雨の日と夜神楽

10月30日(月)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、人参、かぼちゃ、九条長ネギ、里芋、ゴボウ、半結球レタス、春菊、セロリ、さつまいも

(その他入る可能性のあるもの)
キャベツ、ブロッコリ、ニラ、かぶ間引き菜、ターツァイ間引き菜、大根間引き菜、


今年から新しく借りた畑の土の状態が芳しくなく、小松菜、大根、カブなどが虫に食われて生育不良です。そして台風と長雨で追い打ちをかけられてしまってます。その一方で、里芋やゴボウ、ニンジンなどはいい出来です。今週も、根菜メインなセットになります。

「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文となります。


10日以上続いた長雨が台風到来とともにようやく終わったとおもったら、またも台風接近の週末でした。もうすぐ11月ですよ、台風っていったいどういうことですか!!。晴れが続かない・・・。稲刈りが終わらない・・・。困ったもんです。

晴れ間をぬって、冬の菜っ葉に追肥をしたり、サツマイモを掘ったりしてます。年明け出荷用のセロリも植えました。播くのが遅れて植え付けがこんな時期になってしまいました。初秋の台風で剥がしたビニールも早くまたかけなくちゃ。果たしてちゃんと育つのか・・・。

aPA290043.jpg



雨の日には、雨の日にできることをばシリーズ。

鶏の餌や肥料に使うくず大豆の粉砕中。

aPA290031.jpg

おなじく、くずかつお節も粉砕中。

aPA290035.jpg


芋ほり機の装着中。

aPA290036.jpg

ニプロのSP651。今まで手押しの耕運機に使っていたものですが、馬力不足でいったん草が生えた畝で使うには厳しいものがありました。ニプロの方に聞いてみると「トラクターに着けられるアタッチメントがありますよ」ということで即注文。

が、

aPA290039.jpg

この、トップリンクという棒の長さが足りずに装着を断念。手持ちのものをギリギリまで伸ばして装着しようとしたら曲がってしまいました。買いなおしたら、ヤフオクで中古をみつけても6000円位、新品だと倍以上です。あやうく完全に無駄銭になると思い、力づくで必死にまた元に戻しましたが、いやはや・・・。機械はいろいろ段取りが大変です。


玉ねぎ苗を植え付けるためにマルチに穴をあける道具を製作中。やっぱこういうのは、楽しいですね。

aPA300045.jpg


先週ご紹介したSさんも、雨がいったん上がって旅立ちました。良き旅を!

aPA240005.jpg


まさと君、鶏さばきを初体験。

aPA280011.jpg

初めてなのに、なかなか上手でした。センスを感じました。


村の、阿蘇長野神社の秋の大祭、夜神楽。

aPA280021.jpg

去年は「鬼が怖い」と、近くで見られなかったのに、今年は楽しんでいた息子。福岡から来てくれた祖母ちゃんと一緒に鑑賞。天候やら、作物の出来やら、いろいろ課題ばかりで踏ん張ることばかりの毎日ですが、こういうすがたに報われます。

aPA280023.jpg



課題につきあたって、へこむのは、自分にも人にも期待しすぎているから。理想の自分を作って、そこからの減点で見ているから。自分にも人にも期待せず、淡々と一つ一つ課題をクリアしてきたいものです。

へこみそうになった時は、自分に言い聞かせます。「この悶々って、自惚れの証なんじゃないの?」「自惚れてへこんでる暇があったら、やれることやろう」。そうするといい感じになります。

でも、「こうやって今までなんとかやってきたし、これからも大丈夫。いろんな方に支えられてやってきて、今がある。自分と、自分のまわりにあるつながりに誇りをもとう。これからもきっとうまくいく。自分の親も、そうやって自分を育ててきたのだなあ。」という思いも同時に持たないとバランスがとれません。中庸万歳です。


そして、この神楽を舞っているひとりひとり、神楽を見ているひとりひとりに、それぞれの物語があるんだなあ。

なんてことを感じながらのひとときでした。


さて、そろそろ本格的に晴れの周期に入ってほしいなあ。稲刈り後の田んぼの秋耕耘も今年はしっかりやりたいし、玉ねぎの植え付けやら芋ほりやら、まだまだやることは多いし。がんばるぞ~。

スポンサーサイト

2017年10月30日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< 鎮圧ローラー | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 長雨台風&トルゥーコスト >>












管理者にだけ公開する