FC2ブログ

マサト君旅立つ

11月19日(日)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、人参、かぼちゃ、九条長ネギ、里芋、ゴボウ、レタス、春菊、セロリ、さつまいも、二十日大根

(その他入る可能性のあるもの)
春菊、キャベツ、ブロッコリ、カリフラワー、かぶ間引き菜、水菜、ターツァイ、大根間引き菜、原木椎茸、ルッコラ間引き菜


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文となります。畑の様子と、まさと君の旅立ちについて。


ぐんと冷えてきましたね。南阿蘇でも、氷点下の朝の日がボチボチと出てきました。まだ体が慣れてないから、寒いです。

11月の怒涛の忙しさもようやく終わりが見えました。あとひと息です。

秋冬キャベツ2回目植え付け分。一回目がボロボロだったのですが、こちらはまずまず。あと10日~2週間で収穫スタート。

aaIMG_20171116_091607.jpg

里芋掘り。掘取機、セッティングにも慣れてきて大活躍。このタイプのものは、ヤフオクにもよく出てます。5万円も出せば買えます。粘り強く探せば2~3万円であるかも。トラクターの3点リンクに着けるアタッチメントとトップリンクは今回新品を買って合わせて3万5000円位でした。

構造的に壊れるところがほとんどないのが魅力。もうちょっと出世したら、ジャガイモ掘りで別格の時間短縮となるコンベア式の掘取機をゲットしたいですが、いい中古品は希少で、新品で40万円ほど。現状の耕作面積ではまだどうかなと思うので、しばし今のものでガマンします。

現状は鍬で掘ってるけど、とりあえずこの手の掘取機を買いたいんだけどいろいろ教えてという方はご連絡ください。

aaIMG_20171115_112348.jpg

里芋にとってはよい畑を選び、よい天気にも恵まれたおかげで、11年目にして初とっていい位に豊作でした。8月の日照りの前にとにかく追肥と土寄せで葉っぱを茂らせたのが勝因だったと思います。追肥も、さっと効いてさっと終わるようなイメージで発酵鶏糞をあげました。ドンピシャのイメージ通り。最後には余計な窒素が土中に残らず、よっしゃ、という感じでした。

aaIMG_20171116_140337.jpg

ただ、予想を上回る豊作で、貯蔵穴が足りずに、掘り足すのが大変でした。ここ数年あまりに里芋の出来が悪かったので、必要な貯蔵穴の長さを完全に読み間違えて大慌て。機械でガンガン楽に掘れるものだから、運搬貯蔵作業にかかる時間とのバランスを無視して一気に掘りすぎました。

掘って畑に転がしたままで霜にあてたら傷んでしまうので、「とにかく明け方までに穴に入れるぞ」と夕方から明け方までほぼぶっ通しで夜じゅう動き続けました。いやー、星がきれいだったなあ。何やってんだか。情けない。ま、こんなこといつもやってたら飯は食っていけませんが(笑)、たまにやるのはアドレナリン出まくって楽しいものです。こういうのほんと久しぶり。就農当初のノリを思い出しました。アドレナリン出まくりでした。


訳あって、サツマイモの貯蔵穴も掘り直し。前回からの改善点としては、コンパネの外側に、防湿のためにハウスのビニールをかませたこと。これで、コンパネの腐りや、貯蔵中の加湿は抑えられるはず・・・。

aaIMG_20171114_164538.jpg


玉ねぎの植え付けも、あともう少し。

家はボロボロで隙間風もすごいし、車はボコボコだし、服も古着ばかりだし、秋の行楽シーズンにお金のかかるお出かけも何一つしていませんが、こういう時間を幸せと言わず、何を幸せと呼ぶのだろうか。なんて思うのであります。ま、作業ははかどりませんし、割とすぐに子供は飽きて引っ込みますけど(笑)

aaIMG_20171118_133529.jpg

aaIMG_20171118_133644.jpg



最後に。

3月からうちにstayしていたマサト君が旅立ちました。

aaIMG_20171110_172009.jpg

8か月ほどの間、農作業と、子守と、いろいろなことを体験してもらいました。子供たちも本当によく懐いて、年の離れたお兄ちゃんのような存在でした。もともと抱えていた体調不良をこじらせて、予定を変更しての早い旅立ちとなってしまったのはお互いに残念でした。思うように体を動かせず、いろいろな気持ちを抱えた時間も多かっただろうなあ。

マサト君にとってうちでの生活が達成感のあるものだったか、挫折感のあるものだったかは分かりませんが、まだ若い彼にとっては、振り返ってみればいい体験になるのでは、とは思います。それは、確信してます。若者にとって、無駄な経験などひとつも無いですもん。

ただ、ある程度年をとってくると、あんまりそういう悠長なこともばかり言ってられなくなるのが人生の現実というものですね。おー、怖い怖い。

マサト君、本当にお疲れ様でした。またいつでも遊びにおいでな~。

スポンサーサイト

2017年11月19日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< サーカス | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 鎮圧ローラー >>












管理者にだけ公開する