週は、根菜メインなセットになります。

「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文となります。

台風が日本列島を通過中ですね。被害の少ないように祈るばかりであります。熊本では、雨と風が今日の日中強まりましたが、それほど大きな被害はありませんでした。ブロッコリや白菜がなぎ倒されたり、ネギが折れたりといった被害はありましたが、太平洋側の畑と比べると大したことない程度だと思います。こればっかしはしょうがないです。

それにしても、この10日間は日照時間ゼロの長雨でした。光合成もまともにできずに、野菜も育ちません。稲刈りもかなり遅れそうな雰囲気になってきました。いろいろやれやれ、です。

新しく借りた畑に9月20日に蒔いたカブや小松菜などがほぼ全滅。ダイコンサルハムシに負けました。去年の冬まで、高菜が交雑したと思われる雑草がたくさん生えていたので、ダイコンサルハムシがもともと大量にいたみたいです。

そんでもって、10月頭に蒔いた小松菜やカブなど。9月20日蒔きが全滅した分、多めに蒔いて間引きながら出荷の予定です。

aPA220056.jpg

が、この長雨で成長もゆっくりです。ひょろっとした感じで伸びてます。やれやれとほほ。

レタス、セロリ、春菊などもやっぱりいまひとつ。

aPA220044.jpg

ま、太陽がでなくちゃどうしようもありません。

ゴボウ、ニンジン、ネギなどは調子がいいので、それなりにはいいセットになってます。

aPA220040.jpg
(ゴボウ)

火曜日からは晴れるようです。太陽が待ち遠しい・・・・・・。



先週書いた旅人Sさんも長雨で足止めとなって、ずっと椛島農園に滞在中です。雨が降っていても、納屋の断捨離やら餌混ぜやらいろいろやることはあります。Sさん大活躍で、溜まっていた片付け仕事がだいぶ進みました。感謝ですわ~。

今日は、公民館の掃除に行き、選挙に行き、自家用分のニンニクの皮をみんなで剥き剥きしました。スライスして菜種油に浸しておいて、使いやすく長期保存です。

ザ、家内工業。こういう、お金にならない自家用の作業をしていると、大変豊かな気持ちになれます(笑)

aPA220015.jpg

aPA220026.jpg



そんでもって、自主上映の映画会なぞにも行ってきました。大人4人で行ったので、子守交代しながらなんとか見られました(笑)

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde3731-1024x722.jpg

ファストファッション業界の生産現場を深くリポートした話題作「ザ トルゥーコスト」。安い服をどんどん買って使い捨てのように着ることがある国々の人たちにとっては何とも言えないほど重い作品です。

私たち日本人もよく買っているようなお手頃価格の洋服って、いったいどこの国のどんな人たちがどんな環境で作っているんでしょうか。なんでこんなに安いのか。そもそも流行に敏感になってちょくちょく服を買い続ける必要ってあるのか。なんてことに疑問を持つ方にとっては考えのヒントとなる映画かもしれません。

今身にまとっているこの服が、異国の地の血のにじむような過酷な低賃金での労働の対価だという可能性があるとしたら・・・、私たちはどういう行動をとればいいんでしょうか。簡単には答えが出ないかもしれませんが、問い続けることは必要なんでしょうね。


スポンサーサイト

2017年10月22日 映画 トラックバック:0 コメント:1

<< 雨の日と夜神楽 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 歩く旅人 >>

はじめまして。ご縁ですねえ。コメントありがとうございます。蓄膿に関しては、術後もいろいろ感じるところありましたが、今は落ち着いてます。差し支えなければ直接ご連絡下さい。tkabashima@hotmail.com です。

2017年10月30日 chikaさんへ←椛島農園 URL 編集












管理者にだけ公開する