FC2ブログ

岸信子さん講演会

12月11日(月)

今週のセットの中身です。

(大体全員に入るもの)
卵、ジャガイモ、人参、九条長ネギ、キャベツ、カブ、大根、里芋、ゴボウ、水菜、小松菜、ほうれん草

(その他入る可能性のあるもの)
南瓜、春菊、ブロッコリ、カリフラワー、サニーレタス、ターツァイ、原木椎茸、ルッコラ、玉ねぎ、さつまいも、


「これははずして。これは沢山入れて。」などのリクエストがございましたら、お届け予定日の前々日のお昼頃までにご連絡を下さい。



なお現在、椛島農園では、

「無理をせずに、子供と過ごす時間を大事にする時期」
「とりあえず目の前の作業をこなすのではなく、将来のために農場環境を整える時期」
「新しく技術を学びなおす時期」

と位置づけ、作付け量を減らしています。新規の定期便のご注文は、しばらくの間は承ることができません。時期が来るまでお待ち頂ければ幸いに思います。

また、単発のご注文につきましては、お届けできる野菜にゆとりがある時期もありますので、お問い合わせください。お米や卵メインで、「野菜はあるぶんちょっとだけでも入れてください」というご注文は随時承りますね。

野菜と卵のセット、そしてお米のご注文はまずはこちらのご案内(クリック下さい)をご覧のうえ、ご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。


***************************************************

椛島農園
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽1369-2 
TEL/FAX 0967-67-0899 090-9973-0926
E-MAIL tkabashima@hotmail.com
椛島剛士・のりこ





農園紹介と家族のプロフィール
・ご注文はこちらから(かんたんな商品案内)
野菜とお米の育て方について
椛島農園ぷりぷり自然卵
商品のもっと詳しいご案内・Q&A
・阿蘇のはたけ豚プロジェクト(仮称)
・リンク

ホームページを作りたい作りたいと思いながらも、手が回らずにいます。そこで、とりあえずではありますが、ホームページ的な内容の記事を書いてアップして、リンクを並べてます。ご覧いただければ幸いであります~。

***************************************************
以下、ブログ本文となります。


今年は本当に冬の入りが早いですね。平年と比べても11月後半からの冷え込みの厳しさは一目瞭然で、本来ならばまだ収穫出来ているはずのレタスやセロリや春菊がひどい状態だし、ゆっくりと伸び続けているはずの小松菜などの成長もピタッと止まり、なかなかに厳しそうな冬となりそうです。まあ、どこも同じような状況だと思います。しょうがないですねえ・・・。

この1週間は、田んぼにトラクターをかけたり、ぼちぼち出荷仕事をしたり、保育園のお遊戯会があったりと、いろいろありました。日々ほどよい忙しさで、感謝感謝。万歳12月です。

10人の子供のお母さんとして有名な岸信子さんの講演会にも夫婦で行ってきました。

たまたまでしたが、その日は結婚6周年の記念日でした。いいお話を夫婦で聴けて、幸せでした。ちょっと長文ですが、いいレポートなので、妻のりこのFBからの文章を引っ張ってのっけてみます。たまには手抜きということで・・・。

************

月曜日は珍しく夫婦で熊本市内へ。
目的は講演会「7男3女の子育て日記」を聴くため。
宇土市にお住まいの岸信子さんのお話です。

そう、10人のお母さんでエッセイストでもある方で、テレビなんかでも取り上げられているのでご存知の方も多いと思います。今は長男さんも33歳、一番下のお子さんも高校生。お孫さんもおられます。

7年前にも一度お聞きして、すっかりファンになり、2度目の講演会参加。いや~お変わりなく、素敵な笑顔と、笑い有、涙有りのあっという間の2時間でした。

大家族の母というと、テレビで見ていると、どこのお宅も大体お母さんは忙しさのあまりイライラしてるシーンが多い中、この岸さんは、忙しいのは忙しいけど、おおらかで、あたたか、大きな愛で家族をくるんでいるご様子が印象的でした。
そして旦那さんとラブラブで、のろけまくり・笑

そんな岸さんも3人までは子育て、かなりつらかったそうです。そのエピソードが一番心に残ったので、備忘録として投稿します。興味ある方、よかったらご覧ください。(私の覚書なので、細かい部分がちょっと違うかもです~)

年子で三人授かり、アパートの5階に住んで、前後に子供抱いて、背負って、手を引いて、荷物持って階段上がる日々。洗濯もの干してると、3番目はスカートの中、2番目はビデオデッキにフォークつっこでる。1番目は牛乳ぶちまけてる・・みたいな日常。旦那さんは超忙しく、朝は子供が寝てるうちに家を出て子供が寝てから帰宅の日々。核家族。

聴いてるだけでめまいがします・・。

なのに周囲の人からは「今が一番いい時ね~♡」とほんと100人以上の人から言われたそうで、心の中で「じゃあ変わってよ!・怒」と悪態ついてたそうです。

元来向上心旺盛で、本も読みたいし勉強もしたいし、映画も見たい、したいことがいーっぱいの岸さん、子供がじゃまに感じて、イライラしてる自分が嫌で嫌で夜中に泣いていたそう。

ある晩、「みんなから今が一番よ、と言われてイラついていたけど、みんながみんな100人以上の人が同じこというならば、それは真実かも・・・。今一番楽しいはずなのに、私は苦しんでいて、20年経たないと、この素晴らしさが分からない・・そんなのは嫌だ!!私は今味わいたい!!」
と夜中にガツーンとひらめいたそうです。

そして冷静に自分を分析。どんな時にイライラするのか書き出してみた。そうすると、今の自分に届かないものばかり見ていて、この手の中にあるものを見ていなかったことに気づいたのだそう。

実は岸さん、子供時代から子供産むまで、いつもニコニコしていて、あまりにおめでたいというか、穏やかなので、高校時代のあだ名は「人間国宝」だったそうな。

それは小5の時に読んだ「少女パレアナ」に感動して、毎日「よかったさがし」をしていたから。
それを思い出して、「私もう一度パレアナになる!!」と決意して、よかった日記をつけだしたのだそう。
そこから、日々が好転。

日記をつけてみると、子供たちの成長は本当に一瞬一瞬であることに気づいたそう。
例えば昨日まで「おそくらまんち(?)」と言っていたのがひとたび「お子様ランチ」と言えるようになると、せがんでももう二度と言ってくれない、とか。

そうなると「見逃すのがもったいない」「聞き逃すのがもったいない!」と意識が変わり、
子供のイタズラも、今までは「もーなにするのよ!!」となっていたのが、「うーん。面白い発想」と感心したり。
そしてあれよあれよと、10人の母になったんだそうです・笑

他にも夢に向かって突き進むお話、そして夢をいったん手放したからこそ叶えた話。反抗期の対応(なんせ10人分経験)などなど盛りだくさん。

どれも細かなエピソードが面白くて、体験に裏打ちされたお話は説得力があって、根底に家族と、聴いている人への愛が満ちていて、夫婦そろって、一番前で目を赤くする羽目になりました。

実は7年前の講演会もかばさんと行ってます。交際前ですね。あの時、男性の参加者はかばさん一人。
そして、この日も70人くらいの参加者の中、男性はかばさん一人。

奇しくも6年目の結婚記念日でした。講演会一緒に来てくれてありがたやです。
いや~6年目にしてやっと記念日らしいことしたような気がします・笑 良い一日でした(^^)

皆様も機会がありましたらぜひ岸さんの講演会参加されてみてください。力を頂きますよ。
長文読んでくださった方、感謝です♡

岸さんのエッセイが載っている熊本県民テレビのHP
http://www.kkt.jp/column/diary/

aaaaaaIMG_20171204_120028.jpg


スポンサーサイト

2017年12月11日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< SHARE THE LOVE | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 霜景色とブランコ自作 >>












管理者にだけ公開する